同棲するとき親に挨拶すべき?挨拶するときの方法とは

同棲を始めることは、結婚することとは違います。何気ない会話から、軽い気持ちで同棲を始める人もいるでしょう。

しかし両親にとっては、自分の子供が家を出ていくわけです。どこの誰と生活を始めるのか知らないのでは、心配してしまいますね。

どんな人?
将来を考えている?
どこで暮らす?

これら最低限のことは知っておきたいのが親心です。

では同棲するときは親に挨拶は必須なのでしょうか。今回は、同棲するときの親への挨拶について紹介していきます。これから同棲するカップルは、ぜひ参考にしてください。

同棲するとき親に挨拶すべき?挨拶するときの方法とは

同棲するときには親に挨拶が必須なパターン

親への挨拶

同棲をするときに親への挨拶が必要かどうかで悩む人は多いです。まず一般的には、同棲をするカップルの半数以上が親への挨拶をしています。

また親側からの意見として、8割ほどが挨拶に来てほしいと考えています。特に娘を持つ親としては、どんな人と同棲をするのか知っておきたい人がほとんどです。

では、マナーとしては親への挨拶は必要なのでしょうか。これは一概にはいえず、パターンによって必要な場合があります。ここで親への挨拶が必要なパターンを3つ紹介します。

①結婚を前提としている場合

同棲を始めるときに、結婚を前提としているカップルは多くいます。婚約中の人もいれば、婚約前だけれど結婚を意識している人もいるでしょう。

どちらの場合でも、結婚を視野に入れているのであれば親への挨拶は必要になります。今後長い付き合いになるのですから、最初にきちんと挨拶をしておきましょう。

②既に両親との面識がある場合

同棲前から相手の両親との挨拶をすませている場合もあります。既に面識がある場合には、改めて同棲をの報告をするべきだといえます。

面識があるのに一言も挨拶がないと、親としては身勝手な行動であるように感じてしまうこともあります。ここでケジメをつけるためにも挨拶をするようにしましょう。

③彼女が実家から出る場合

一人暮らしをしていて同棲をするのではなく、実家暮らしから同棲をする場合は挨拶が必要です。特に彼女の両親への挨拶は必須となるでしょう。

初めて娘が家から出ていくのですから、親としては心配ばかりです。それが同棲ともなれば、どこの誰なのか知っておく義務があるでしょう。

挨拶もなしに実家から連れ出してしまうようなことはせず、必ず挨拶に行きましょう。

同棲するときに親に挨拶しなくて良い場合とは

両親の家

同棲をするときに親に挨拶をしない場合もあります。少し様子を見て、同棲生活が安定したときに挨拶をした方が良いこともあるのです。

では挨拶が必須ではないパターンをいくつか紹介します。

  • お互い一人暮らしからの同棲
  • 親が遠方である
  • まったく結婚する意思がない
  • 30代以降で親の承諾の必要ない年齢

このような場合は、挨拶が必須とはいえません。両親との関係などから、挨拶をするべきかどうか2人で考えてみてください。

また両親が遠方の場合には、挨拶に伺えないことを謝罪しておくと良いでしょう。そして改めて紹介する旨を伝えておくようにしてください。

まずは自分の親に報告する

自分の親に同棲を報告する女性

同棲への挨拶をする前に、まずは自分の親への報告をしていきましょう。いきなり挨拶に行くのは避けてください。

  • 家を出て交際している人と同棲を始める
  • いつからどこに住む予定なのか
  • 一度挨拶をしたいけれど空いている日程はあるか

これらを伝え、挨拶の日時を決めておいてください。そこで同棲を反対された場合には、挨拶は急がずに自分自身で両親を説得させるのが先決です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。