倦怠期を迎えたカップルが試したい7つのことは?

どんなにラブラブなカップルにでも、倦怠期は必ず訪れると言われています。しかし、必要以上に倦怠期を恐れることはありません。倦怠期はカップルにとって必要な機会だからです。

倦怠期を迎えたからといって、関係が険悪になったわけではありません。2人の関係性を見直す必要があるから倦怠期が訪れるのです。

これからも一緒にいたいのであれば、倦怠期を迎えたからこそ今一度関係を見直すことが必要です。そして倦怠期を乗り越えるために2人に必要な努力を見つけましょう。

そこで今回は倦怠期を良い機会にするために、倦怠期を迎えたカップルにぜひ試してもらいたいことを7つ紹介します。

倦怠期を迎えたカップルが試したい7つのことは?

デートを工夫する

工夫を加えたデートプラン

デートというのは恋人らしい時間を過ごし、愛を確かめ高め合う時間であるため、カップルにとって必要不可欠なイベントです。しかし、交際が長くなるとその認識は欠けていってしまいがちです。

交際当初のような恋愛感情の高まりは長くは続かず、デートに重きを置かなくなっていってしまうからです。安定した関係を築けていることで、デートの重要性が低くなってしまうのです。

また、プランの候補も回数を追うごとに減るため、計画を立てづらくなるのも原因の1つでしょう。恋愛以外に熱中できるものができたことで、デートする時間が減った人もいるかもしれません。

特別なことをしなくても安定した関係でいられて、他のことに費やす時間が持てるようになることは決して悪いことではありません。本来のカップルのあるべき姿と言ってもいいでしょう。

しかし、倦怠期を迎えてしまったのであれば話は別です。安定した関係というのは愛情が薄れたのではなく、お互いを尊重できる深い愛情を手にしたことで築ける関係だからです。

倦怠期を迎えるということは愛情が不安定になっている証拠です。まずデートを工夫してみましょう。

愛を確かめ合う特別な時間であるデートを工夫して、素敵な時間が過ごせれば、きっと良い関係に戻れるはずです。

LINEの頻度を減らし、会うことを重要視する

LINEでの連絡のやり取り

倦怠期を迎えたカップルはお互いの存在が当たり前になりすぎている場合が多いです。そばにいるのが当然の生活に慣れてしまっているため、特別な存在だという意識が薄れてしまっているのです。

相手を改めて特別な存在であると意識するようにならなければ、倦怠期を抜け出すことはなかなかできません。

そのため、相手を当たり前の存在だと感じてしまう今の生活スタイルを見直してみましょう。おすすめなのはLINEの頻度を減らすことです。

LINEの頻度が減ると自分の生活の中で、相手を感じられる機会が著しく減ります。すると会いたいという気持ちを抱きやすくなり、会ったときには新鮮な気持ちになれるのです。

会いたいと強く思っている自分に気付くことで、改めて相手の大切さに気付くことができるでしょう。会うことが待ち遠しくなり、会えたことへの喜びも今まで以上に強まるはずです。

また、会ったときに新鮮な気持ちになれれば、付き合いたてのころのようにドキドキすること間違いないでしょう。きっとお互いを想う気持ちが強まり、愛情が深まるはずです。

1人の時間に集中する

集中して作業する女性

倦怠期を乗り越えるためには、2人の時間だけでなくお互いに1人の時間に集中することも大切です。お互いに今以上に成長することは、恋愛の刺激にもなるからです。

毎日を生き生きと過ごせているときというのは、色んなことに前向きになれるものです。物事がうまくいかなくても、何とかしようという意欲を持つことができます。

しかし、心が満たされていないときというのは意欲的にはなれません。倦怠期を脱け出せないカップルの背景には、こうした各々の精神的な問題が関与している場合が多いのです。

そのため、心を満たすためにも1人の時間に集中する時間を設けるようにしましょう。仕事でも趣味でも前向きに取り組み、自分に自信を持ち、有意義な生活を送れるよう努力するのです。

心を満たすことができれば自ずと何事にも前向きになれるはずです。倦怠期を迎えたとしてもどうにかしようと行動することができるでしょう。

また何かに集中することは自分磨きにもなるので、お互いに自分を磨くことで改めてお互いに魅力を感じるようになるはずです。きっと倦怠期を迎えた2人の気持ちに変化が出てくるでしょう。

彼の好きなとこ、嫌いなとこを書き出してみる

彼の良いところ悪いところ

倦怠期を迎えたカップルというのは、自分の気持ちがわからなくなっている場合が多いです。彼を好きだと自信を持って言うことができなくなっているのです。

愛情はドキドキだけで測れるものではなく、安心感や信頼も愛情の証です。付き合い当初みたいに盛り上がっていなければ、愛情がないというわけではないのです。

なかには本当に愛情がなくなったことで倦怠期を迎えたカップルもいます。しかし、多くは一緒にいすぎてドキドキしなくなったことにより、気持ちがわからなくなっているだけなのです。

自分の気持ちがわからないと彼への接し方もぎこちなくなり、倦怠期になりやすいです。自分の気持ちがわからないことが倦怠期の原因なら、彼への愛情を再確認することが突破口になります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。