同棲がうまくいかない原因と対処法とは?

同棲がうまくいかない原因と対処法とは?

どんなに仲良しなカップルでも、同棲を始めてみるとうまくいかないことが多くあります。好きな人との生活が苦痛になってしまうなんて悲しいことです

相性が悪い?
自分に問題がある?

このように原因がわからずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。同棲解消や別れの危機となる前に、対処したいですよね。

そこで今回は、同棲がうまくいかない原因と対処法を紹介します。うまくいかない同棲に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

同棲がうまくいかない原因

相手のことを束縛している

彼を束縛する女性

同棲すると、相手の行動を自然と制限してしまうことが多くなります。無意識に相手を束縛してしまっているのです。

例えば、
「今日は何時に帰ってくる?」
「次の休みは何する?」
「なんで昨日は帰りが遅かったの?」
と全行動を把握しようとしてしまいますよね。

一緒に生活をしているのですから、知りたくなるのは当然でしょう。しかし全て把握しようとすると、相手は窮屈に感じます。

その結果、家にいることが苦痛に感じてしまうのです。同棲している家に帰りたくないと感じてしまっては、同棲がうまくいくことはないでしょう。

完璧を求めてしまう

彼に怒る女性

同棲をするとき、多くの人が完璧な生活を求めます。同棲に憧れていたからこそ、理想も高いのかもしれません。

  • 家事をしっかりこなし
  • いつも綺麗で清潔な部屋で
  • 喧嘩せずに仲良く暮らし
  • たまに贅沢もしながら
  • 結婚に向けて進んでいく

なんて夢のような生活を思い描くでしょう。ドラマや漫画の同棲をイメージしてしまうのですね。

しかし完璧を求めてしまうと、少しのズレが生じたときに幻滅してしまいます。理想と異なり、完璧でないことにイライラして許せなくなってしまうのです。

そんな生活では、なんだか息苦しいですよね。完璧とは、良くも悪くも「緊張感を持ち続けなければならない」ことです。これでは同棲はうまくいかなくなるでしょう。

明確なルールを決めていない

同棲ルール

今までの生活の方法が異なる男女が生活を共にするわけです。物の考え方や進め方などが異なるのは仕方のないことです。どちらが正しいというわけでもありません。

そのため「こうしていこう」という明確な2人のルールが必要です。ルール化することで、異なることを統一させることができるからです。

ルールを何も決めずに同棲を始めてしまうのは、うまくいかない原因となります。自分の価値観と異なることを見つけるたびに揉めることになってしまうでしょう。

一緒にいる時間が長いので嫌な部分が見えてくる

彼の嫌な部分

同棲すると毎日の衣食住を共にします。どんなに素敵な恋人でも、少しの粗が見えてくるでしょう。そして長い時間一緒にいると、粗が嫌な部分に感じてしまうのです。

優しい人だって、疲れて機嫌の悪いときはあります。
かっこいい人にだって、ださいところはあります。
可愛い人だって、毒舌になることもあります。

どんな人にも裏側は存在するのです。それは元々あるもので、同棲したからこそ見えてきたというだけのことなのです。

しかし相手の嫌な部分を受け入れることができないと、同棲はうまくいかなくなります。嫌な部分ばかりが目立ち、苦痛に感じてしまうようになるのです。

同棲への覚悟と相手への愛情が足りない

彼への愛情

同棲がうまくいかないと感じるのは、当然の心理です。始めから順風満帆に同棲できるカップルの方が少ないでしょう。

今まで育ってきた環境が違うのです。また男女で価値観も違います。そんな2人が一緒に生活していくのは大変なことなのです。

もし同棲がうまくいかないことに限界を感じているのであれば、それは覚悟と愛情が足りなかったのかもしれません。

うまくいかないことも含めて同棲していく覚悟。
相手のすべて受け入れる愛情。

この2つがあれば、大抵の異なる部分は埋めていけるはずです。

同棲がうまくいかないときの対処法

それぞれの時間を大切にする

1人の時間

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。