共感できる同棲あるある10選とは?

同棲をしていると、自分だけの生活では体感できないようなことが起こります。それが楽しくもあり、時にはストレスになることもあるでしょう。

これって自分だけ?
みんなの同棲ってどうなの?

自分が同棲で感じていることが、他の人も同じように感じているのか知りたいですよね。

そこで今回は「あるある」と思わず笑ってしまうような同棲あるあるを紹介します。共感することで、安心することも多いはずです。ぜひ読んでみてくださいね。

共感できる同棲あるある10選とは?

楽しみにしていた〇〇がない!というストレス

買ってきたヨーグルト

同棲をしていると、家にあるものは基本的に2人のものになります。そうすると自分のものがなくなっていたり、減っていたりすることが頻繁に起こります。

「冷蔵庫にあったプリンがない!」
「朝食べようと思っていたパンがない!」
「奮発して買ったシャンプーが減っている!」

最初はこのようなことがあっても、なかなか言えずに我慢するでしょう。しかし日常的に続くとストレスになりますよね。

そして同棲していても「自分のもの」「あなたのもの」をきちんと分けようということになります。その結果、すべてのものに名前を書くようになるのです。

冷蔵庫にある食べ物にも名前。洗面台にあるクリームにも名前。飲み物にも名前。名前を書くことで自分のものを確保するようになるのは、同棲あるあるでしょう。

今日は遅くなると言われるとテンションが上がる

テンションの高い女性

同棲していると、毎日一緒にいるのが当たり前になります。最初はずっと一緒にいられることが嬉しいでしょう。少しでも離れると寂しくて不安になります。

しかし同棲が長くなると、たまに一人でゆっくりしたいと感じることもあります。ダラダラ過ごす時間もたまには欲しくなるのです。

そこで同棲相手から「今日遅くなる」と連絡が入ると、テンションが上がってしまうのです。内心嬉しくなってしまいます。

お惣菜買って
お酒飲んで
観たいビデオ見て
ゆっくりお風呂入って

今晩一人の時間をどう楽しむかに思いをはせます。そしてテンション高く一人の部屋に帰宅して、一人の夜を楽しんでしまうものなのです。

やっぱり一部屋増やせば良かったと後悔することがある

部屋の空間

同棲しているカップルの多くは1DKもしくは1LDKの部屋を選びます。同棲を決めるときは、幸せの絶頂なので部屋は一つでじゅうぶんだと思うのですね。

しかし、同棲は幸せなことだけではありません。喧嘩をすることもあります。1人で考え事をしたいときもあるでしょう。

家が同じでも壁があるだけで、気持ちは変わります。喧嘩をしたときに同じ部屋にいるよりも、別々の部屋で頭を冷やした方が早く解決することもあります。

そうなると必ず感じるのが「2DKにするべきだった」ということです。小さい部屋でも家賃が少し高くても、もう一部屋増やすべきだったと後悔するのです。

久しぶりに帰った実家が天国

実家の外観

同棲は実家暮らしよりも一人暮らしよりも、気を張るものです。家事も手を抜けないですし、なかなか安らげる時間がないでしょう。

そうすると久しぶりに帰った実家が天国のように感じます。

  • 何もしなくても食事が出てくる
  • 掃除も洗濯も必要ない
  • 部屋でとことんダラダラできる
  • いつどこで何をしていても干渉されない

当たり前だったことが、とても幸せなことに感じます。もちろん同棲には同棲の幸せがあります。ただ時には気を抜ける時間も必要だと気が付くのですね。

外で待ち合わせをするとドキドキする

外での待ち合わせからのデート

同棲をすると、デートは同じ部屋から一緒に出掛けます。そして2人で同じ部屋に帰宅することになります。一緒に住んでいるのですから当たり前ですね。

しかし、仕事の後のデートや用事があるときは、外で待ち合わせをすることもあります。時間と場所を決めて、集合します。

そうすると何故か待ち合わせ場所で会う恋人にドキドキするのです。毎日一緒にいるのに、外で待ち合わせするだけで新鮮な気持ちになります。

デートもいつもと違う感覚で楽しむことができるのです。手をつなぐだけでも、ときめくことができるのです。

不思議ですが、同棲をしているカップルのあるあるです。ぜひ外での待ち合わせをおすすめします。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。