キステクを高める7つの方法とは?

「ムードに酔ったから」、「お互いの気持ちが高まったから」、「何となく」、キスのタイミングは様々です。実は、生き物のなかでも恋愛感情からキスをするのは人間だけなんです。

好きな人とのキスは気持ちよくて幸せを感じる行為の1つですよね。しかし、いつも同じようなキスでは彼も飽きてしまうかもしれません。

毎回、彼からのリードに頼ってばかりじゃありませんか?恥ずかしくて受け身な人もたまには積極的に自分からキスしてみましょう。少しの工夫でキスはもっと盛り上がります。

いつもより少し積極的なあなたで彼をメロメロにしちゃいましょう。今回はキステクを高める7つの方法についてお伝えします。

キステクを高める7つの方法とは?

ソフトからディープキス

濃厚なキスをする男女

キスをするときに大切なのは「間とテンポ」です。キステクが高い人は、この「間とテンポ」の使い方がうまく、そのうまさが色気のあるキスに繋がっています。

唇に触れる前から、唇から離れるまでがキスです。「間とテンポ」はその間、常に意識しましょう。いつもより色気のあるキスをしたいのなら、まずは唇に触れる前にキスの雰囲気作りからです。

彼の目をじっと見つめましょう。そして、顔を近づけて唇がつく3cmぐらいまで接近して、ストップです。

その時の目線は彼の目ではなく、彼の口元を見ると色気が増しますよ。「間」の1番のポイントは、唇を合わせる前に少し停止するところです。このじれったい時間こそがドキドキには欠かせません。

そのとき、少しずつ彼の首の後ろに腕を回して、身体全体で彼に近づいておきましょう。首や肩などに腕を回すことで、彼に「しばらくキスしたい」のサインを送ることができます。

男性にとってのキスは、あくまでエッチまでの順序であり、女性ほどキスを愛情表現として重要視していない人が多いものです。

だからこそ、キスに集中したいサインを女性から送ることが必要なのです。そうすることで男性も時間をかけてキスをしようと、キスに集中してくれるでしょう。

そして、まずはソフトにキスをしましょう。いきなり濃厚なディープキスはまだ我慢してください。彼の唇をあなたの唇で優しく愛撫するかのように。

ペースとしては、普段よりゆっくりめにしましょう。お互いに気持ちが高まってから、ディープキスへ進むといつもより興奮度が増すはずです。

シチュエーションも大切

夜景をバックにキス

ムード作りは必須です。そのムードを演出するにはシチュエーションが鍵となります。なかでもこっそりキスできる場所はドキドキ感が満載で、さらに興奮すること間違いなしです。

王道は映画館です。上映中は顔も見えにくいほど薄暗く、密着して座るのでキスしやすいはずです。

ただし、他の方の迷惑になるので、よこしまな思いがある場合はできるだけ後ろの席に座るのがマナーです。

他にも、BARや階段もおすすめです。BARはお店自体がムードに溢れており、比較的薄暗いお店が多いです。

また、徐々に雰囲気を盛り上げたいのなら、お店に上がる前に階段でこっそりキス、なんていうのもドキドキ感満載です。

唇のコンディション

潤いのある唇

キステクを高めるために1番大切なことは、事前のリップケアです。唇のコンディションで、気持ち良いキスができるかどうか懸かっているといっても過言ではありません。

触れた瞬間にガサつくなんて、色気を感じるどころか興ざめです。ぷるぷる唇を手に入れるためのお手入れは、キステクを高める最も大切な要なのです。

そもそも唇の皮はとても薄く、皮膚のように自らで油分を分泌できません。だからこそ乾燥しやすく、普段からのお手入れを怠るとすぐにカサカサになってしまいます。

特に冬は空気が乾燥しているために、夏は紫外線のために普段より唇がダメージを受けやすいので注意しましょう。

リップクリーム以外にも、蜂蜜の保湿作用を利用したはちみつパックや、ワセリンを唇の縦シワに沿って塗るケアもおすすめです。

皮がむけているからと言って無理やりむかないように注意しましょう。余計に悪化して、ひどくなると血が出ます。

唇が乾燥しているからと、舐めるのもタブーです。自分で唇の油分を拭き取るはめになるので、乾燥を悪化させる原因となります。

髪など匂いに気を遣う

良い匂いのする髪

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。