略奪愛の罪悪感を解消する7つの方法とは?

略奪愛というのは、さほど珍しい展開ではありません。しかし、やはり人のものを奪うというのは褒められることではなく、本人も罪の意識を抱かずにはいられないでしょう。

しかし、罪悪感を持ったままでは幸せになれないどころか、周りも不幸な空気で包み込んでしまいます。もちろん開き直るべきではありませんが、少しずつ解消していかなければなりません。

そこで今回は、略奪愛の罪悪感を解消する方法を7つ紹介します。できることから少しずつ始めてみましょう。

略奪愛の罪悪感を解消する7つの方法とは?

最終的にあなたを選んだのは彼氏

あなたを選んだ彼氏

恋愛は1人で成り立つものではありません。仮にあなたに略奪しようという意識があったとしても、彼が恋人を振るつもりがなければ、彼女にはなれないのです。

最終的に彼氏があなたを選んだから、略奪愛が成立したのです。彼女になれたのは、彼があなたの事の方が好きだっただけのことです。

彼が元カノのことを本当に好きなら、あなたを選ぶことはなかったはずです。相手に隙がなければ略奪愛は成功しないのです。

単純に彼が元カノをそんなに好きではなく、あなたの方が魅力的だったのでしょう。

ちゃんと関係を整理した上で交際に発展したなら、元カノに対して責任を感じる必要はないのです。略奪したのではなく、当初恋人はいたが、その後男性があなたを選んで始まったというだけなのです。

彼に罪悪感を相談する

彼に罪悪感を相談する女性

1人で悩んでいても罪悪感というのは薄れていきません。自分の考えや意見でしか物事を判断できないからです。解消したいなら思い切って彼に相談してみましょう。

おそらく彼も元カノに多少なりとも申し訳ないと思っているはずです。もしかしたらあなた以上に自分を責めてしまっているかもしれません。

罪悪感という負の感情を解消できずに、各々が胸の内に秘めている状態のままでは、2人で幸せを掴むことはできません。関係がぎくしゃくしてしまう可能性もあります。

お互いの思いや考えを素直に伝え合ってみましょう。

辛いことというのは、言葉にするだけでも心が軽くなります。誰かに聞いてもらえれば痛みが軽減していきます。お互いの気持ちを知ることで、解決策が見えてくるかもしれません。

元カノの存在を忘れる

二人基地の世界を楽しむカップル

略奪してしまったことに対して何も感じず、幸せに笑える人はそういないでしょう。しかし、もう過ぎたことを考えていても仕方がありません。罪悪感を抱いていても状況は変わらないのです。

あなたがいくら略奪愛に対して罪悪感にさいなまれていても、元カノは救われません。何にも得られることがないのに、ただ落ち込んでいても、良いことはないのです。

元カノに対して本当に申し訳ないと思っているなら、存在を忘れる努力をしましょう。思い出す機会を減らすために、話に出さないようにするのです。

彼にとっては、そもそも過去に付き合った女性の話題というのは、避けたいものです。自分が別の人と付き合いたいがために振ったのなら、多少なりとも精神的ダメージも受けているでしょう。

事あるごとに話題に出して不穏な空気にしてしまえば、喧嘩の原因になり、関係が悪化してしまうことにもなります。元カノの存在を忘れることは、2人のためなのです。

彼との将来を考える

最愛の彼との将来

過去を振り返ってばかりいては幸せを見逃してしまいます。元カノに申し訳なく思う気持ちも大切ですが、だからと言ってずっと囚われ続けていては、明るい未来は手に入りません。

罪悪感を解消するためにも、彼との将来を考えるようにしましょう。過去ではなく、2人の未来を想像するのです。

略奪をして彼と付き合うことになった今、過去を振り返っても得られることはありません。未来を想像して前に進まなければ、元カノは無駄に傷ついただけになってしまいます。

過去ばかりに囚われ立ち止まったままでいることは、傷ついた元カノに対しても失礼なことなのです。せっかく手に入れた幸せをないがしろにするべきではありません。

自分の幸せを考える

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。