婚活がうまくいかない女性の7つの特徴とは?

婚活市場は年々拡大し、テレビや雑誌、ネットでフューチャーされていますよね。各社競うように様々な婚活サービスを打ち出しており、毎日のように婚活パーティーが開催されています。

多種多様なサービスが揃えられてはいるものの、なかなか結婚へ繋がらない女性がいるのも事実です。

「どうして私だけうまく進まないのだろう…」と悩んでいるあなた。婚活がうまく行かない女性には共通してある特徴があります。

これから挙げる7つの特徴に当てはまっていませんか?

一度冷静に立ち止まって考えてみるのも成功への第一歩になると思いますよ。

婚活がうまくいかない女性の7つの特徴とは?

外見最重要!イケメン大好き

かっこいい男性

婚活パーティーで見た目から入る女性もいるのではないでしょうか。会場に入り席に着くなり、周囲の男性に〇×をつけ第一判断をしていませんか?

「あの人は好みの顔、イケメンだなぁ、アリ。あの人は生理的に受け付けないなぁ、ナシ」。「あの人は可もなく不可もない、んーんナシだなぁ」。「あの人は…あの人は…」。

自身で決めた先入観は、自分では気が付かないほど意外に大きく残ります。トークタイムでの印象が良かったとしても〇×判定が覆ることは少ないでしょう。

結果、自分の理想の範疇だった男性だったのにチャンスを逃すことになります。外見の好みは少なからず誰もが持っているものです。しかし、それだけではないことを心に留めておきたいですね。

心のイケメンと巡り合える日がくるといいですね。

何が何でもセレブ狙い

フェラーリを乗りこなす男性

みなさまは何を目安に参加したいパーティーを絞っていますか?
ステータスや年収ばかり重視していませんか?

  • 年収〇〇〇万円以上の男性以外眼中になし
  • 検索条件は…年収〇〇〇万円以上にチェック
  • 医師、弁護士、社長、一流企業勤務が集まる限定パーティーに参加
  • 「セレブになって人生一発逆転したい!」「お金持ちの男性と結婚して優雅な生活を送りたい!」「ハイステータスの男性と結婚して友達から羨望の眼差しを受けたい!」

    確かに出会いを求めているすべての男性と話せるわけでもなく、このくらいは…という願望も理解できます。

    入り口となる条件を絞ることは大切ですが、自ら狭きイバラの道へ進むのは賢明ではありません。

    高年収・ハイステータスの男性の周りには常に多くの女性がいるのも確かです。また女性を見る目が肥えており厳しいのも事実です。相応の対等さを求めているでしょう。

    セレブにこだわりすぎてしまうと、結婚はますます遠のいてしまいます。お金だけがすべてではない幸せの形があるでしょう。

    八方美人

    八方美人タイプの女性

    あなたは婚活の場でモテモテ状態を経験したことありませんか?
    来る者拒まず全てを受け入れていませんか?

    トークタイムで対面する男性に次々と、満面の笑みを振りまいた方がいいよね。男性全員から選ばれたいと言わんばかりに〝全員に″過剰なリップサービスをしています。

    「私も○○大好きなんです~、気が合いますね」
    「○○ぜひ一緒に行きたいです、お願いします」
    「フリートークでまたゆっくり話したいですね~、お待ちしてます」

    愛嬌のある女性の方が、好感が持てるのは不動の事実です。しかし〝全員″は逆効果です。男性の中には、気になる女性は他の男性とどんな会話をしているのか、しっかり観察している人もいます。

    そんな男性は「誰にでもいい顔するんだなぁ」「人気高そうだから別の人を選ぼうかなぁ」と思うこともあるでしょう。

    カップリング成立しないで帰るのは参加した意味がないのではと、不安になるのもわかります。ですが、本当に好意のある男性に選んでもらえなければ意味がないですよね。

    キラキラ光る愛嬌は、ここぞという人に絞って振りまきたいですね。

    男性ウケ意識しすぎる

    男性ウケを意識する女性

    お見合いや婚活パーティーへ行くとき少しでも可愛くキレイにして行きたいと思うのが女心です。ですが、男性ウケを狙うあまり、外見や内面を意識して変えすぎていませんか?

