婚活パーティーのファッションのポイントは?

婚活パーティーに参加するにあたり、女性が一番気にするポイントは当日の自分のファッションではないでしょうか

私は30歳になってから婚活パーティーについて調べはじめ、3回参加してみました。

ファッションについては、ブログや情報サイトを参考にしながら、実際に参加した際の感覚により調整を行っていきました。そうした経験について書いていきます!

婚活パーティーのファッションのポイントは?

立食パーティーでのファッション

夜に行われた立食形式のパーティー

初回の婚活パーティーは、夜に行われる立食形式のパーティーでした。規模は100名程度のものです。

ファッションについては、初回なので勝手がわからず、相当悩みました。

散々ネットで調べた結果、情報サイトで王道としてよく書いてある「パステル系のワンピース(ひざ丈)」を着ていきました。

ヒールはあまり高くないほうが良い(5cm程度)と言われることが多いようなので、5㎝のヒールにすることにしました。

今回のファッションでパーティーに参加した感想は・・・
パステルカラーのふんわりワンピースは立食パーティーでは埋もれてしまう!
というものでした。

パステルカラーの膝丈ワンピースはたしかに外しがないですが、多くの女性参加者が着てくるため、量産型となってしまいます。

立食形式のパーティーは参加人数が多いものが多いです。その中で男性に興味を持ってもらうには、ある程度男性の目を引くようなファッションをする必要があります。

量産型ファッションでは、男性の目を引くことが難しいです。他の女性参加者より一歩リードするためにはプラスアルファの工夫が必要です。

例えば、ただサラサラストレートやゆるふわ巻きにするというだけではなく、アップなどのヘアアレンジをするのも良いです。

また、ただワンピースといっても自分の自信のあるパーツが強調されるデザインのものを選ぶようにしましょう。

脚がきれいならひざ上丈のものを選んだり、ウエストが細身ならウエストがしまったデザインを選んだりです。

立食形式のパーティーでは、パーティーを通じてほとんどの時間において立ち姿を見られます。

そのように全身を見られる立食パーティーでは、着席の場合よりもより一層スタイルに関する長所を際立たせられます。

スタイルに関して自信のあるポイントがあれば、そこを強調できるファッションをおすすめします。

私はオーソドックスなかたちのパステルカラーの膝丈ワンピースで挑みました。

しかし、もう少し体のラインが出るデザインで、かつ、ヒールも普段通りの9cmの高いものを履いていけば良かったと反省しました。

少し離れた距離から見たときの印象が立食パーティーでは重要になってきます!

着席パーティーでのファッション①

昼間の着席パーティー

次は着席パーティーに参加する際のファッションについてです

着席形式の場合は、時間の大半は座ったままであり、また、男性とそこそこ近い距離で対面します。

対面して会話をしている間はお互いの顔を見るよりほかはありませんので、顔をしっかり見られてしまいます。

これらのことから、私は髪の毛はさらさらストレートにし、お化粧はナチュラルメイク(しかし、しっかり粗はカバー)としました。

特に髪の毛についてはしっかりトリートメントをして、近くで見てもサラサラつやつやにして挑みました!

ファッションは、今回は昼のパーティーであったこともあり、前回の立食形式のパーティーよりはカジュアルにすることにしました。

今回は立ち姿をあまり見られることもないし、大勢の中で目立つ必要もないので、モテの定番「癒し系スタイル」を目指しました。

結果として、ゆったりと隙のあるトップスにふんわりとしたスカートを選びました!

ほかの女性客のファッションもチェックしてきましたが、キレイ目が多い印象です。今回の着席形式のパーティーではワンピースの率はそこまで多くありませんでした。

今回のファッションでパーティーに参加した感想は・・・
それなりに好感触だったものの、普段着慣れていない系統のものはやめておけばよかった!
というものでした。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。