マタニティウェディングの7つの注意点とは?

マタニティウェディングは、お腹の赤ちゃんも一緒に結婚式ができる幸せなことです。家族が増える喜びを感じながら、素敵な結婚式をおこなうことができるでしょう。

でも本当に赤ちゃんがお腹にいる状態で結婚式ができるのかと不安になりますよね。体調も安定しないですし、精神的な負担も大きいかもしれません。

マタニティウェディングは、通常の結婚式とは異なります。同じようにしようと思わずに、マタニティウェディングということを考慮してできることを検討しましょう。

今回は、マタニティウェディングだからこそ注意すべきことを7つ紹介していきます。

マタニティウェディングの7つの注意点とは?

「今」の体調を基準にしない

妊娠して体重の増えた女性

妊娠中は日々体調が変化します。とても体調が良いと思っていても、翌日には動けないくらい体調が悪くなることもあるのです。

安定期に入ってから、結婚式の準備を始めると体調の良い日も多いでしょう。なんでもできるような気がして、予定を詰め込んでしまったりするものです。

しかし「今」の自分の体調は、あくまで「今」だけのものです。明日や数ヶ月後の体調は、今とはまったく違うものだと考えましょう。

マタニティウェディングは、赤ちゃんをお腹に抱えての結婚式です。通常のウエディングとは別物と考えて予定を立てていくようにしてください。

別物といっても、諦めることが全てではありません。マタニティウェディングならではの良いところを取り入れれば良いのです。

マタニティウェディングには大変なことやできないこともあります。しかしマタニティウェディングのメリットだってあります。

どうしたら素敵なマタニティウェディングになるのかを一番に考えましょう。今が大丈夫だからと無理をするのは避けてください。

演出の内容をソフトにする

結婚式の演出

結婚式は挙式も含めて、3時間ほどです。でも大変なのは3時間のみだと思っていては間違えです。当日は1日中忙しいものです。

ここで簡単に一般的な新郎新婦のスケジュールを確認してみましょう。

6:00  起床
7:00  自宅出発
8:00  新婦お仕度スタート
10:00 写真撮影
10:30 親族紹介スタート
11:00 挙式スタート
11:30 控室でヘアチェンジ
12:00 披露宴スタート
14:30 お開き
15:00 お見送り
15:30 着替え・グッズ片付け・清算・親族お見送り
16:00 帰宅もしくは二次会出発

二次会をしないとしても、6時の起床から10時間もフル活動していることになります。これは妊娠中の女性にとって大きな負担となることです。

その上、披露宴の演出もハードにしてしまうと大変です。披露宴の内容は、できるだけ身体に負担の少ないソフトなものにしてください。

  • お色直しはせずに少し休憩を入れる
  • テーブルラウンドはせずメイン演出のみにする
  • ゲストがメインテーブルにくるような演出にする

このような内容をプランナーの人と検討してみましょう。アットホームな内容にすれば、温かい披露宴にもなるでしょう。

打ち合わせの回数を最小限にする

ウエディングプランナーとの打ち合わせ

結婚式が決定してから、結婚式の準備を進めていきます。ここで意外と大変なのが、結婚式場との打ち合わせです。

一般的には打ち合わせは4ヶ月前からスタートし、5~6回ほどおこないます。細かく打ち合わせを希望すると10回ほど打ち合わせをする人もいるでしょう。

また1回の打ち合わせも悩んでしまうと3時間以上かかってしまうこともあります。3時間の打ち合わせをするのも体力を奪うものです。

マタニティウェディングをする際には、できる限り打ち合わせの回数を減らしましょう。また短時間で効率よく打ち合わせを進めていく方が良いです。

ここでポイントとなるのは、プランナーさんに宿題を出してもらうことです。打ち合わせが長くかかるカップルは、悩むことに時間を取られているのです。

事前に次回決めることを教えてもらい、内容決定を自宅でできるように宿題をもらいましょう。そうすると打ち合わせの回数も時間もかなり短縮できます。

自宅であれば、自分たちのペースでゆっくり決めることができます。なるべく自分のペースで打ち合わせを進めていけるようにしてください。

あまりこだわって打ち合わせの回数や時間を増やさないように、注意してください。

マタニティであることで費用を上げない

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。