元彼にストーカーされやすい女性の特徴とは?

別れた後、彼氏がストーカーになってしまい悩む女性は少なくありません。全く知らない男性からストーカーを受けるのも怖いですが、元彼がストーカーというのも本当に怖いものです。

元彼というのは、自分の電話番号や住所など個人情報も知っています。以前は恋人だったので、当然交友関係も把握しているでしょう。元彼からのストーカーは、本当に厄介なのです。

今回は、元彼からストーカー行為を受けやすい女性の特徴についてまとめました。一般的に、ストーカーはあなたの意識とは関係なく、勘違いをすることから始まる場合が多いです。

自分はこの特徴に当てはまっていないかチェックして、なるべくターゲットにされない行動をとるようにして下さいね!

元彼にストーカーされやすい女性の特徴とは?

感情の起伏が激しい

木にに頭を打ち付け悩む女性

元彼からストーカーをされやすい人の特徴として、「感情の起伏が激しい女性」があります。例えば、さっきまで甘えていたのに、嫌なことがあるとすぐに「別れる!」と怒ったりする女性です。

そういうタイプの女性は、男性からすると「なんで?」「急に怒り出した」と原因すら理解不能です。別れても疑問だらけで納得できないため、付け回してしまう人も多いです。

また、感情の起伏が激しいのはこれまでの付き合いで分かっているので、本気にされない場合もあります。
「どうせ勢いで言っているのだろう」と本気の別れだと思わないのです。

本当に関係が終わったと知った時に、想定外の出来事に感情が爆発することも珍しくありません。「あんな別れ方認めない!」と未練がましく言ってくるので要注意です。

曖昧な別れ方をする

呆然と立ち尽くす男性

彼氏に別れ話を言う時、どのように切りだしますか?これまで付き合ってきた恋人に、別れを言うのは辛いですよね。相手が自分のことを変わらずに好きだと言ってくれているなら尚更です。

元彼には悪く思われたくないですし、自分を好きだと言ってくれるなら罪悪感もあるでしょう。ストレートに伝えづらいと考えてしまうと、つい別れ話をオブラートに包みすぎる傾向が出てきます。

しかしそれこそが、元彼をストーカーにさせてしまう原因です。ハッキリと別れを言われなかったために、まだ付き合っていると勘違いをしている場合もあります。

また、曖昧な言葉を使うと「嫌われてはいない」「復縁のチャンスはある」と余計な期待を抱いてしまう場合もあります。無理に傷つけることは言わなくても、別れたい意思はきちんと伝えましょう。

別れたい理由を話さない

涙ぐむ女性

別れを選んだ理由が、「他に好きな人ができたから」「こういうところが嫌だから」という場合がありますよね。どちらにしても、相手が傷つくことは予想できるので、とても言いにくい理由です。

言いにくいからと別れる理由をきちんと言わなかった結果、元彼がストーカーになるのはよくある話です。「別れて欲しい」だけを伝えた場合、理由が無いので納得できません。

納得できないと「もう1度きちんと話してほしい」「別れるなんてダメだ!」と付きまとう可能性も高いです。そして、きちんと理由を話さなかったために「まだ付き合える」と思い込みます。

好きな人がいると知れば、「彼女の気持ちは自分にない」と理解します。自分のダメなところを言われたら、言い返すこともできません。理由は言いにくくてもはっきり話すのがおすすめです。

別れた後も連絡をとる

別れたのに電話してくる男性

恋人としては別れたものの、1度は好きになった人ですし、友達に戻りたいという女性は少なくありません。理由としては、「人としては好きだから」「自分の理解者であるから」が多いです。

また、振ってしまった罪悪感や周囲に冷たい女だと思われたくなくて、今までと同じように連絡を取り合う人もいるようです。しかし、これでは別れた意味がありません。

彼からしたら恋人の時と全く同じですよね。別れた実感もなければ、まだ復縁可能なはずだと余計な期待を持たせてしまいます。元彼の未練が消えないのも仕方ありません。

2人は別れたのだと認識してもらうこと。もう気持ちは無いのだと実感してもらうこと。あなたの気持ちや恋人ではなくなった事実を正確に把握してもらうことが何よりも大切です。

無意識に恨まれている

怖い元彼

https://e-kantei.net/?adv_id=wp_symply

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。