両思いかもと思う7つの瞬間とは?

片思いの恋を成就させるためには、両思いかもと思う瞬間を見流さないことが大切です。ただでさえ不安なことが多い片思いなので、確実に思いが通じるときを狙いたいですよね。

ですが、恋愛の駆け引きは難しいものです。どんな時、両思いに感じるかなんてなかなか分からない人は多いでしょう。

今回は、片思いの恋を抱えている人のために「両思いかもと思う瞬間」7つを紹介していきます。

好きな気持ちを伝えるチャンスを決めかねている人は、ぜひ以下のことからヒントを見つけてくださいね。

両思いかもと思う7つの瞬間とは?

誕生日をアピールされた時

誕生日アピール

相手の男性から誕生日をアピールされたことはないでしょうか。誰でも、好きな人には自分の誕生日を知っておいて欲しいものです。

なぜなら、もちろん相手からの誕生日プレゼントをもらいたいと思うからですね。自分自身も、以前、彼に対して誕生日を教えた人も多いのではないでしょうか。

そもそも、どうでもいいと感じている人に対しては、自分から誕生日を教えようとはしませんよね。誕生日を祝ってほしい相手にこそ、教えたくなるのが普通です。

大事な友達、そして特別な存在に感じている好きな人には誕生日を祝ってほしいものです。つまり、「俺、〇月〇日が誕生日なんだよね」と言われたら脈ありの可能性がありと思って良いでしょう。

ぜひ、彼の誕生日アピールを見逃さないでくださいね。

偶然かと思っていたことが、頻繁に起こることに気づいた時

たまたま好きな男性と会う女性

偶然、彼と同じ時間に帰れるようなことが続くと、本当に嬉しいですよね。たまたま家の近くで会う、好きなものがかぶるなど、偶然が重なると相手との間に運命的なものを感じてしまうでしょう。

「こんなに嬉しい偶然が重なるなんて…」と喜ばしく思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。その偶然は、実は彼が意図して行動しているからこそ起きている可能性があるのです。

つまり、彼があなたに好意を持って動いているからこそ起きる偶然というわけです。好意を持っているからこそ、偶然を装って帰る時間を合わせようとしているのです。

たまたまだと思わせて、同じような場所を行動しようとしたり、同じものを好きと言ったりしているのかもしれません。

もし好きな人との間に偶然が重なるようになったら、その偶然は彼の意図によるものである可能性は高いです。両思いであることに、期待しても良いでしょう。

自分の好きなキャラクターと同じものを持っていることをアピールされた時

スマイルのキャラクター

好きな人の持っているものは、ついつい細かくチェックしてしまいますよね。どんなものが好みなのか、知りたくなってしまうのは当然です。

もし両思いなら、彼もあなたのことをよくチェックしているはずです。特に、つけているキーホルダーやデスク周りのグッズなどは目に入りやすいでしょう。

そして、彼も同じキャラクターのグッズをそろえて、共通の話題を振ろうとしてくるはずです。好きなキャラクターや、同じグッズを持っていれば、話が弾むのは明らかですからね。

もし彼と「持っているものがよくかぶる気がする…」と思ったら、両思いである可能性は高いです。共通の話題で盛り上がり、一気に距離を縮めていけると良いですね。

飲み会で、気づいたら隣の席に来ていた時

飲み会の乾杯

飲み会の席はとても重要なものです。彼の近くに座れれば、飲み会中は一緒に話せますし、お酒の席ですから距離も縮まりやすくなります。

しかし、近くの席に座れなければ、それだけで不利な状況になってしまいます。席替えでもない限り、なかなか飲み会中は話すことができなくなってしまうでしょう。

そんな飲み会の中、気づいたら隣の席に彼が来ているようなことはないでしょうか。

最初に座る段階から、しっかり隣をキープしている場合もあるでしょう。もしくは、最初は席が違ったのに、盛り上がってきた段階で隣に来るようになったり、などです。

飲み会でわざわざ隣の席をキープしてくるのは、明らかに親しみを感じてくれている証拠です。しかも同じようなシチュエーションが重なれば重なるほど、両思いの可能性は高いでしょう。

