脈なしラインの特徴とは?

好意を寄せている相手とのライン(LINE)は、とても嬉しいですよね。他愛ない会話をしたり、遊びの約束をしたりと、ワクワクすることがたくさんあります。

でも実は、ラインで話せているからといって、好意を持たれていると判断してはいけません。相手はラインのやりとりの中で、脈なしの内容をあなたに送っているかも知れないからです。

「ラインしている=脈あり」とは限らないということです。この脈なしラインに気づかずにやりとりを続けていると、相手にもっと良くない印象を与えてしまうかも知れません。

いち早く「脈なしライン」に気づいて、相手とのこれからの関係についてしっかり対策を取りましょう。一体どんなラインが「脈なしライン」なのか、ご紹介します。

脈なしラインの特徴とは?

会話の流れにのらない

会話の流れにのらない男性

ラインでの話題で、流れに乗ってくれない時は、脈なしのサインです。こちらが送った内容に返事が来たからといって、単純には喜べません。

あなたが「最近美味しいカレー屋さん見つけたんだよね」と送ったとしましょう。これに「そうなんだ」とだけ返ってきた場合は、脈なしの可能性大です。

「どんなお店、なんてお店?」「インドカレー・欧風カレー?」といったふうに詳細を聞いてくる内容であれば、脈ありです。

あなたが相手にとって気になる相手ならば、出した話題についてのってくるはず。カレー屋さんの例えでいくと、あなたの好みを聞いたり、一緒にお店に行ったり出来る流れですね。

そこに乗ってこないということは、あなたに興味がないか、早く会話を終わらせたいのかも知れません。このままカレー屋さんの話を続けても、相手には全く楽しくないということになります。

既読がついているのに返信までの時間が遅い

返信をためらう女性

ラインの便利な機能である既読ですが、これがついているのに返信が遅い場合「脈なし」の可能性が高いです。もちろん生活しているわけですから、色々なことで返信が遅れることも考えられます。

ラインは読んだけど用事が入ったり、仕事で忙しかったりなど、すぐに返信出来なかったという時はあるでしょう。

一回や二回ではなくて何回も既読からの返信が遅いならば、脈なしと判断したほうが良いです。あなたに好意や良い印象がある場合には、そう何度も返信が遅れることはありません。

なかなか既読にならない

LINEを既読にしない女性

また、既読になかなかならない場合も、脈なしだと考えましょう。何度もやりとりをしているのに、未読の期間が一つの会話に必ず入るようであれば、あなたに好意があるとは言えません。

既読になかなかならず、やっと既読になっても返信が遅いなんて場合は、悲しいけれど脈なしです。

「うん」など返信が一言

「YES」の一言

ラインでの会話の返信が「うん」「そう」などの一言である場合、脈なしの可能性が高いです。会話に乗ってこない場合と同じく、あなたに興味があるとは言い難い状況だからです。

「男性の中には長い文が得意でない人もいる」と都合よく考えたくなるものです。「文字を打つのが面倒な人もいるから」ということも考えるかも知れません。

もちろん会話の中で「うん」で解決することもありますよね。一言の返信が会話中に何度も続く、話題を変えても同じ一言の返信である、という場合には要注意ということです。

一言の返信が目立つ時に、一言で答えにくい質問や会話をあえて送っても余計に逆効果です。あなたとの会話が面倒だとか、終わらせたいという意識があるから、一言になっているのです。

余計に印象が悪くなる前に、落ち着いて今後のやりとりについて考えたほうが良いでしょう。

質問がない

質素な文字のみ

好意があれば、相手からラインで会話を始めてくるし、質問から会話が始まる事も多いでしょう。あなたからの返信に答えるのみで、相手からの質問がない場合は脈なしだと考えて良いでしょう。

例えば、会話の中で「AとB、どっちがいい?」とこちらが質問して「Aかな」としか答えてくれなかった時。全く会話を広げようとしない姿勢が感じられます。

「Aってどんな感じなの?」といったように質問を返すこともなければ、さらに脈なしだと思ってください。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。