婚活相手とのライン頻度と内容とは?

婚活の場で晴れてカップリングが成功となると、食事へ行ったり連絡先を交換したりすることがありますよね。

個人的な連絡先の交換が自由の場合は気に入った人とすぐに交換することもあるかと思います。そんな婚活の場において、連絡先交換の手段として有効なのがLINEではないでしょうか。

電話番号ではないので距離も保て、万が一嫌ならブロック拒否もできますよね。スタンプなんか送ってもその時の気分が伝わります。

リアルタイムで相手と意思疎通がとれるので、LINEは手軽に便利に利用できます。しかしここで気になるのがメッセージを送る頻度や内容ではないでしょうか。

婚活相手とのLINE頻度の理想と内容について考えていきましょう。

婚活相手とのライン頻度と内容とは?

LINEの頻度はどうしよう?

LINEの連絡頻度

カップリング成功したとき、さも恋人同士になったかのような錯覚に陥ること、あるかと思います。

ついつい気分が盛り上がってしまい、その日のうちに何通もやり取りしていませんか?また平日・休日・朝昼晩、お構いなしにメッセージやスタンプを送っていませんか?

もしくは相手の男性から間髪入れずにLINEが送られてくることはありませんか?

ほんの数時間しか話したことのない、いわば見ず知らずの相手です。どんな性格でどんなライフスタイルなのかはわかりません。

ここで4つのパターンについて考えていきたいと思います。

自分も相手も頻繁にやり取りしたい

LINEのやり取り

まず、お互いに頻繁にメッセージを交換し合いたい場合です。自分も相手もとても気持ちが盛り上がっているか、誰かと常につながっていたいと思っているかです。

会話をしているかのように、既読・即レスを繰り返していると確かに楽しいですよね。なんだか知り合ってからとても長い時間一緒にいるかのように思えます。

気が合うねと思いながら、相手との絆も生まれてくるでしょう。しかし注意しておかなければならないポイントがあります。

それは、熱しやすい分冷めやすいことです。

しょせんは一時的に惹かれあった者同士です。すぐに飽きてしまいマンネリしやすく、進展は望めないでしょう。ずるずるとLINEをしているとそれだけで満足してしまうのです。

会ってもあまり新鮮さを感じないどころか、嫌な面が目立ってしまい、気持ちが冷めてしまうことも多々あることでしょう。

控えめにしたいけれど、男性側は頻繁にやり取りしたい

男性からのLINEの連絡

自分はあまり頻繁にやり取りしたくないけれど、相手から頻繁にメッセージがくる場合です。

夜はゆっくりしたいのに、「男性からLINEがきてる…」「内容は気になるけれど読んだらすぐに返さないといけないのかな…」。

などという思いが続いてしまうと、LINEに追われて気持ちがマイナスになってしまいますよね。折角いいなと思えて惹かれた男性なのに、何だか鬱陶しくなってしまいます。

特に男性の場合は空気を読むことに長けている人は少ないです。女性経験の少ない男性はなおさらではないでしょうか。

こまめに連絡を貰えたら、興味を持ってくれていることは伝わりますよね。しかし、嬉しい気持ちとは裏腹に義務に追われ疲れてしまいます。

気持ちのバランスを保てなければ意味がありません。そんな時は、ゆっくり連絡を取りたいから返信が遅くなってしまうことを伝えてもいいでしょう。

ほどよい距離を保てるよう、自分から意思を示せたら良いですね。

頻繁にやり取りしたいけれど、男性側は控えめにしたい

LINEを送る女性

自分はたくさんメッセージを送りあいたいと思っているけれど、男性は控えたいと思っている場合です。

話が盛り上がったまま、その時のトキメキが忘れられずLINEをすることがあるかと思います。

「今何をしているのかな…」「今日こんなことがあったのを言いたいな…」。「繋がっていたいからスタンプ送ってみようかな…」などと時間を束縛してしまうと危険です。

あまり頻繁に連絡を取りたくない男性は、他人に自分の時間を縛られることをとても苦痛に感じます。たとえ、大切な彼女であってもです。

気になる男性と「早く親密になりたい、進展させたい」と思うがあまりLINEを押し付けるのは避けたいところです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。