婚活アプリでメッセージのやり取りが盛り上がる7つの方法とは?

会社と家の往復でずっと彼氏ができなかった私に友人が紹介してくれたのは、「タップル誕生」というマッチングアプリでした。

女性のプロフィールを見て、「いいかも」を押してくれた男性とマッチングをすると、メッセージ交換ができる仕組みです。

プロフィールを見て、仲良くなれそうな男性に「ありがとう」を押しました。

登録したての2日間で100を超える男性から「いいかも」が来ました。マッチングにOKした男性とメッセージやり取りの開始です。

慣れてくると「タップル誕生」で楽しくやり取りができるようになりました。それでは、「タップル誕生」の仕組みにのっとった、男性の心をつかむ、メッセージのコツを紹介します。

婚活アプリでメッセージのやり取りが盛り上がる7つの方法とは?

最初のメッセージが大切

婚活アプリでの初メッセージ

経験上、みなさんまったく同じメッセージを送っています。それでは他の女性との差別化ができません。

プロフィールを見て、「いいかも」と思った男性です。「ほかの子とは違う」いい印象をもたれるように、最初が肝心です。

  • テンプレートは使わない
  • どうしたらいいか分からなくて、アプリのテンプレートを使う女性は多いです。私も最初は経験しました。

    アプリに慣れていないうぶな印象は与えられますが、いつまでも頼るわけにはいきません。

  • 敬語を使う
  • たとえ年下の男性であってもタメ口はやめましょう。相手の男性が「タメ口にしましょう」と提案しない限りは敬語です。

    初めて会った男性にタメ口で話しません。アプリ内の世界もリアルと同じです。いつかリアルで会って交際をするようになるのです。

    だからといって、固すぎてもダメです。文章は会話をしている時のように、表情や口調から表わすことのできないものです。「敬語+顔文字」で可愛い女性の出来上がりです。

  • 「よろしく」への返信のしかた
  • 男女ともに最初のメッセージを「よろしく」の四文字で終わらせてしまうケースが多いです。これではやり取りが進みません。

    特に男性は文章になると特に淡泊になりがちです。普段は話せるのに文章にまとめるのが苦手でついつい女性に主導権を任せてしまうのです。

    あだ名を考える

    親しくなるためにあだ名をつける女性

    ぐっと距離を近づけるために、お互いの呼び名を特別なものにしましょう。「○○」と呼んでください、と自分のあだ名を呼ばせることで、相手にとって気軽に話せる女性になります。

    よく呼び名で使われるのは、「みんなには○○とよばれています」と言われてそのまま呼ぶケースです。それでは他の女性との差別化が取れません。

    相手の男性をドキドキさせて、特別な女性だと思われることが大切です。だから、普段は呼ばれないようなあだ名を勝手に決めちゃいましょう。

    例えば「ハシモト」と名乗る男性だとします。

    「よく呼ばれるあだ名は、ハッシー」と言われても違うあだ名にします。「はっちゃん!って呼びますね」と返すと男性は恥ずかしさとともに親近感を持ちます。

    人間が相手との会話で一番呼ばれるのは名前です。その呼ばれた名前が特徴的だったら、呼んでくれた相手も印象的な相手になります。

    それに、アプリでは、複数の男性とやり取りをしているのです。どの男性とメッセージ交換をしているか、忘れないようにするための対策になります。

    相手のプロフィールをきちんと見て返信をしましょう

    気になる彼のプロフィール

    タップル誕生は趣味から繋がるアプリです。そのため趣味についてプロフィールに明記してあります。これを利用しないのはもったいないです。

    相手が自分のプロフィールを見ていてのメッセージが来たら嬉しいですよね。心を開かせるためには、趣味の話をした方が良いです。年齢や仕事はどうしても「婚活感丸出し!」になってしまいます。

    相手の趣味の欄を見て、自分と少しでもリンクするものがあれば、会話は盛り上がります。まったく知らない趣味でも、どんなものなのか聞いてみるだけで会話は続きます。

    自分も興味のあることを尋ねられたら嬉しいですよね?

    寡黙なメッセージばかりだった男性もここで急にメッセージが濃厚になります。「相手に興味がある、相手にアピールする場を提供できる」女性を目指しましょう。

    恋話を振ってみる

    恋バナを振る女性

    彼女がいるかの確認は必須です。彼女がいないのは当たり前でしょうが尋ねましょう。

    いつからいないかくらいは聞いてもいいですが、言ってこない限りは、過去の彼女との思い出などは聞かないようにしましょう。

    過去を聞かれるのが苦手な男性が多いです。別れた女性との思い出なんて悪い意味でしか盛り上がりません。

    「どんな女性が好みですか?」
    「もし彼女ができたらどこへデートをしたいですか?」

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。