婚活で『専業主婦希望』はダメなの?

働いている女性なら一度は専業主婦になりたいと思いますよね。「どうせ結婚するなら専業主婦希望」と願っている女性は多いでしょう。

しかし、ネットで「婚活 専業主婦希望」を検索すれば「専業主婦希望は結婚できない」というフレーズが軒並みヒットします。

本当に専業主婦希望は結婚できないのでしょうか。今回は、婚活の『専業主婦希望』について紹介します。

婚活で『専業主婦希望』はダメなの?

専業主婦は時代遅れ!?

料理をする専業主婦

専業主婦希望の女性は、婚活パーティーではなかなかカップリングしません。男性側としては、専業主婦を希望している女性をなぜ選ばないのでしょうか。

男性側の意見として主に以下の意見がみられました。

  • ただ楽をしたいだけなのではないかと勘繰ってしまう
  • 専業主婦でも家事を完璧にこなせるとは思えない
  • 今の経済環境では子供と奥さんを養うだけの力はないので事実上不可能

厚生労働省の調査によると、2016年の時点で専業主婦世帯が、664万世帯に対して共働き世帯は、1129万世帯という結果でています。現在は、ほとんどの主婦が働いていることがわかります。

実際に雑誌不況と呼ばれる中、月に35万部を売り上げる主婦向けの雑誌「very」は専業主婦から働く主婦をメインターゲットにシフトしています。

「家事育児をこなす素敵な主婦」から「仕事、家事、育児をこなす素敵な主婦」をプッシュする時代へと変化しているようです。

実際に専業主婦になってみたらどうだった??

しんどい専業主婦

では、実際に専業主婦を希望して結婚できた場合、本当に満足できるのでしょうか。某サイトの「夫に知って欲しい専業主婦の結構しんどい事ランキング」結果によると、

1位は「どんなに家事を頑張ってもやって当たり前だと思われること」でした。

2位は「毎日何かしらやることがあるので丸一日何もしないでいられる休日がない」でした。

3位には「自由に使えるお金が少なく、欲しいものを気軽に買えない」、4位は「社会と隔絶された気がする」というものです。

働いている日は、オンオフがありますが専業主婦になると、毎日欠かさず家事をしなくてはならないのです。子どもが生まれるとさらに「育児」が加わってきます。

特に、長期休暇となる夏休みや冬休みは日中も忙しくなるのです。結婚前の婚活女性にとって、専業主婦が優雅な生活の象徴として思い描きがちです。

しかし実際はゆったりと過ごす休日は専業主婦にはないのです。

専業主婦であることに価値がある!と思ってもらうには?

専業主婦の価値

ご紹介してきた通り、専業主婦を希望していると婚活は難航してしまうケースが多いのです。

それでも、専業主婦を目指すのであれば「専業主婦でもOK」のパートナーを探している男性をゲットしなくてはなりませんよね。

専業主婦OKの男性と出会うのであれば、結婚相談所か婚活パーティーがおすすめです。結婚相談所の場合、登録者は40代男性も多いため収入が20代、30代男性より高めの方が多いからです。

収入が比較的高めの40代男性の場合であれば需要もあるのです。婚活パーティーなら専業主婦希望を条件にする男女のパーティーがあります。

そこに行けば、専業主婦を歓迎する男性に出会えることができます。専業主婦の需要は限られているので、街コンなどランダムな結婚観の男性が集まる婚活は出会いの効率が悪くなってしまいます。

「楽がしたい」ならもっと具体的な抜け道を探そう

皿を洗う専業主婦

専業主婦願望をもう少し掘り下げていくと、温かい家庭で旦那様をお迎えしたいという方もいますが、結婚をして楽をしたいという意見も沢山あります。

じつは、専業主婦希望の女性に専業主婦のイメージを聞くと、なぜ専業主婦になりたいかがわかってきます。

専業主婦のイメージはこのような意見がでてきます。

  • 子供をお稽古に専業主婦に専業主婦に対して優雅な家庭的なイメージを持っている
  • 平日の昼間にお友達と家でお茶したり、コストコやイケアでショッピングしている

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。