同棲って楽しい!彼と同棲してよかったと思う8つのことは?

交際期間が長くなると、同棲をしようかと検討を始めるカップルは多いですよね。同棲は結婚前の「お試し期間」にもなる貴重で重要なものです。

でも同棲には、あまり良いイメージがないという人もいるでしょう。デメリットばかりが浮かび、なかなか踏み切れずに悩んでいる女性もいます。

同棲って楽しいの?
彼との同棲を後悔しない?

そんな不安を持つ女性のために、今回は彼と同棲してよかったと思うことを8つ集めました。同棲への一歩を踏み出す参考にしてみてくださいね。

同棲って楽しい!彼と同棲してよかったと思う8つのことは?

忙しくても必ず顔を合わせることができる

家でくつろぐ女性

別々に暮らしていると、時間を作らなければ会うことができません。しかし予定が立て込んでいると、時間を作ることも難しくなります。自然と会う回数は減ってしまうでしょう。

連絡をとる手段は多数ありますが、やはり直接顔を合わせたいものですよね。大好きな彼の体温を感じたいときもあるはずです。

同棲をすれば、帰る家が同じです。忙しい中で時間を作らなくても、家に帰れば顔を合わせることができるのです。

それは数分かもしれません。帰ってきてすぐに寝てしまうこともあるでしょう。それでもスマホ越しではなく、実際に触れ合えるというのは大きな安心になります。

同棲は、毎日顔を合わせることができるのです。とてもシンプルなことですが、好きな人と毎日会えることは同棲する上で一番嬉しいことなのです。

今まで知らなかった彼を知ることができる

家庭的な彼氏

どんなに交際期間が長くても、一緒に生活を始めると新しく知ることが多くあります。彼の意外な一面を知ることができるのも同棲をするメリットでしょう。

今まで大雑把だと思っていた彼が几帳面だったり・・。
今まで会ったことのなかった彼の家族や友人に会えたり・・。
今まで知らなかった彼の意外な癖や趣味を見つけたり・・。

日々の生活の中で新たな発見や驚きがあることが、とても楽しいのです。また自分の素の部分を受け入れてもらえることにも喜びを感じるでしょう。

同棲をすることで、恋人以上家族未満のような関係になることができます。絆を深めるたびに、同棲してよかったと心から思うことができるでしょう。

新婚気分で何をしていても楽しめる

一緒にテレビを見て楽しむ同棲カップル

同棲生活は、何をしていても新婚気分で楽しむことができます。これは、少し「おままごと」に近いような感覚を味わうことができるのでしょう。

結婚をすると、家事をすることは義務になります。するのが当たり前になるので、喜ばれたり感謝されることも減ってしまいます。

しかし同棲中は、家事は義務ではありません。料理やお弁当を作れば、彼は喜んでくれます。洗濯やアイロンをするだけでも、感謝してくれるでしょう。

家事すべてにやりがいを感じることができるので、何をやっても楽しいのです。

また同棲前にはしなかった挨拶をするだけでも、新婚気分が味わえます。

「いってきます」「いってらっしゃい」
「ただいま」「おかえり」
「おはよう」「おやすみ」

こんな日常のやりとりだけでも、楽しいのです。特に女性は小さい頃から、おままごとが好きですからね。大好きな彼との2人での生活というだけで、毎日を楽しむことができるでしょう。

相手の行動を把握できるので不安が減る

彼の生活時間

同棲前は、彼がどこで何をしているのかと気になることがあったでしょう。彼の行動を把握することも監視することもできず、不安になることも多かったはずです。

同棲を始めると、自然と彼の行動がわかるようになります。彼のライフスタイルをほぼ把握することができるのです。

例えば、同棲前は仕事後に飲みに行くのに連絡をする必要はありません。事後報告で飲みに行ったことを知るくらいでしょう。

それが同棲をすると、相手に自分の行動を知らせる必要が出てきます。「今日は仕事後に〇〇と飲みに行くから先に夕飯食べて寝ていてね」と連絡が入るでしょう。

行動を自然と把握できるようになることで、不安は解消されます。また遅くなっても、この部屋に帰ってくると思うと安心できるでしょう。

「不安解消」と「安心」は、女性にとって同棲をする大きなメリットです。この二つを手に入れることで、同棲した喜びを感じることができるでしょう。

喜びは二倍になり悲しみは半分になる

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。