  • お嬢様風の清楚な服着ていこう、無いから一式買おうかな
  • 髪はゆるふわに巻いていこうかな
  • 話し言葉は上品にか弱げにしようかな
  • 普段と違う人物へ、無理に変えようとしていませんか?

    オシャレをして自分磨きをすることは、とても素敵なことです。気分もあがり前向きな気持ちになりますよね。

    婚活の場で少しよそ行きになることは仕方ないと思います、張り切る気持ちもわかります。しかし、いつもの自分とかけ離れてすぎては幸せな結末にはなりません。

    無理をして自分を変えてカップリングが成功しても、偽りの自分で居続けるのに疲れてしまうでしょう。

    女性同士で盛り上がる

    女性だけで盛り上がる会話

    独りで参加するのは勇気がいるし友人と参加した方が心強いですよね。独身の友人を誘ってパーティーへ参加することは珍しいことではありません。

    しかし婚活パーティーの場で、女性同士で話が盛り上がりすぎていませんか?開始前の会場内は思っている以上に静かなことが多いです。

    皆さん自己紹介カードを見直したり、お手洗いへ行ったりと事前準備をしています。手持ち無沙汰で話し始めた会話、友人同士だと結構盛り上がってしまいますよね。

    小声で話しているつもりでも、いつの間にか普段のトーンになってしまいます。静かな会場内ですから、いつも以上によく響きますよ。

    そんな姿を見て、男性はどう思うでしょうか。「遊び半分で来ているのかな」「友人の付き添いかな」と思ってしまうでしょう。

    誤解を招いてしまい、運命の相手を逃しているかもしれませんよ。遊びではないことを示すためにも、友人との会話はほどほどにして、心を落ち着かせながら開始時間を待ちたいですね。

    会話の中心は私

    自己中な女性

    婚活の場では〝お互いの会話″が大切ですよね。自分も相手を知り、相手にも自分を知ってもらうことの積み重ねで、仲が深まっていくものですよね。

    相手の話を自分のものへ変えてしまっていませんか?

    男性が「趣味はドライブです」というと受け流し、自分の話をしていませんか?「ドライブですか。そういえばこの前○○へ行って、○○を見て、・・・」

    続けざまに、「私の趣味は〇〇なんです…、最近ハマっていることは…、休日は○○して過ごしていて…、理想の家庭は…」。

    相手の話は早々に受け流し、質問しなければ、男性側に興味がないのかなと思われてしまいます。マシンガントークであれこれ話をされると聞いている男性は疲れてしまいますよ。

    限られた時間の中で自分の事を知ってほしい気持ちは理解できますが、もっと〝お互いの会話″を楽しみましょう。自分中心のままではいつまでもかみ合わず、時が過ぎてしまいますよ。

    結婚への執着心が出すぎている

    結婚への執着が強い女性

    婚活を行う目的は、理想の相手や気の合う相手と幸せな結婚がしたいからですよね。しかし、1分1秒でも早く結婚したいの!とばかりに結婚することだけに執着していませんか?

  • あまり興味はないけれど、すぐに結婚したい願望があると話していたから、この男性に決めよう
  • お互いの話は早々に切り上げて「いつ結婚したいですか?」と結婚の時期だけを重視しよう
  • 結婚を真剣に考えている男性を選ぶことは大切です。周りのみんなの幸せを見ると、早く結婚したいと思ってしまいますよね。出産・子育ても早く経験したいと思ってしまうこともあるでしょう。

    しかし結婚することだけに焦点を当て執着しては幸せな結婚は訪れないでしょう。やみくもにつかもうとすればするほど、理想の男性は遠のき、婚活運も遠のいてしまいますよ。

    婚活がうまくいかない女性は独りよがりになっている

    独りよがりな女性

    結婚することは何か、完璧を求めすぎていないか、固定観念を持ちすぎていないか、もう一度立ち止まって考えてみましょう。

    理想の大枠は持ちつつも、どこか許せる心を持っていれば、気持ちに余裕が出て幸せが舞い込んできますよ。

    https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。