婚活で頑張るのをやめた方がいい7つの理由とは?

知っていますか?婚活は頑張らない女性のほうが成功するのです。

「婚活を始めて、何度くじけそうになったかわからない」「こんなに頑張っても、結婚できないなんて私は一生独身なのかも」。

このように思っているのであれば、今すぐ頑張るのをやめた方がいいのかもしれません。

婚活パーティーや合コンに勝負をかけ、精を出しても撃沈の日々が続くと、疲労感と虚しさばかりが募ってしまいますよね。

けれど、婚活に成功した多くの女性たちは頑張るのをやめたことでゴールインしているのです。今回は、「婚活で頑張るのをやめた方がいい7つの理由」を紹介します。

婚活で頑張るのをやめた方がいい7つの理由とは?

「頑張る」は「焦り」ではない

婚活を頑張る女性

そもそも婚活で頑張るということは、必死になることではありません。婚活で頑張るということは、「楽しむ」ことです。

じつは、頑張り方を間違えてしまっている女性が非常に多いのです。SNSで同級生が結婚を知ったり、友達がプロポーズされた話をきいて「私も婚活しなきゃ」と思ったことはありませんか。

このような出来事は婚活女性なら誰もが、思い当たる節があるのではないでしょうか。婚活を頑張るの裏側には、確実に結婚への焦りがあります。

焦りは、判断力を鈍らせてしまいます。結果、決断のタイミングを逃したり、あとあとに「こんなはずではなかった」と後悔してしまうことにもなりかねません。

他人のための婚活は失敗の元

周りを気にして婚活を頑張る女性

実家に久しぶりに帰ると、両親に「まだ結婚しないのか?」「お隣さん家は孫が産まれたらしい」と結婚をせかされた。こんな経験は、結婚適齢期の女性なら一度はあるのではないでしょうか。

結婚できないと嘆いている女性には、本心から結婚を望んでいない場合もあります。多くが両親から結婚をするように急かされているパターンです。

周囲に結婚を急かされた女性の婚活は表面上は、積極的に結婚相手を探しているように見えます。本人も、本気で結婚相手を探しているような気になっています。

しかし、男性との会話で少しずつ本心が出てきてしまいます。例えば、結婚の話に積極的になれなかったり、いざ結婚に向けて話が進みだすと「やっぱり辞めたい」と思ってしまうことも。

本心から結婚を望んでいないと、婚活でカップリングしても結婚までたどり着くことは難しいでしょう。確かに、早く結婚して両親を安心させたいという思いは誰しもありますよね。

結婚はあなた自身の幸せのための選択肢です。あなたの気持ちが結婚にむいていないと、なかなか結婚できなかったり、結婚した後に後悔したり・・なんてこともあります。

あなたの周りの人を喜ばせたいがために行う、不本意な婚活は避けたほうが良いでしょう。

気合は気迫にかわってしまう

気合を入れる女性

婚活パーティーで頑張る女性は自分から積極的に男性の情報を聞き出そうとしてしまいます。会話がどうにか盛り上がるように、隙のない会話を展開しがちです。

必死になりすぎて空気を楽しむ余裕がないままフリータイムは終了。質問攻めにあった男性からは当然、好印象はもたれません。

じつは会話の中で起きる沈黙は、気まずい空気と言うわけではありません。沈黙を挟むことで、落ち着いた居心地の良い雰囲気を出すことができるのです。

お互いに長くお付き合いしていくのであれば、沈黙や会話の間を楽しむくらいの余裕がないと、窮屈に感じてしまうでしょう。ただやみくもに、婚活を頑張るのは男性たちを遠ざけてしまいます。

完ぺきな会話を求めるよりも、雰囲気や仕草を交えて楽しむ余裕を持つと良いでしょう。

婚活を頑張りすぎると、単刀直入な質問になりがちです。リラックスしていれば、聞きにくい質問もクッション言葉を使ってさりげなく相手を知ることもできます。

お金がかかる

婚活にかかる費用

婚活パーティーなどで、「素敵だな」と思う男性に出会えたとしても、カップリング出来ないと落ち込みますよね。

それどころか、もっと自分を磨こうとエステやネイル、ファッションをアップデートしていく日々。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。