婚活アプリで出会った男性と結婚に至るまで

婚活という言葉が世間に広く浸透し、婚活サービスも充実している昨今。婚活パーティー、結婚相談所、ネット婚活など、自分の希望に沿ったものを選ぶこともできます。

同じ婚活でも、ネットを通じた出会いにはネガティブな印象を抱いている人も多いことでしょう。特に女性だと身構えたくなる気持ちはとても理解できます。

しかし大人数だと緊張して自分が出せない恥ずかしがり屋さんには、ネット婚活がおすすめです。二人だけのペースでじっくり縁をつなぐことができます。

何を隠そう、私は婚活アプリを利用して先日結婚し、幸せな毎日を過ごしています。夫婦ともに、世間では結婚が難しいと言われるアラフォー世代ですよ。

私自身の経験を通して感じた、婚活アプリの活用法や注意点などについてご紹介します。

\女性なら無料!婚活アプリはこちら/
恋愛・婚活マッチングサービスwith(ウィズ)

婚活アプリで出会った男性と結婚に至るまで

なぜネット婚活だったのか

マッチングアプリをいじる女性

私が婚活を始めたのは、30代後半になってからでした。それまでも結婚を意識したお付き合いはしていましたが縁がなく、ずっと独身でバリバリ仕事をしてきました。

私には健康上の問題があり、ある日を境に仕事や恋愛から遠く離れた状態になってしまいました。運よく山場を越え身体が回復してきたときにふと「パートナーが欲しい」と感じたのです。

しかし仕事は辞めていましたし、まだ回復途中で気軽に出歩くこともできない状態でした。さらにもともと人見知りな性格もあり、パーティーなどに参加するのは難しいと判断したのです。

そこでSNSでよく広告を見ていた婚活アプリに登録してみることに決めました。もちろんダメもとです。その時は半信半疑で、これがきっかけで結婚に至るなんて思いもしませんでした。

マッチングアプリに登録してから

マッチングアプリ

はじめは別のアプリに登録をしており、それ一本で活動をしていました。活動といっても時々サイトをのぞいてお申し込みのチェックをしたり、相手とやり取りしたりする程度。

私自身もけっして気持ちが100%婚活に向いていたとはいえませんし、ほんの片手間程度の気軽な気持ちでいました。今思えば、相手側もそう思っていた人もいたのでしょうね。

登録当時すでに30代後半のアラフォーでしたから、そこで初めて世にいう「35歳の壁」を痛烈に感じることになりました。アラフォーの婚活事情は想像以上に厳しいかもと肌で感じました。

まずお申し込みをしてくれる男性は、ほとんどが年上でした。40代ならいいほうで、中には50代、60代の方まで。男性はいつまでも年下好きというのは、どうやら間違いではなさそうです。

自分がよほどの年上好きでない限り、選択肢はかなり狭まります。そもそも同年代のお申し込みが少ないのです。

個人的な体験なので一概には言えませんが、週に3人のお申し込みがいいところで、その中で同年代は1人いるかどうか。30代前半までの女性とは比べものにならないほどでしょう。

こだわりが強ければ当然選択肢がより少なくなり、婚活が長引く可能性があります。アラフォー婚活は、これだと思う必須事項以外はこだわりを捨てることをおすすめします。

もちろん女性から申し込むこともできます。私の経験では女性から申し込んでもあまり進展しませんでした。やはりこういう場面でも男性がリードしたいのでしょう。

また婚活アプリも選択肢が増えていますので、複数のサイトに登録しておくといいですね。別サイトで見た顔がちらほらと見つかることも多いですが。

マッチングして実際に会う

カフェデート

お互いに好印象ならマッチングが成立し、メールのやり取りがスタートします。趣味や仕事など一般的なことから話すのがほとんどですが、中にはすぐに会おうという男性もいます。

婚活アプリでは本人確認書類を提出する必要があるためひどく怖がることもありません。しかし見ず知らずの男性ですので、いくつか注意点があります。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。