【婚活パーティー】エヴァの特徴と婚活対策とは?

【婚活パーティー】エヴァの特徴と婚活対策とは?

婚活パーティーに行こうと思ったきっかけ

エヴァの婚活パーティー

私は今年33歳になる新婚の女です。なんとか30代前半で結婚組に入れた私ですが20代後半で経験した婚活は山あり谷ありでした。

気付けば29歳彼氏なし。寄ってくるのは既婚者か結婚する気のない男性ばかり。このままではやばいと感じて、出会い系アプリに登録したり、お見合いパーティーに友人と参加したりし始めました。

20代のうちにできる事は全部しようと覚悟を決めました。覚悟を決めたきっかけは30代後半の友人が妙に説得力のある言葉で背中を押してくれた事です。

「私の年になってごらん!29歳より10倍辛くなる。出会いも凄く減る。20代の失敗なんて可愛いもんだから何でもやってみなよ」。30代後半の友人は語りました。

30代後半のリアルな心境は未来の自分を想像させました。

それまでは、流行ってるから一回行ってみよう!くらいの感覚で街コンに友人らと行った経験のみ。なぜなら本格的な婚活パーティーに行くのは正直、抵抗がありました。

本音を言うと婚活パーティーは自分で恋人を見つけられないあまり魅力がない人の集まりという偏見があったのです。

なので、踏み切れずに29歳を迎えました。でも30代後半の友人の言葉で色々が吹っ切れました。

行くと決めたら早速、婚活サイトを閲覧。その中から大手のエヴァを選びました。年齢確認や年収のチェックがあり、安心できる雰囲気が決め手でした。

初めての婚活パーティー

1回目の婚活パーティー

彼氏募集中の合コン仲間の友人を3人誘い、参加するパーティーをみんなで吟味。わいわい検討するのは楽しかったです。

婚活パーティーのいいところは男性の年収等が分かることだと思い、年収500万以上のパーティーを選んで参加。

参加資格は女性は26歳~40歳まで。男性は30歳~50歳まで。年齢層は高めのパーティー。

29歳の私でも若いほうになるだろうと予想して参加しました。予想は見事に的中。若い方なので、アプローチしてくれる人は多かったです。

参加人数は男女合わせて60人ほどで、少し男性が多めの人数比。まずは1人ずつと話せるようにプログラムされていて、3分くらいの間隔で男性が回転ずしのように席を一つずつ移動していきます。

男女それぞれ番号バッヂを胸に付けているので、回転ずしで印象のよかった人の番号に黒ペンで〇をつけて司会者に提出します。私は印象のよかった人4人に〇をして提出しました。

10分ほど待つと先ほど提出した紙が戻ってきました。そこには私に〇をしてくれた男性の番号に赤ペンで〇をしてくれてありました。なので、両想いの人は黒と赤の二重丸になっていました。

8割くらいの男性から〇がもらえて嬉しかったのを覚えています。合コンでは大してモテない私でしたが婚活パーティーでは結構モテる?と驚きました。そして、次はフリータイム開始です。

なんの動物に似てるといわれる?というような事を聞いて回る、会話しやすそうなゲーム付きでした。この時には受付時に配られていた自分の連絡先を書いたカードを渡していいようでした。

私はカードを渡していいことに男性からカードを頂いた時に初めて気づきました。

慌てて連絡先書き、一番いいなと思ったお洒落・バツイチ・年収1000万の男性を探して何とかフリータイム終了直前に渡しました。

この時は意としない男性に話しかけられることも多いですが、心を鬼にして手短に済ませることをおすすめます。でないと、すぐにタイムリミットが来てお気に入りの人と話せなくなってしまいます。

フリータイムの後は自分の席に戻って、ケーキを選んで食べました。

この時も前の席の男性とは話せるの、で前の席になった方がタイプの人だった場合はいっぱい話せてラッキーですね。逆にまったくタイプじゃない人だと地獄です!(笑)

そしてケーキの後はいよいよフィナーレ!全体を通して印象のよかった人の第1位から5位まで書きます。私は1位にバツイチ年収1000万の男性の番号を書きました。

ここは駆け引きです。私は3位までしか書きませんでしたが、書ける方は5位までしっかり書いたほうがカップルになる確率は上がります。

そうは言ってもカップルになっても困るような方の番号まで無理に書くのはおすすめしません。無理に書いたことによって気に入ってる上位の人とカップルになりにくくなる恐れもあります。

そして最後にお互いの番号が第5位までに入ってた男女はカップルとして番号を呼ばれます。そのまま、二人でみなさんより一足先に退場ということになります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。