婚活パーティーでピンとこない男性とも次につなげるべき?

運命の相手ならビビッとくる出会いがしたいですよね。けれど、なかなか「この人だ!」という直感を感じないものです。

婚活中に、ぴんと来ない男性からアプローチされたら進むべきか断るべきか迷ってしまいます。「条件は良いんだけど……」

じつは、「ピンとこない」の正体を知っておかないと、婚活疲れやいつまでたってもゴールできない婚活難民になってしまうことも。知っているのと知らないのでは大違い。

今回は、婚活パーティーでピンとこない男性でも次につなげるべきかをお伝えします。

婚活パーティーでピンとこない男性とも次につなげるべき?

出会って運命を感じる女性は17%以下

運命の赤い糸

漫画やドラマのような運命的な出会いは憧れますよね。出会った瞬間に「ビビっときた」「私この人と結婚する」こんな分かりやすい出会いがあれば結婚相手選びも苦労しません。

では、本当に出会った瞬間に運命を感じることはあるのでしょうか。ここに、パートナーをもつ女性のアンケート結果があります

アンケート結果の一部をご紹介します。某サイトで、「今のパートナーに運命を感じた瞬間」についてアンケートをとりました。

一番多かった回答は、「付き合ってからプロポーズ前」の37%でした。続いて、「出会ってから付き合う前まで」が19%。

「出会った瞬間」と答えたのは16.1%でした。なんと出会った瞬間に、運命を感じることができたのは17%以下。

多くの女性が、出会ってからプロポーズ前までの時間の中で運命を感じたことが分かります。プロポーズまでの時間の中には、デートや連絡、時には衝突も含まれています。

運命は、積み重ねた時間の中で彼の新たな魅力を知って実感できるようです。出会った瞬間に運命を感じることは難しいようですね。

このように、人柄を知って徐々に運命の相手だと実感するパターンが多いようです。

「誰に会ってもピンとこない」の原因とは?

ピンときてない女性

「婚活しているけど、そもそもピンとくる相手に出会えない」このような声は、婚活をしていれば誰もが一度は聞いたことがあるはず。

そもそも、婚活で直感を働かせることは非常に困難なのです。これは、特別なことではありません。

婚活パーティーでも結婚相談所も同様です。婚活パーティーや結婚相談所では相手の第一印象と同時に、または会う前に相手の条件を見てしまうことが原因です。

職業・年齢・出身地・年収などの書いてある情報を知ってしまうと現実とすり合わせてしまいます。このすり合わせ方が、問題なのです。

「この人、身長170センチって書いてあるけど、実際はもっと低いんじゃない?」「営業マンのはずなのに、会話が下手だな」。

情報が先に知らされているために、相手を減点方式でチェックしてしまうのです。

結局、「やっぱりこの人じゃない気がする」、「イイ人だけど情報と全然違うじゃない」とマイナスの印象になってしまいます。

これでは、ピンとくるはずがありませんよね。婚活でピンとこなかったとしても、あまり気にしてしまうと出会いと時間の無駄遣いになってしまいます。

目の前にいる彼と情報の答え合わせをしてしまうとゴールがますます遠のいてしまいます。

ピンと来なくても好感がもてれば次に進んでみよう

好感を持つ女性

ピンとこない原因は、一つだけではありません。次に進みたくても本当にこれでよいか悩んでしまう。

意外と決定打がだせないのは、相手の問題ではなく自分自身にある場合もあります。結婚を焦ってしまうと、何を基準で相手を選んでいいかわからなくなってしまいます。

実際に、「私は、年収600万以上の男性と決めている」というアラサー婚活女性。週に3~4回婚活パーティーに参加していました。

結果的に、年収800万の男性が現れたのですが彼女は結婚につなげることができませんでした。彼女は、「彼は良い人だったけど、なんか違う気がした」と話していました。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。