ちょうどいいカップルの距離感7つの特徴とは?

「彼のことは大好きだけれど、ずっと一緒にいると疲れてしまう」「一人の時間が取れないとしんどい」。

そんなふうに恋人との距離感に悩んでしまう女性は意外と多いです。

カップルがお互いに自然体でいられるちょうどいい距離感を知り、彼との交際を長続きさせるための参考にしてくださいね。

ちょうどいいカップルの距離感7つの特徴とは?

LINEの連絡が毎日じゃなくても気にならない

LINEの連絡

彼から毎日LINEで連絡が来ないと不安になっていませんか?

「なかなか返信が来ないと不安」「毎日連絡してくれないと気がすまない」。

そんな関係は二人の距離感を窮屈にしてしまいます。お互いに束縛されているような感じがして、リラックスして交際できなくなってしまうのです。

カップルは距離感が遠いと感じると不安になり、近すぎると思うとストレスを感じます。

連絡がとれず不安になる女性は多いですが、それで彼を責めたら彼の気を害してしまいます。相手とつながっていないと不安なあまり、一日何回も電話をしたり、何十通もLINEを送る人もいますね。

最初は「寂しいのだな」と相手も理解してくれますが、一日に何度も連絡が来たら次第に負担になっていきます。

LINEの連絡は毎日じゃなくても気にならない。忙しいときは連絡なしでも大丈夫。そんなふうに相手と信頼しあう関係のほうがストレスは溜まりにくいのです。

信頼関係ができていれば、無理に連絡を取る必要が無いのですね。

連絡はほどよい頻度を保ったほうが、カップルの関係はうまくいきます。相手の生活リズムや価値観を知り、互いに疲れない連絡の頻度を掴んでいきましょうね。

ファミレスでも楽しめる

ファミレスで楽しむカップル

無理に高級レストランばかりでなくても一緒にいられることに幸せを感じられる。そのような二人ならちょうど良い距離感を保ち、末永くラブラブでいられるでしょう。

良いところを見せたいと思って見栄を張り続けていると、どこかで無理が生じます。金銭的に厳しくなったりストレスが溜まったりして、交際に疲れを感じてしまうのです。

一方、見栄を張らずにファミレスでも楽しめる二人なら、自然体で過ごせるので疲れません。ありのままの自分を見せられる相手とは安心して付き合えますし、親しみがもてますよね。

無理をしなくても一緒に入られることに幸せを感じられる。そんなカップルならこの先も良い関係を築いていけるでしょう。

デートを工夫しようとする

デートを工夫するカップル

付き合い始めてしばらくたつと、彼と一緒にいることに慣れてきますね。彼の行動パターンも発言も読めるようになり、最初の頃のようなドキドキ感は無くなります。

そんなふうにマンネリはどんなカップルにも訪れます。しかし二人で乗り越えようと努力すれば、今以上に居心地の良い関係を築いていけるのです。

「彼と一緒にいてもときめかない」「なんだか最近マンネリ化してきた」。そう感じたらデートを工夫してみるのがおすすめです。

普段おうちデートが多い二人なら、思い切って計画を立てて旅行をしてみましょう。いつも映画や買い物デートばかりなら、スタジアムにスポーツ観戦しに行ったりするのも良いですね。

二人で料理をしてみたり運動をしてみたりと、いつもと違うデートに挑戦してみてくださいね。

普段と違うデートをすることで、交際スタートした頃のようなドキドキ感を取り戻せます。新鮮な気持ちを取り戻せば、また程よい距離感を保ってお付き合いできるはずですよ。

やることないカップルの休日の過ごし方7選とは?

2017.12.04

甘えあえる

甘えあうカップル

あなたは彼に遠慮なく甘えられますか?彼があなたに甘えてくることはありますか?

どちらも無理せず相手に甘えられる、そんな二人はちょうど良い距離感を保っているといえるでしょう。

甘えたり甘えられたりすることで互いに心が満たされるので、安定した交際が続けられるのですね。

しかしどちらかが我慢していると、一方だけ欲求不満になってしまい衝突してしまうことも。甘えあえる関係をつくるために、まずはあなたから彼に甘えてみましょう。

悩みを聞いてもらったり小さなお願いごとをしたりと、ちょっとしたことからで良いのです。あなたが彼を頼ることで、彼も安心してあなたに甘えられるようになるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。