同棲すると貯金はいくらできるの?

結婚を意識しているカップルの中には、同棲して貯金したいと考えている人も多いですよね。でも方法がわからず、なかなか貯金が増えていかないと悩んでいる人もいるでしょう。

同棲すると貯金はいくらくらいできるものなのでしょうか。上手な貯金方法や具体的な貯金額を把握しておくことは、とても大切なことです。

まずは同棲するときに、貯金方法や貯金額について2人で相談しておきましょう。目標をつくって協力していくのが一番です。

今回は同棲してからの貯金について話していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

同棲すると貯金はいくらできるの?貯金方法・貯金額などを紹介

男性の収入のみで生活をする

男性の収入

同棲をするときには、お互い仕事をしていて収入がありますよね。今までは自分の収入と相手の収入は別ものであったでしょう。

結婚を視野に入れて同棲を始めるのであれば、財布を一つにしてみてください。2人の収入を合算して生活費などを考えるのです。

例えば、それぞれの収入が月20万円だとします。
〇男性給与20万円

  • 家賃9万円
  • 光熱費2万円
  • 食費3万円
  • 雑費2万円
  • 男性お小遣い4万円

これで余裕のある生活ができますね。残りの女性給与20万円から、女性のお小遣い4万円のみを差し引いてください。それでも16万円残ります。

毎月16万円貯金できれば、年間192万円です。3年間同棲をすれば576万円にもなります。結婚資金としても、十分だといえるでしょう。

2人の収入を合算して、お小遣い制にするという貯金方法です。これであれば結婚への意識も高まり、貯金額も増えていきます。

お互いの収入から貯金額を決めておく

お互いの財布からの貯金

もう一つの貯金方法としては、給料日に設定した貯金額を口座に入れることです。多くの人は給与から生活費を差し引いて、あまった費用を貯金します。

そのため出費が多いときは、貯金までお金がまわりません。お互い貯金への意識が高まらずに自由にお金を遣ってしまうでしょう。

そこで、最初に貯金をするのです。それぞれ貯金額を給与の〇%と設定して、給料日に貯金専用口座にお金を入れます。

最初に貯金をして、残りのお金で生活をする癖をつけましょう。

お金は、あればあるだけ遣ってしまいます。当然ですが、なければ遣うことはできません。遣うことのできない状況を作ることが、貯金するためには必要なことです。

同棲で可能な貯金額は給与の20パーセント前後

同棲で可能な貯金額

一般的に同棲で可能な貯金額とはいくらくらいなのでしょうか。相場を知っておくことで目安にして考えてみてください。

同棲をしているカップルの貯金額は、給与の20パーセント前後が平均的な費用です。例えば20万円の給与であれば、4万円ということです。2人であれば、8万円ですね。

同棲中のお金の管理方法として一番多いのは、それぞれ生活費を出し合うスタイルです。例えば、生活費を各10万円出すと決めます。そうすると2人で合算した20万円で生活します。

給与の20パーセントは貯金をして生活費を算出し、手元に残ったお金は自由に遣うということです。これだと確実に貯金ができて自由に遣えるお金も多いので、ストレスなく同棲生活が送れます。

まずは家賃や光熱費などの固定費を算出。そして食費や雑費などの変動費を検討しましょう。その上で、お互い生活費にいくら出すのかを相談してください。

貯金額を20パーセントというのは、最初に設定しておくと良いでしょう。もし手元に残るお金が少ない場合は、固定費を節約する方法を考えるようにしてください。

なんのために貯金するのか明確にする

結婚資金を作るための貯金

貯金をするときには、必ず目的を明確にするようにしましょう。目的がないと意思が弱くなり、つい目の前にあるお金を遣ってしまいますからね。

  • 同棲をしたのは何のため?
  • 今後の2人の将来設計は?
  • 何年後までに何のための費用が必要?

これらを2人で話し合い、紙に書いておくと良いです。

もし結婚を視野に入れているのであれば、貯金をする目的は多数あります。

  • 結婚式費用
  • ハネムーン費用
  • 結婚指輪費用
  • 新生活費用

結婚したい意思があれば、将来の2人のためにと我慢することができます。明るい未来のために貯金をしようと意思も強くなります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。