キスの上手い下手の7つの分かれ目とは?

キスは大好きな人と欠かせない愛情表現の1つですよね。大切なキスだからこそ、好きな彼にも気持ちよくなってもらいたいと思っている女性もいるのではないでしょうか。

気持ちよいキスができれば、お互いの愛情はさらに深まるはずです。今回はキスの上手い下手について考えてみます。素敵なキスを身につけてくださいね。

キスの上手い下手の7つの分かれ目とは?

唇のコンディション

潤っている唇

いつどこで大好きな人に出逢ってもいいように、意識して整えておきたいのはお口のトータルケアです。

外出時のリップグロスはもちろん、唇のための美容液も、輝く女性たちの必需品になりつつあります。潤いのある”ぷるん”とした唇は、多くの男性に支持されています。

そして、男性も女性も気になるのは香り。デンタルケアを怠らないだけでなく、香りも工夫しましょう。

食後にミント系のタブレットで慌てて準備すると…。「あれ。口からミントの匂いがする。やる気満々かよ」と事前にバレバレになります。

ヘアケアやスキンケアと共に、積極的になれる自分らしいお口の香りも決めておくとどうでしょうか。

レモンやシトラス、オレンジなどの柑橘系。バラやイチゴなんかの甘い香り。目指したいのは、バレない程度のほのかな香りです。

優しさと思いやり

思いやりのあるキス

出逢ってすぐの頃も、ふたりの関係が実ってからも、ベースにあるのは常に優しさと思いやりです。

優しい愛情や相手を思いやる心を存分に言葉や態度で表現するのがキスでしょう。

食事をしているときや、ふたりで電車に乗っているときなどに、「好き、好き」オーラ全開にしても効果は薄いはず。

けれど、ふたりの世界になればその効果は絶大です。相手の手にそっと触れる、優しく頬を撫でる。抱きしめる、うつむく、見つめ合う。

どれもこれも、ふたりの世界においてはプラスに働いていく期待感に溢れていますよね。

キスするときのスキンシップや言葉を含めた優しさや思いやりは相手に伝わります。そして、気持ちの面でも彼は満たされていくのです。

雰囲気づくり

キスしたくなるようなシチュエーション

よほど無神経でなければ、ほとんどの場合はキスシーンの場所には配慮をするはずです。人が少なめの公園や池のほとり、海辺や遊歩道など、選択肢は様々。

でも、彼が慎重でなかなか関係が進まない場合、女性側からそっと助け舟を出してあげる。これも雰囲気づくりの一つでしょう。

生真面目に彼女を家まで送り届けようとしている彼に、「今日はまだ時間大丈夫」「少し散歩したい」と伝えましょう。

近づくチャンスを与えてあげるのも雰囲気づくりになります。

緊張の緩和・自然体

自然体でキスする2人

ふたりの間に信頼関係があれば、相手に身をまかせる、場の空気に身をあずけることは自然にできます。

あれこれ考えることなく、肩の力を抜いて、流れに沿って心をゆだねていく。素敵な時間ですね。

難しいのは、何か不安材料がある恋愛関係や、これから信頼関係が築かれる初期段階でしょう。

迷いや不安が体を緊張させ、表情や唇を硬直させてしまいます。経験の浅い、初恋の頃のような不器用さが表に出てしまう経験がある人もいるのではないでしょうか。

自然の成りゆきとは言え、態度や行動までがガチガチだとさすがに彼も引いてしまうかもしれません。肩の力を抜く方法は、相手を観察しすぎないこと。考えすぎないことです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。