30代婚活女性の7つの現実とは?

30代女性の婚活が難しさを知っていますか。最近は、晩婚化もあり20代はバリバリ働いて30歳を超えてから婚活をする女性は沢山います。

「女友達もまだ独身ばかりだし、私は婚活スタートするには早い方」こんな風に思っている女性は大きな勘違いです。

婚活に参加すると、30代の婚活女性がいかに苦労して婚活をしているか知ることになります。今回は、「30代婚活女性の7つの現実とは?」を紹介します。

30代婚活女性の7つの現実とは?

婚活女性の年齢の幅が広がっている

婚活する女性

婚活パーティーなど参加する女性は20代後半、30代の方が多いです。晩婚化が進み、どうしても年齢が高めの人の婚活がメディアには取り上げられがちです。

実は婚活女性の年齢層は若い方にも広がっているのです。実際に、婚活パーティーのパーティー名を見れば一目瞭然です。

20代限定の恋活、婚活パーティーや参加年齢も20歳からのパーティーもあります。20代前半の女性も婚活を始めています。

婚活パーティーでは、30代女性は20代前半の女性と同じ会場で勝負しなくてはならないのです。

同じ条件を持った女性がいたら男性は若い方をとる

若い婚活女性を選ぶ男性

最近の30代は、一昔前に比べて若く見えます。アンチエイジングや自分の美容にかけるお金を捻出できる収入がある女性は増えてきたことにより、若々しい30代女性が増えてきました。

しかし、婚活では見た目のキャッチ力も大切ですが実年齢も重要なポイントです。男性が女性に出産を望んでいる場合、やはり若い女性を選びます。

このことから、20代と30代の女性が同じような外見であっても、男性は20代を選ぶ人が多いのです。

残念ながら、婚活の世界では若い女性のほうが圧倒的に有利なのです。「実年齢より若く見えること」をチャームポイントにするのは避けたほうが良いでしょう。

20代の女性と若さで張り合うよりも、外見だけではない30代ならではのチャームポイントを見つけたほうが婚活はスムーズになります。

お金さえあれば幸せになれると思い込んでいる

お金第一の婚活女性

30代にもなれば、仕事も軌道に乗り生活や人生観においても目が肥えてきます。

「毎週ジムに通うにはこれくらいの収入がないといけない」。「ネイルサロンに定期的に行くなら、毎月2万円はストックしておかなければいけない」。

このように、生活を維持にするにはどれくらいの経費が掛かるかを無意識に計算できるようになります。

婚活になると「今の生活を維持するにはパートナーは年収600万円以上の人が必要」となってくるのです。これは現実的であるけれど、夢のような数字なのです。

実際に、年収600万円以上の婚活適齢期の男性はほとんどいません。30代女性は、お金さえあれば幸せな生活が送れると思い込んでいる方がとても多いのです。

結婚相手の条件の時点でマッチングは不可能です。このような現状が続いていても、今まで女磨きを頑張ってきただけ妥協できずにいる30代女性は多いのです。

結果的に、理想だけはどんどん高くなっていき、婚活難民になってしまうのです。

自然な出会いなど存在しないことに気づいていない

素敵な男性との自然な出会い

図書館や通勤途中で手が触れ合う・・このような少女漫画に出てくる運命の出会いはまず存在しません。残念なことですが、30代の女性は自分から結婚を望まない限り結婚は出来ません。

自然な出会いをのぞむのであれば、結婚相談所やお見合いパーティーなどで運命的に出会うようにしましょう。

まず自分が、結婚に前向きであることを示さない限り、いつまでたっても男性から声がかかることはありません。

日常生活で運命の相手が現れるのを待っているよりも、婚活で素敵な運命の出会いがある確率の方がグッと高くなるのです。

男性からみた理想の女性像に当てはまる人が少ない

男性からの積極的なアプローチ

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。