大学生カップルの恋愛事情とは?

社会人になってから「学生時代に恋愛をきちんとしておけば良かったな…」後悔する人は結構多いです。器用に気持ちを伝えられなかった頃の恋の失敗を、長く引きずっている人も少なくありません。

学生だからこそ、コミュニティの範囲は社会人より狭く、結構しがらみが多い恋愛をしている人もいます。共通の友人がいるなど狭いコミュニティならではの苦悩もたくさんあります。

今回は、そんな大学生カップルの恋愛事情についてまとめました。大学生の人はあるあるネタを、社会人の人は大学生の意外に窮屈な恋愛事情を、ぜひ読んでみて下さいね!

大学生カップルの恋愛事情とは?

出会いはバイトやサークルがほとんど

バイトする大学生

大学生が恋愛をする場と言えば、出会いはアルバイトかサークルで起きることがほとんどです。一緒に仕事を頑張ったり、スポーツを楽しむ時に、好きな人が出来やすいようです。

アルバイト先で恋をした場合は、毎日のアルバイトが楽しくなりますし、お金も稼げて一石二鳥です。同じ時間帯になるように調整をしたり、シフトを増やす人も多いです。

プチ社内恋愛のような雰囲気を楽しんだり、アルバイトが終わってから一緒に帰るのも定番の楽しみと言えるでしょう。一方サークルで恋愛を始めた場合、共通の友達が多い恋愛となります。

サークルを通した活動やイベントを一緒に楽しむことが出来ますし、学生時代の思い出と一緒に二人の思い出も増えていきます。どちらもとても楽しいものの、別れると一気に変わります。

狭いコミュニティだからこそ、アルバイト先やサークル先でギスギスしてしまったり、周囲に気を遣わせてしまいます。そのため恋愛関係に踏み切るには結構勇気が必要となります。

付き合うと『リア充』と揶揄される

リア充な女子大生

恋人が出来ると楽しいですよね。クリスマスやバレンタインなど、恋人達のイベントはもちろん、何気ない日常も楽しい日々に変わるでしょう。しかし、喜んでばかりもいられません。

恋人が出来て、精神的にも満たされているのは間違いありません。当然嬉しいし満足感は高いものの、付き合うことで「リア充」と周囲から揶揄されてしまいます。

ちょっと楽しそうにしていると、「はいはい、リア充で羨ましいでーす」といじられることも少なくありません。

「うちらはそっちと違って、リア充じゃないんで」と自虐ネタに困ることもあるでしょう。本当は恋愛が楽しいけれど、それを表に100%は出しにくい大学生カップルは結構少なくありません。

金欠のためドライブやお家でのデートが多い

ドライブデート

社会人と違って、大学生には夏休みや自由な時間がありますよね。長期旅行もできますし、気ままに恋愛に集中できて羨ましいと思う社会人も少なくありません。

しかし、いくら自由な時間があっても大学生には肝心の軍資金がありません。社会人ほど稼いでいないのが原因です。アルバイトで稼いでいても、学費や食費でほとんど残らない場合も多いです。

旅行に行けたとしても、社会人のようにボーナスがあるわけではないので頻繁にはいけません。車を持っていない場合も多いので、ほとんどが家でのデートとなっています。

大学生は金欠の場合が多く、「金がないから」と手頃な場所でデートを済ませてしましがちです。毎回同じところでマンネリしてくるカップルも多いのが現状です。

結婚を意識した付き合いは少ない

結婚するカップル

大学生のカップルは、まだ学生であるため社会人のように結婚を意識した付き合いでない場合がほとんどです。「可愛いな」「カッコイイな」という感覚で恋愛を楽しんでいるだけの人も多いです。

中には、「皆彼氏がいるし自分も欲しい」「彼女がいた方が楽しいから付き合いたい」という人もいるでしょう。Hへの進展は早いものの、まだ恋愛に対して結婚のような責任感はありません。

好きだから一緒にいるということがメインです。社会人のように年齢や生活の変化をきっかけに、結婚を意識しなければならない場面もないでしょう。そのため、恋愛に集中して楽しめます。

「好みだけど30歳の女性は結婚しないといけなくなるし…」なんて敬遠されることもありません。自由にちょっと気になった程度で、恋を試せる。それが大学生カップルの魅力です。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。