同棲カップルの節約術とは?

生活費と自由につかえる費用を片方が管理して、2人で把握するのは大切な節約術です。

貯金の目標金額を明確にして記帳する

貯金金額

節約するためには、なによりも「意思」が重要です。その意思を強くするには、貯金の目標金額を明確にすることです。

1年で100万円。
3年で300万円。
300万円貯まったら結婚式を挙げる。

というように具体的に数字にして目的も明確にしましょう。2人で毎月通帳を眺めると、貯金するのが楽しくなってきます。

どんどん目標金額に近づいていくことに喜びを感じ、節約の意思も日々強くなるはずです。

関連記事:同棲カップルにおすすめ!貯金アプリfinbeeの使い方とは?

支払いのルールを決める

出費のルール

同棲をしているカップルには、それぞれ支払いルールがあります。いくつかパターンがあるので、どれが2人に最善なのかを考えてみましょう。

  • お小遣い制
  • どちらかが全ての給与を取りまとめ、各々お小遣い額を決めて生活する方法です。確実に生活費と貯金までできるので節約しやすくなります。

    ただし結婚前からお小遣い制にすることに抵抗がある人もいます。お小遣いの金額も含めてお互い納得できるように話し合いましょう。

  • 定額を生活費として支払う
  • それぞれ毎月家に入れる費用を決めて、生活費を支払うパターンです。給与がいくらであっても生活費さえ支払えば、あとは自由に使えます。

  • 費用を分担して支払う
  • 例えば、家賃と光熱費は男性。それ以外の食費や雑費は女性。というように、項目に分けて費用分担するパターンです。

    自分が支払いをする項目は節約しようと意識を高めることもできます。それぞれ支払い者でもあり、項目の責任者にもなれるでしょう。

    携帯電話や光熱費の基本を見直す

    スマホの月額費用

    携帯電話や光熱費は、使用した費用を支払います。しかしこれらは基本プランというものが存在します。初期契約で何も把握していない場合もあるので、再度見直していましょう。

    携帯電話やGBや通話プランによって基本料が異なります。見直しによっては2人で1万円近く安くなることもできるでしょう。

    また光熱費にも基本料金があります。2人暮らしであれば、そこまで多くの光熱費を使用することはありません。基本料金を下げれば、年間で大きな節約になります。

    交通費をかけないようにする

    減らす交通費

    同棲しているときの交通費は、大きな出費になります。すぐに電車・バスなどの公共機関を利用する人がいますが、なるべく徒歩や自転車を心がけましょう。

    また終電を逃してタクシーに乗るなんて無駄がないようにするのも大切です。

    車持ちの場合は、駐車場の料金やガソリン代も高くかかります。少しでも抑えられるように、検討すると節約できるでしょう。

    お金をかけずに楽しめる工夫をする

    自然で遊ぶカップル

    同棲をしていると、旅行や外食など楽しみたいこともたくさんあるでしょう。これらを全て我慢する必要はありません。

    しかし毎回費用をかけていれば、お金が貯まらないのも当然です。好きな人とであれば、お金をかけずに楽しめることも多数あります。デート内容も工夫してみましょう。

    例えば、

    • お弁当を作って公園でピクニック
    • 無料で楽しめる動物園
    • 近場でおこなっている無料イベント

    などをチェックしてみてください。

    どれもお金はかかりませんが、2人でなら楽しめることばかりでしょう。工夫すれば楽しい無料デートはいくらでもあります。それを考えるのもデートの醍醐味になるでしょう。

    節約は大切でも無理をしすぎない

    節約を意識する女性

    同棲カップルの節約術には多くの方法があります。意識することで節約できることは多いでしょう。

    節約をするときに気をつけるポイントは、無理をしすぎないことです。節約を無理強いして、同棲が窮屈になっては本末転倒ですからね。

    楽しみながら協力し合い節約をするのが、同棲の節約術です。ぜひ2人で無理のない方法を考えてお金を貯めてくださいね。

    ABOUTこの記事をかいた人

    はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。