略奪愛に惹かれる7つの心理とは?

恋愛には色んな形があり、悩みや不安を抱えている人も大勢います。その中には、略奪愛に悩まされている女性もたくさんいるでしょう。

彼氏が略奪されそうで不安を感じていたり、彼女がいる男性を好きになってしまったり、略奪愛1つとっても悩みは様々です。

たとえ今、悩んでいなくても、この先に遭遇する可能性は0ではありません。なぜなら私たちには、略奪愛に惹かれる心理が働くことがあるからです。

そこで今回は、略奪愛に惹かれる心理を7つ紹介していきます。

略奪愛に惹かれる7つの心理とは?

人の彼氏は良くみえる

他人の彼氏に惹かれる女性

隣の芝生は青く見えてしまうのは、恋愛でもよく起こることです。他人のもの、つまり人の彼氏である男性ほど、よく見えるものなのです。

たとえば、前から気になっていた男性に彼女ができることで、恋愛感情が顕在化し始めるというケースもよくあります。恋人がいることが付加価値となり、より魅力的に感じるようになるのです。

人の彼氏ということは、女性に好まれるような魅力を持っているということの証でもあります。きっと素敵な人なはずと、勝手にイメージを持ってしまいやすいのです。

また、誰だって他者がいるときは、悪い部分は隠そうとし、良い部分を全面に出そうとするものです。また、恋人の話をするにしても、自分の価値を上げるために良い話ばかりをするものです。

そのため、はたからは表面的な部分しか見えず、良い部分ばかりが誇張して見えてしまうものなのです。

良い部分しか見えなければ、当然素敵な男性だと感じることでしょう。人の彼氏というだけで、勝手に良いイメージを持ち、恋愛対象として意識しやすくなるのです。

人の彼氏というだけで良くみえて、恋愛感情が芽生えやすくなるのも、略奪愛に惹かれてしまう女性が後を絶たない要因なのです。

ライバル意識

恋敵の女性

女性というのは、実は男性に引けを取らないくらい対抗意識が強い生き物です。特に恋愛に関しては、他の人よりも充実していたいという気持ちを強く持っています。

そのため、常に周囲に対して、ライバル意識を持ち、自分が優位でいることを心の奥底で強く望んでいます。そして、恋愛の充実こそ、女性たちが自身の魅力を誇示する技なのです。

略奪愛に惹かれるのも、女性のライバル意識が大きく影響していることがよくあります。

対抗している女性から彼氏を奪うことで、自分の方が魅力的だと示したいという気持ちが働いているのです。

1人の男性にどちらかを選ばせることで、女性としての魅力の優劣がはっきりします。競い合い、彼女の座を手に入れることで、自分の方が良い女であることの証を手に入れることができるのです。

誰にでも他者より優れた人間でいたいという欲はあるものです。ライバルより、自分の方が魅力的だということを証明したい気持ちが、女性を略奪愛に燃えさせることもあるのです。

背徳感にスリルを抱く

略奪愛を楽しむ女性

あなたは、カリギュラ効果という言葉を聞いたことがありますか?

カリギュラ効果とは、禁止されていることほどやりたくなってしまうという人間の心理現象のことです。

人間というのは、抑えつけられると抵抗しようというエネルギーが沸いてくるようにできています。ダメだと言われると、反発しようとする気持ちが強くなるものなのです。

イケないことと分かっていると逆に気になってしまうのが人間です。人の彼氏だから好きになってはいけないという壁が、逆に燃える要因となり、略奪愛に惹かれてしまうのです。

とは言え、当然悪い気がしないわけではありません。誰だって彼女がいる男性にアプローチすることに背徳感を抱くことでしょう。

しかし、この背徳感というのも私たちにスリルを抱かせ、より略奪愛に火を付ける要因となるのです。悪いことをしているというドキドキ感が、愛情を強めるのです。

イケないことと分かっていることだからこそ、興味を引かれ、背徳感にスリルを抱き、略奪愛により夢中になってしまうのです。

ゲーム感覚

ゲーム感覚で略奪愛する女性

略奪愛に惹かれる人の中には、ゲーム感覚を味わいたいという気持ちが強く働いている人もいます。

難しいゲームほど夢中になり達成感を味わえるように、難関な恋愛ほど楽しいという心理が、略奪愛に燃えさせるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。