同棲生活が寂しい理由と対処法とは?

同棲生活が寂しい理由と対処法とは?

同棲をすれば、楽しくて満たされた生活が送れると期待しますよね。しかし実際は、同棲をしても寂しさを感じてしまう人が多いものです。

好きな人と一緒に生活しているのに寂しいのはなぜ?
寂しさを埋めるための対処法はある?

せっかくなら毎日を笑顔で過ごしたいですよね。そして好きな人との同棲生活を充実させていきたいと考えるでしょう。

そこで今回は、同棲生活が寂しい理由と対処法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

同棲生活が寂しい理由

同棲生活に過度な期待をしすぎていた

同棲生活への期待

同棲生活に過度な期待をしすぎてしまう人がいます。それが期待通りにいかないことで、心に穴が空いたような寂しさを感じてしまうのです。

  • 朝晩は一緒に楽しく食事
  • 休日のたびにデート
  • テレビを見ながら晩酌

好きな人との生活にワクワクするでしょう。毎日ラブラブな楽しい生活を想像するはずです。

しかし実際は、共働きで忙しい日々です。ときには1人になりたいこともあるでしょう。友人と朝まで飲み歩きたいこともあるはずです。

毎日ラブラブという生活を期待していると、大きなギャップを感じます。そして寂しさを感じてしまうのです。

2人の部屋だからこそ孤独に感じる

2人の部屋

1人暮らしの部屋に1人でいるのは寂しくありません。そこが自分だけの空間だからです。しかし同棲している2人の部屋に1人でいると、寂しさを感じてしまいます。

そこは2人がいるべき空間だからです。お互いの物が置いてある広い部屋。そこには思い出もたくさんあるでしょう。

だからこそ、同棲をしていると1人でいる時間が寂しくて仕方のないものとなるのです。

自分に対して興味がなくなってきた

自分に対する興味

同棲を始めると、一緒にいることが当たり前になります。お互いのことを深く知り得ることができるでしょう。そうなると少しずつ興味が薄れていってしまいます。

今までは自分の言動に興味を示してくれていたのに、無関心になってしまうわけです。無関心ほど寂しいものはないですよね。

会話をしても興味を持ってくれず。
帰りが遅くでも心配してくれず。
元気がないときも気が付いてくれず。

もう自分のことは好きではないのかと不安にもなるでしょう。相手の気持ちがわからずに、寂しさも増していくのです

一緒にいるのに遠くに感じる

スマホに夢中な彼氏

どんなに近くにても、心が遠くに感じてしまうのでは寂しいですよね。隣にいるのに、まるで存在がないかのような雰囲気なのです。

携帯を見てばかりで、こちらを向いてくれない。心ここにあらずといった様子。これでは同棲をしている意味がありませんよね。

近くにいるからこそ、心の距離に敏感になります。少し心が離れただけでも、とても寂しい気持ちになってしまうのです。

別々の時間を過ごすことが増えた

1人の時間を楽しむ彼女

最初は同じ時間を過ごしていた2人でも、少しずつ別々の時間を過ごすようになります。同棲生活がマンネリ化してきてしまうのです。

仕事が終わっても、友人と出掛けてしまう。
趣味に没頭して時間をつくってくれなくない。
食事の時間もバラバラになる。

顔は合わせるけれど、まともに会話をする時間も減ってきます。これでは離婚前の熟年夫婦のようですよね。結婚していないのに、マンネリしてしまうことに不安と寂しさを感じるのです。

同棲生活が寂しいときの対処法

自分の時間を大切にする

自分の時間を大切にする女性

同棲生活で「寂しい」と感じてしまうのは、時間を持て余しているからです。何もあることがなく、考えることがないからこそ、寂しいという感情を持ってしまのです。

そこで寂しいと感じないように、自分の時間を大切にしましょう。好きなことを自由にできる時間だと思えば良いのです。

  • 仕事する
  • 勉強する
  • 趣味に没頭する
  • 友人と会う

むしろ寂しい時間こそ、自由で楽しい時間です。相手がいない時間を有効に使うことで、寂しさを感じないように生活してみてください。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。