マタニティウェディングの開催時期はいつ頃?

赤ちゃんを授かったことをタイミングに、結婚を決めるカップルは多くいます。妊娠は嬉しいことですが、悩むのが結婚式をいつするかということです。

出産後は育児で忙しくなり、結婚式をすることが難しくなってしまいます。できればケジメという意味でも、入籍する時に結婚式もしたいですよね。

ではマタニティウェディングはいつ頃開催するのが良いのでしょうか。準備や体調のことも考慮すると、ベストな時期はいつになるのでしょうか。

今回はマタニティウェディングの開催時期について紹介していきます。マタニティウェディングを検討している方はぜひ参考にしてくださいね。

マタニティウェディングの開催時期はいつ頃?

赤ちゃんを授かっていることがわかる時期は?

赤ちゃんを授かった女性

まず妊娠発覚時期について簡単にお話しします。赤ちゃんは授かってから10ヶ月間ママのお腹の中にいます。でも0日目から赤ちゃんの存在に気付くことはできません。

妊娠が発覚してから出産まで10ヶ月の期間があるわけではないのです。赤ちゃんがお腹にいると気が付くのは早くても5週目前後でしょう。

自分の身体に変化を感じて産婦人科を受診します。妊娠が確定となるのは、心拍が確認できてからなので7~8週目となるでしょう。この時点で妊娠2ヶ月ということです。

つまり妊娠が確定してから出産までは、8ヶ月しかありません。結婚を決めて両親への挨拶などもするとなると、結婚式場探しができるのは妊娠3ヶ月頃となるでしょう。

妊娠中に体調が一番安定しているのはいつ?

妊娠中に体調が安定した女性

ここで一番重要になるのは、ママと赤ちゃんの体調を考慮することです。結婚式をしたくても、無理をして負担がかかってしまうのは避けるべきですね。

妊娠中の体調は人によって様々です。ただ一般的には妊娠中期が一番安定している時期といわれています。体調も精神的にも少し余裕が出てくる頃でしょう。

妊娠中期とは5~7ヶ月です。週数でいうと16~27週です。この妊娠中期が一番負担なく、準備や結婚式ができる目安だと思っておくと良いでしょう。

結婚式場を決めてから3ヶ月は準備が必要

結婚式場を決めてからの準備期間

ここで一度結婚式準備の話をします。結婚式はある程度の準備期間が必要になります。今体調が良いからといって来月結婚式ができるわけではありません。

では最短でどれくらいの準備期間が必要になるのでしょうか。結婚式当日から遡って結婚式準備に必須となる項目を見ていきましょう。

  • 結婚式当日
  • ~2週間前 最終決定・グッズ搬入
  • ~1ヶ月前 進行・アイテムの相談&決定

           返信はがき確認・席次表最終決定&作成

  • ~2か月前 進行・アイテムの相談&決定
           招待状発送
  • ~3ヶ月前 衣裳選び
           招待客リストアップ・招待状作成

最短で準備をする場合の大まかなスケジュールです。2ヶ月前の招待状発送は期限が決まっていることなので、遅くても3ヶ月前から準備をする必要があります。

体調が安定してきた妊娠6ヶ月に結婚式場選びや準備を始めると、結婚式が妊娠9ヶ月になってしまいます。これでは妊娠後期に入ってしまうので遅いということです。

一番多いのは7ヶ月前後

7ヶ月前後の赤ちゃんを身ごもる女性

マタニティウェディングの開催時期として、一番多く選ばれているのは妊娠7ヶ月前後です。結婚式当日や準備期間も含めて、安定した状態で進めていけるからです。

ただ7ヶ月になるとお腹の膨らみが気になり始める時期でもあります。多くの人は6ヶ月頃から、急にお腹が大きくなり始めるのです。

ドレスの着こなしが気になる人。また妊娠していることをまだ知られたくない人。このような人は妊娠6ヶ月の少しでも早い時期に結婚式をした方が良いでしょう。

ただ先ほど紹介したように、結婚式準備には3ヶ月は必要です。もし妊娠6ヶ月に結婚式をするのであれば、妊娠発覚後すぐに結婚式場選びを始める必要があります。

妊娠2~3ヶ月中に結婚式場選びをしながら、招待客のリストアップを始める。そして3ヶ月までには結婚式場を決定し、準備を開始。6ヶ月に結婚式を挙げる。

少し慌ただしくはなりますが、体調が安定している時に進めれば妊娠6ヶ月前にも間に合いますね。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。