両思いなのに不安になる理由と対処法とは?

両思いなのに不安になる理由と対処法とは?

片思いの時には、彼と両思いになることを夢見て頑張ってきましたよね。両思いになって、彼女になれたらどんなに幸せだろうと想像してきたことでしょう。

しかし、片思いには片思いの、両思いには両思いの悩みや不安はあるものです。

そこで今回は、「両思いなのに不安になる理由」についてまとめました。対処法も一緒に紹介していますので、ぜひ参考にして下さい。彼の気持ちが分からずに、彼女だからこそ悩む人は多いです。

「もう興味を無くしたのかな」と諦めるのは早いです。男女で恋愛の優先度の考え方にズレがある場合もありますし、仕事が忙しいこともあります。もしかすると原因が分かるかもしれませんよ!

不安になる理由

彼からの連絡が少ない

彼からの連絡が少ないことを悩む女性

両思いになって彼女のボジションになれたとしても、幸せなのは束の間で悩みを抱える人は少なくありません。特に多い悩みが「彼からの連絡が少ない」という場合です。

もちろん彼女なので、彼も連絡をすれば返事はくれます。定期的にデートもしますし、決定的なケンカもありません。それでも、「もう自分に冷めたのでは?」と思い不安になる人は多いです。

男性は一般的に、女性のように用事もないのにLINEや電話で雑談をすることがあまりありません。付き合ってから連絡頻度が減ったという人は、特に不安になるようです。

程度の差はあっても、大抵のカップルは皆付き合い始めの頃より、付き合いが長くなるほど連絡頻度は落ちてきます。新鮮さもなくなりますし、友達や仕事など他の付き合いもあるからです。

でもそれだけ、「一緒にいることが当たり前」と思っている場合もあります。それを「昔は毎日電話が来たのに…」と比べて不安になる女性は結構多いです。

彼が異性と楽しそうに話している

他の女性と楽しそうにする彼氏

たとえ彼女の立場になれたとしても、彼が他の女性と楽しくしている姿を見ると不安になる人も多いです。嫉妬のような感情と、彼女の立場が揺らぐのではという不安があるからです。

自分以外の女性と仲良くしていると、やはり気になるものですよね。あの女性は誰だろう?どうして親しく話しているのだろう?彼氏が私といる時より楽しそうだけれども、好きなのだろうか?

彼が相手にしていなかったとしても、あの女性は彼のことを狙っているのではないか?もしも、彼がその気になったらどうしようと不安になる人もいるでしょう。しかし、それこそが逆効果です。

過剰に不安になるあまり、彼氏を束縛したり、疑ったり、そういう行動がきっかけで、彼から愛想を尽かされることもあります。冷たくなった彼を見て、ますます不安になってしまいます。

負のスパイラルに陥ってしまわないように気をつけましょう。元々何もやましいことは無かったのに、彼女の束縛にうんざりして、他の子に目が行く男性は意外と多いです。

会ってもそっけない

素っ気ない彼氏と付き合う女性

付き合いが長くなると少し気になるのが、「最近会ってもそっけないな…」という不安です。昔みたいに積極的に話をしたり、話を盛り上げようとしない姿勢が気になる人も多いです。

連絡の頻度が落ちることもそうですが、やはり付き合い始めの頃と態度が変わると「飽きているのかな?」と不安になりますよね。「うん」「へぇ」というような相槌だけでは寂しいものです。

しかし、男性からするとそうでもない場合も多いです。付き合い始めの頃は、自分も気に入られたくて一生懸命話を盛り上げていた男性もいます。むしろ、昔の方が無理していたパターンです。

付き合いが長くなって、本来の素を出している自分が出せているという場合もあります。男性は女性のようにお喋りをすることはありませんし、家族とも相槌程度という人も多いです。

別れが怖い

別れを怖がる女性

彼氏の言動が付き合った後も特に変わらず、幸せな関係が続いている場合でも、不安になることがあります。他人から見れば、「幸せなのに何が不満なの?」と思う人もいるでしょう。

これは、「幸せすぎて逆に不安」という現象です。幸せなのは良いことですが、いつか元彼のように別れが来るかもと思うと、逆にこの幸せがなくなることに恐怖を覚えてしまいます。

彼が優しければ優しいほど、こんなに良い男性はいないと思いますよね。幸せが続けば続くほど、「もうこれ以上の恋愛はできないだろう」と感じるでしょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。