飲み会は基本的に楽しい場なので、一緒に話して盛り上がりたい人の隣に行きたいですよね。わざわざ話しにくい人、あまり仲良くない人の隣をキープしようなんて思わないはずです。

彼が飲み会で隣によく来るなと感じたら、それは両思いであることに期待したいところです。

誰でもできる、さほど困らない用事まで手伝ってくれた時

仕事の手助け

好きな人の力になれるなら、どんなことでもしてあげたいと思うのが男性の恋愛心理です。好きな人に対しては、どんなささいなことでもサポートしたいと男性は思うのです。

自分自身が特に困っていないときでも、彼が力を貸してくれたことはないでしょうか。しかも、誰でもできるような簡単なことでも、です。

一人で当たり前にやっていることを手伝ってくれたり、女性でも持てるような荷物を持ってくれたり…というような場面ですね。

サポートしてくれたことには感謝しつつも、「なんでこんなささいなことを?」と感じるかもしれません。それは、彼があなたに特別感を感じている証拠なのです。

特別な存在で、好意を持っているからこそ、力になって頼りがいがあるのをアピールしたいのです。そう、男性としてのカッコよさを見てもらいたいという気持ちもあるのでしょう。

普段からよく助けてもらうようになった気がする…というときは、両思いの可能性ありです。素直に感謝を伝えられれば、彼ももっと接近してくるはずですよ。

あまりにも小さな事だけど、確実に自分だけ高待遇な事に気付いた時

特別なメッセージ

男性が好きな女性に対して必ずする行動は、「特別扱い」です。あまりにも小さなことでも、自分だけ高待遇だな…と感じたことはないでしょうか。

他にも女性が周りにいるのに自分だけレディファーストな扱いを受けている…など、明らかに特別扱いですよね。周りの待遇に対して自分だけ違うと感じたら、両思いの可能性が高いのです。

男性は好きな女性を無意識に「お姫様扱い」してしまうものです。戸惑うくらい高待遇を受けている…と感じたら、告白のチャンスかもしれませんよ。

些細な自分の好物を覚えていてくれた時

好物のパンケーキ

正直、他人の好物なんて細かいところまでは覚えていないですよね。友達の好物でも、本当にメインのものしか分からない人は多いでしょう。

ですが、好きな人となると話は別です。好きな人の細かい好みは熟知していることも多いはずです。

あなた自身も、彼の細かい好みをチェックして、プレゼントには何が喜ばれるかなど考えますよね。好きな人の好みは、自分の好感度アップにも繋がるからです。

「細かいところまで見てくれている」という姿勢が伝わってくるのは、相手にとって嬉しいはずです。そしてそれは、男性側も同じです。

好きな人が、自分のささいな好みを覚えてくれていると感じたことはないでしょうか。周りの人が覚えていないような食べ物の好みなどですね。

細かい好みを知ってくれているのは、もちろんあなたのことを彼がよく見てくれている証拠です。少なくとも、彼はかなりの親密さを持って接してくれていることに間違いはありませんよ。

両思いかもと思う瞬間を見逃さない

両思いの瞬間

両思いかもと思う瞬間についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。これから彼にアプローチしていくうえで、ぜひ参考にしてみてくださいね。

好きな人と親密になってくると、告白するタイミングにいよいよ悩み始めるものです。できれば「両思いかも」と勝算アリのうえで、告白には挑みたいですよね。

そのためにも、好きな人からの脈ありサインは見逃さないでおきたいところです。好きな人と結ばれる女性の多くは、やはり相手の男性の気持ちをある程度察しているものなのです。

好きな人を前にすると、どんな男性もやはり行動が変わってきます。ぜひ、彼の行動の変化をよくチェックしてみてくださいね。

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。