元彼への恨みを解消するには?

恋人との別れは、何かしらのトラブルやつらい思いがあるものです。好きで一緒にいたもの同士ですから、別れる時にはそれなりの理由があって当然です。

特に、浮気をされたり金銭の問題があったり、何かしらの嫌な思いをさせられて別れた場合。元彼への「恨み」があってもおかしくはありません。

さらに自分は辛い思いをしているのに、元彼が楽しそうに暮らしていたら、余計に恨んでしまいますよね。感情が良くない方向に行っても無理のない事でしょう。

確かに、元彼に対して恨んでしまう気持ちは仕方ありません。でも、いつまでも元彼に囚われていても良いのでしょうか?恨みをずっと引きずっていても、あなたが幸せになるわけではないのです。

それではどのようにして元彼への気持ちや恨みを解消したら良いのでしょうか。

元彼への恨みを解消するには?

復讐しようとしない

NGサイン

彼に恨みがあるわけですから「復讐してやる!」という気持ちになることもあるでしょう。例えば、元彼にたくさん連絡したり迷惑メールを送ったり、実際に会って文句を言ったりするなどです。

恨みが強いほど、彼に嫌な思いをさせてやろうという気持ちも強くなります。ただ、実際に復讐してはいけません。なぜなら、復讐したとしても、むなしくなるだけだからです。

復讐することの目的は何でしょう?復讐しても彼との関係が良くなるわけではありません。あなたの嫌がらせでさらに嫌われるだけです。

そして元彼が嫌な思いをしたとしても、あなたの直接の幸せになるわけではありません。辛い恨みを本当に解消することにもつながらないのです。

もしどうしても復讐をしたいとなったら、それはあなたが幸せになること。相手に何か攻撃をすることではないのです。

恨むのは傷つけられたから

傷つけられて悲しむ女性

そもそも何故元彼を恨んでいるのでしょう?恨んでいる理由は、あなたが傷つけられたからですよね。

ひどい振られ方をされたり、二股をかけられていたりしたとしたら、恨む気持ちになっても仕方ないかも知れません。本当に辛くて、ひどい事だったのでしょう。

ただ、恨み続けるのはあなたが元彼に依存しているという証拠でもあります。恨めば恨むほど、彼に執着していくのです。恨むことで彼との関係を続けさせているといって良いでしょう。

確かにあなたは傷つけられたかも知れませんが、その傷にずっとこだわっていても良い変化はありません。傷つけられた感情を忘れない事で、元彼のことを忘れられないようにしているのです。

あなたは彼に執着して、依存していますか?「あんな人に依存なんてしていない」と言えるなら、恨みという気持ちも手放してみてはどうでしょうか。

恨みを解消するには?

恨んでいる理由を書き出す

紙に恨みを書き出す女性

具体的に元彼への恨みを解消する方法を実践しましょう。紙とペンを用意して、元彼を恨んでいる理由を書き出してみてください。心に浮かんだままのことを書き出せば良いのです。

まず書いてみることだけでも、気持ちがすっきりするはずです。書く前はもやもやと黒い感情があっただけですが、書き出せばその原因が目に見えてわかるからです。

紙に書き出す時には、元彼のことを思い出さなくてはなりません。記憶が蘇って怒りが沸き起こったり、悲しくなったりするかもしれません。感情を素直に発散させれば良いのです。

恨みの原因と、結果である感情を吐き出してしまってください。そして文章にすることで、なぜ恨んでいるのかをあなたは再確認できます。

恨みの原因は消えませんが、どうしたらあなたの気持ちがほぐれるのかが見えてくるでしょう。今後どうしていきたいのか?ということも見えてくるはずです。

元彼に向き合うのではなくて、自分自身と向き合ってみるということです。

元彼にはもう会わない

別れの挨拶

恨みの解消方法のもう一つは、もう元彼とは関係をなくすということです。会うことはもちろん無いようにして、SNSやLINEなどもブロックしたり、メンバーから外したりします。

恨みの対象が目に入ったり、情報が耳に入ってきたりするために、いつまでも恨む気持ちが消えないのです。見ることもなく、耳に入っても来なければ、いないのと同じです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。