結婚に大切な6つのことは?

「彼となら結婚してもいいかもって思ったけど、結婚に大切なことって、どんなことなんだろう?」

結婚を前に不安になっているあなたに、幸せな結婚生活のために大切な6つの覚悟について解説していきます。また、幸せな結婚生活を送るためのヒントもお伝えします。

結婚に臆病になりすぎずに、まずは彼と結婚することでどんな生活ができるのかイメージすることが大事です。彼との結婚をイメージしながら、読んでみてください。

結婚に大切な6つのことは?

愛を絶やさない努力をしたいと思えるか

愛を絶やさない努力

幸せな結婚生活を送るために大切なのは、愛を絶やさない努力をしたいと思えるかということです。そして、ずっと愛し続けられる相手を選ぶことも重要になります。

性格も育ってきた環境も違う2人なので、衝突は仕方ありませんし、喧嘩することもあるでしょう。衝突したときに、相手を思いやり解決しようという努力ができるかどうかが大事です。

無関心の関係になってしまうのも良くありません。常に相手を思いやり、愛を絶やさない努力を続けられる相手と結婚しましょう。

長く一緒にいると、隣にいるのが当たり前になり、関係がマンネリ化してしまうこともあると思います。マンネリになったとしても、変わらず好きでいられる関係を目指しましょう。

相手が病気になっても愛せるか

かかりつけの医師

結婚の誓いに「健やかなるときも病めるときも」とあるように、相手が病気になっても愛せるかどうかは重要なことです。

人間は必ず老いるものですし、必ず最期を迎えます。いつまでも元気でいるのが理想ですが、病気になってしまうこともあります。あなたが結婚したい相手は、病気になっても支えられる相手ですか?

打算的な考えで、相手の年収が良いとか顔がイケメンだとか、条件だけで愛のない結婚をするのはおすすめしません。愛がなければ、病気になったり老いたときに相手を愛せないからです。

たとえ相手が病気になっても、無職になっても、周りが敵だらけになったとしても愛せる相手と結婚するのが理想です。心から愛せる相手とならば、どんな状況でも幸せに暮らしていけます。

相手が病気になり自分が働かなければならなくなったとしても、相手のために頑張れる…。献身的に心から愛せる、そんな相手が見つかれば、2人で支えあえる幸せな生活が送れるでしょう。

添い遂げる覚悟があるか

生涯を共にする覚悟

結婚は死ぬまで一緒に添い遂げるという覚悟を決めた契約です。死の瞬間を見届ける覚悟があるか、という基準も重要なことです。

誰しもが未来永劫生きられることはなく、それぞれのタイミングで生涯に幕を閉じます。最期の瞬間に一緒にいたいのが結婚相手だと思える相手ならば、理想的な相手でしょう。

周りに既婚者が増えて適当な人と結婚してしまったら、後悔してしまうことにもなりかねません。あなたが死ぬ瞬間に一緒にいてほしい相手は誰だろう、と素直に自分に問いかけてみてください。

人生には終わりがありますから、振り返ってみて「良い夫と過ごせて幸せな良い人生だったなあ」と思える相手と結婚したいですね。

完璧じゃない相手を受け入れる度量があるか

完璧じゃない相手を受け入れる度量

人間誰しも完ぺきではありません。欠点の無い人もいません。欠点を受け入れられる相手かどうか、ということも需要です。

場合によっては、欠点をあなたが補ってあげたいと思える相手ならば、一緒に高めあっていける理想的な関係でしょう。

「すごく優しいけれど押しが弱く内向的」な夫なら、あなたが率先して近所付き合いや仲間との付き合いを進めましょう。家族ぐるみのつきあいなら、彼も緊張せず打ち解けられるはずです。

好きな相手なら、欠点も良い面だと受け止められるはずです。「自分の意見を言えない」ではなく「他人の意見を尊重できるひと」のように、好意的に理解しましょう。

あなたも欠点の一つや二つ、持っているはずです。長所も短所も補いあって、夫婦で仲良くバランスを取り合って楽しく生活していきましょう。

家庭を支えるために家事・仕事をする責任は負えるか

共働きに悩む女性

結婚生活には、家事・仕事を夫婦で分担して行っていく責任があります。結婚相手と協力して、分担しあっていけるかということも大切です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。