同棲に疲れた…原因と対策とは?

同棲に疲れた…原因と対策とは?

最初は楽しくて仕方なかった同棲生活も、だんだんと苦痛になってくることがあります。同棲している部屋に帰るのが億劫になり、一緒にいることが疲れてしまうのです。

せっかくの好きな人との生活が苦痛に感じてしまうなんて悲しいことですよね。ここまできてしまうと同棲生活を続けるのは、難しい状況になってしまいます。

では同棲に疲れてしまう原因とは、どのようなことなのでしょうか。また楽しい同棲を取り戻すための対策はあるのでしょうか。

今回は同棲に疲れを感じている人へ原因と対策を紹介します。破局してしまう前にぜひ参考に読んでくださいね。

同棲に疲れた考えられる原因

生活の価値観が合わない

日々の生活

同棲をすることで、今まで知らなかった相手の素顔が見えてきます。交際をしているだけでは気にならなかったような、価値観の違いも浮き彫りになるでしょう。

そうなると「好き」とういう気持ちだけでは、越えられないようなこともあります。それ以上に生活を共にすることが苦痛になってしまうのです。

では価値観が合わないとはどのようなことなのでしょう。

① 時間の使い方
朝起きる時間、夜寝る時間、お風呂に入る時間。そして朝昼晩のご飯の時間にも自分のペースがあったでしょう。当たり前のように過ごしてきた時間です。

生活した相手と時間の使い方が異なると、自分の時間をずらして合わせるようになります。これが意外と苦痛になるのです。

自分がしたいと思ったときに、自由にできないストレスは大きいです。そのため疲れてしまうのです。

② お金の使い方
同棲中は、今まで知らなかったお金の使い方も知るようになります。財布は別々にしているカップルの方が多いですが、あまりにも価値観が違うと気になってしまうでしょう。

無駄に浪費ばかりしていたり、逆に節約について口うるさく言われるのはストレスになりますよね。結婚前だからこそ、お金の使い方についての価値観が余計に気になるのです。

③ モノの使い方
同棲をしていると、一つのモノを2人で使うことが多くなります。このようなモノの消費の仕方や使い方に違いがあると、その都度気になります。

「1回でこんなに使ったの?」
「なんでもっと綺麗に使えないの?」
「出したらちゃんと蓋を閉めて戻してよ!」

このような不満を感じてしまうでしょう。そしていちいち感じてしまう自分にも相手にも疲れてきてしまうのです。

お互いの自由がなくなってしまった

自由な時間

同棲をするとお互いの行動を自然と監視するようになってしまいます。帰りが遅かったり、休日に出掛けることが気になってしまうのです。

しかし同棲をしても自由は欲しいと思いますよね。少し自由な行動をするたびに口うるさく指摘されてはストレスになります。束縛されているようで鬱陶しく思えます。

お互い独身であるにも関わらず自由がなくなり、結果的に2人とも疲れてしまうのです。

喧嘩することが増えた

喧嘩する女性

同棲をすることで、喧嘩することは増えてしまいます。生活を一緒にすることで、不満も募ってきてしまうのです。

顔を合わせれば喧嘩。
仕事から帰ってきて喧嘩。
せっかくの休日なのに喧嘩。

これでは心休まるときがなくなってしまいますよね。喧嘩ばかりしていて同棲の意味があるのか、同棲していることに疑問を感じるようになります。

そして精神的にも疲れてしまい、同棲している家に帰るのも苦痛に感じてしまうのです。

相手への気持ちが冷めてきた

彼への気持ちが冷める女性

同棲は好きだからこそ乗り越えられることが多いです。好きだから許せること、好きだから尽くせることもあるでしょう。

しかし同棲をして気持ちが冷めてしまうと、全てが苦痛に感じます。許せることも、尽くせることもなくなってしまうのです。

つまり同棲に疲れたと感じる原因は、相手への気持ちがなくなってしまったのかもしれません。気持ちが冷めたことで、乗り越える気力がなくなってしまったのでしょう。

将来が見えない

将来像

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。