両思いになると冷める理由と対処法とは?

両思いになると冷める理由と対処法とは?

あんなに恋焦がれていた片思いだったのに、何故か付き合いだすと気持ちが冷めてしまうという人がいます。自分でも、本当に好きだったはずなのに何故冷めたのか分からないようです。

よく、男性の恋愛で「釣った魚にエサをやらない」と表される場合がありますよね。女性を落とすまでは甘い言葉をささやいて、プレゼントをするけれど、関係を持つとクールになる人もいます。

今回は、「両思いになると冷める理由と対処法」についてまとめました。自分自身も、長く続く交際をしたいと思っているのに、すぐに別れてしまうと言う人はぜひ参考にして下さい。

もしかすると、理由を自覚して対処法を意識するだけで改善できるかもしれませんよ!

両思いになると冷める理由とは?

自分に自信がなく相手と向き合うことが怖くなる

相手と向き合うのを怖がる女性

両思いになると冷める理由として、「自分に自信がないために、向き合うのが怖くなる」ということがあります。両思いになるなんて夢のような幸せな話なのに、なんだか不思議ですよね。

しかし、自信のなさが理由で気持ちが冷めてしまう人は、意外と少なくありません。正確には、気持ちが冷めると言うよりも、「気持ちにブレーキがかかる」と言った方が良いのかもしれません。

片思いの時には、自分が彼を想っているだけである意味安全です。これから距離が縮まれば良いなと夢を見たり、好きになってもらう努力をするのも楽しいでしょう。

しかし、両思いを確信してしまうとどうなるでしょうか?今が「好き同士」のピークだったとして、嫌われないようにしなくてはという変な気遣いをしてしまいます。

もしかすると幻滅するかもしれない。付き合ったことを後悔するかもしれない。彼に嫌われたらと思うと怖い…と思うあまり、気持ちが消極的になってしまうことが原因になります。

理想が高くなり過ぎている

理想が高くなる女性

両思いになると気持ちが冷める原因の1つに、「理想が高くなりすぎている」ということが考えられます。彼が好きというよりも、恋に恋している状態の人によく見られる現象です。

「恋をしている自分が好き」「彼が好きな自分が素敵」というように「彼」との関係ではなく、自分の中で舞い上がっています。そういう場合は、ちょっとしたことで冷めやすくなります。

例えば、男性が仕事が忙しくあくびをしていると、「私といるのにあくびをするなんて!」と冷めてしまいます。相手の心配よりも自分のことで頭が一杯です。これでは、上手くいきませんよね。

いくら両思いの男性といっても、人間は完璧ではありません。今までは一生懸命格好つけていたことも、ボロが出たり素で接することもあるでしょう。

理想が高くなりすぎて、少しの減点も許せないとなったら誰とも恋はできません。理想は理想のままで良いので、現実的な許容範囲も広く持つようにして下さい。

自分のトキメキが第一のため、心の中に相手がいない

ときめく女性

両思いになると冷める人の特徴として、「恋は自分のトキメキが第一」という傾向があります。一般的に、交際をすると相手のことを考えますよね。

相手が嫌がることは何か。相手が喜ぶことはなにか。どうしたら嬉しいと感じてくれるか…など、何かしてあげたいという気持ちが沸いてきます。しかし、このタイプにはそれがありません。

もっとドキドキさせて欲しい。サプライズもして欲しいなど、「私のトキメキ」を大切にしています。相手がどう思うかなど、思いやりや配慮に欠けていることが多いです。

付き合うか付き合わないかの恋の駆け引きや刺激が楽しいため、両思いと分かると熱が冷めてしまいます。平和で穏やかな愛情を「退屈」と思ってしまうので、両思いになると冷めるのです。

対処法とは?

自分に磨きをかけて自信を養う

自信を養う女性

両思いになっても冷めないためには、まず「自分に自信を持つ」ことが大切です。特に、冷める原因が「彼に嫌われるのが怖くて消極的になってしまう」というものならば、絶対身につけて下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。