彼氏と同棲するきっかけとは?好きな彼と同棲する方法を紹介

同棲は大好きな彼とずっと一緒にいられる幸せなことです。そろそろ同棲をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし何かきっかけがないと、同棲を提案するのは難しいことですよね。断られてしまっては、2人の関係も気まずくなってしまいます。

「きっかけ」は、待っているだけでは訪れません。同棲するポイントとなるのは、同棲するきっかけを自ら作ることです。

彼氏にあなたと同棲したいと思ってもらえれば、同棲はすぐに実現します。今回は好きな彼と同棲する方法を紹介していきます。彼氏と同棲したい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

彼氏と同棲するきっかけとは?好きな彼と同棲する方法を紹介

部屋の引っ越しを考える

部屋の引っ越しを考える女性

お互いに住む場所が安定して確保されているのであれば、同棲しようという考えにはなりません。そこで現在住んでいる場所の引っ越しについて話してみましょう。

「そろそろアパートの更新時期だから引っ越そうかな」
「会社が遠いからもう少し近いところに引っ越そうかな」

そして相手の反応を見てみてください。同棲を少しでも検討している彼氏であれば、彼女の引っ越し話をきっかけに同棲を提案してくれるはずです。

そこで同棲への提案がない場合には、もうひと押しです。「どうせ引っ越すなら、あなたの近くに住みたいな」と告げてみましょう。

少し鈍感な彼氏でもここで同棲を希望していることを読み取ってくれるはずです。わざわざ近くに住むなら、同棲した方が良いのではないかと考えてくれるでしょう。

まずはあなたが引っ越したいことを告げることで、彼氏に同棲を考えるきっかけを作ってみてください。

彼氏の身の回りの世話をする

彼氏の服の洗濯

同棲をするには、彼氏に「同棲することのメリット」を感じてもらう必要があります。同棲するとこんな素敵な生活になるのだということをイメージさせてみましょう。

そのためにすることは、プレ新妻になり彼氏の身の回りの世話をすることです。家事を万全にして、彼氏に尽くしてみてください。

  • 帰宅したら美味しいご飯を用意して待っている
  • 何も言わなくても部屋が綺麗に整頓されている
  • 洗濯からアイロンまで丁寧にされている
  • 朝寝ているうちに朝ごはんを用意する

家事が得意でない男性にとって、とても助かることですよね。同棲にはメリットしかないように感じるでしょう。

ただし、この方法の注意点が二つあります。
① 同棲前に尽くしすぎてしまうと、同棲後も尽くさなければいけなくなる
② 世話をされることがあまり好きではない男性もいる

この注意点に問題がなければ、身の回りのお世話をして同棲のメリットをアピールしてください。不安がある場合は、ご飯の用意くらいにしておくと良いでしょう。

少しずつ連泊を増やし半同棲する

彼と半同棲生活を送る女性

いきなり同棲をすると、今までの生活とのギャップを感じてしまいます。なかなかイメージも出来ずに、同棲という言葉に戸惑ってしまう男性もいるでしょう。

そこで少しずつ同棲をイメージさせるように、半同棲まで持ち込んでみてください。最初は週末を利用して泊まりにいきます。そして泊まる回数を徐々に増やしていくのです。

連泊するようになり、荷物も徐々に増やしていきます。パジャマ・化粧品・食器…と彼氏の部屋を少しずつ自分の部屋のようにしていきます。

そして上手く半同棲状態までもっていきましょう。半同棲と同棲の大きな違いは二つです。

① 半同棲の場合は、いざという時に帰るべき場所がある
② 半同棲の場合は、お金の管理が別々である

ほぼ同棲をしているようなものですよね。半同棲をしていれば、同棲をすることもスムーズに受け入れることができるでしょう。大きなギャップや戸惑いも感じないはずです。

同棲することの金銭的なメリットを告げる

金銭的メリット

結婚を視野に入れている2人であれば、同棲をすることでお金がたまりやすくなります。金銭的な部分でメリットが増えるのです。

別々に住んでいると、家賃も光熱費もそれぞれかかります。一人暮らしの場合、家賃7万円に光熱費1万円ほどでしょう。それに食費や雑費で3万円前後かかります。

手取りが20万円の場合、手元に残るお金は9万円。そこから交際費なども差し引くと貯金までまわらないのが現実です。

同棲をすると全ての経費を2人で負担することになります。2人分なので多少金額は増えますが、そこまで高くなることはありません。

男性には家賃7万円のみ負担してもらえば、残り13万円が残ります。女性はその他の負担をするとしても15万円残ります。

2人の手元に残ったお金を合算すると28万円。貯金に15万円まわしても13万円も残るということです。これなら我慢せずに、年間180万円も貯金できるということです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。