結婚前に同棲する意味とは?メリット・デメリットを紹介

結婚前に同棲する意味とは?メリット・デメリットを紹介

「結婚前に同棲するべきか」ということは、とても大きな問題です。同棲しておきたい気持ちはあるけれど、同棲することへの不安もあるでしょう。

実際に、同棲をすることで別れてしまうカップルも多くいます。しかし同棲で別れるカップルであれば、結婚しても上手くいかなかったかもしれないですよね。

相手の本質を知る上で、同棲とは必要なことなのでしょうか。それとも結婚前に同棲をすることは、無意味なことなのでしょうか。

今回は、結婚前に同棲するメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。同棲について悩んでいる人は参考にしてくださいね。

同棲のメリット

一緒に暮らしてわかることが多い

一緒に暮らす共同生活

同棲することで、結婚後のギャップを減らすことができます。お試し期間として、相手のことを深く知ることができるのです。

どんなに長く交際をしていても、一緒に生活をしないとわからないことが多くあります。

  • お金の使い方
  • 時間の使い方
  • 家事への意欲や評価
  • 食事に対する意識
  • 機嫌の良い時と悪い時

これらは生活を共にしてわかることです。良くも悪くも、相手のことを知ることができます。そして歩み寄る努力をすることもできるでしょう。

同棲をすることで、結婚してから「こんな人だと思わなかった」と後悔することを避けられます。これは大きなメリットであるといえるでしょう。

お金がたまりやすい

貯まるお金

同棲すると、2人で結婚に向けてお金をためることができます。一緒に生活をすることで意識が高まり、生活費も節約することができるでしょう。

結婚するためには、「指輪」「結婚式」「ハネムーン」「新生活」と多くの費用がかかります。2人で300万円ほどは必要になるでしょう。

同棲を先にスタートさせることで「新生活」費用は省くことができます。結婚後もしばらくは同棲している部屋で暮らす人がほとんどですからね。

また家賃と光熱費を折半できるので、貯金に回せる費用も多くなるでしょう。共働きであれば、2人で月10万円以上は貯金できるはずです。

頑張れば貯金ゼロから初めても2年ほどで結婚費用を貯めることが可能です。意識を高めて貯金するためには、同棲するのがおすすめといえます。

信頼や安心が深まる

信頼と安心

同棲をすると、帰る場所は2人の部屋です。何があっても帰る場所が同じというのは、とても安心できることですね。

一緒に生活をする中で、楽しいことや辛いことも共にします。2人の絆は深まり、お互いの信頼関係も強くなるでしょう。

結婚するときに必要なのは「信頼」と「安心」です。同棲することで、二つを得ることができるのは大きなメリットであるといえます。

お互いに結婚を意識できる

結婚する男女

同棲することで、結婚に対して前向きなるでしょう。お互い結婚を意識しながら、同棲生活を送ることができるはずです。

  • 一緒に部屋を探す
  • 一緒に料理をつくる
  • 一緒に寝て起きる

プレ新婚のような気分を味わうことができます。「この人と結婚したら、こんな生活なのかな」ということを想像しながら生活できるのは良いですね。

結婚準備がスムーズにできる

結婚準備

結婚をするときは、決めることややることが盛りだくさんです。2人とも働いていると、なかなか時間を合わせることが難しくて準備も難航します。

しかし同棲をしていると、隙間時間に2人で相談して協力しながら準備ができます。家の行き来をする必要もないので、スムーズにストレスなくおこなえるでしょう。

結婚を検討しているのならば、同棲している方が効率良いのも大きなメリットです。

同棲のデメリット

ダラダラと生活してしまい結婚が遅くなる

遅れる結婚

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。