キスの受け方7つのポイントとは?

キスは恋人同士の大切なスキンシップです。彼からキスをされるとき、「どうやって受ければ良いのかな?」と考えたことはありますか?

キスの受け方が分からずに不安になったり、彼がどう思っているのか心配になったことがある方もいるのではないでしょうか。

今回は、キスの受け方7つのポイントについて紹介します。

キスの仕方は人それぞれですし、シチュエーションもさまざまです。今回ご紹介するキスの受け方のポイントが全てに当てはまるわけではありません。

ですが、ポイントを頭に入れておくことで、今後キスを受けるときの参考になるはずです。

キスの受け方7つのポイントとは?

基本的に流れに身を任せる

キスをリードしてくれる男性に任せる女性

普段キスをするとき、あなたからではなく、彼がリードしてくれる機会が多いのではないでしょうか。そんなときは、基本的に彼のリードの流れに身を任せてみましょう。

キスをどう受けるべきか、悩んで難しく考える必要はありません。彼の動きやタイミングに合わせることで、自然にキスを受けることができます。

付き合い始めなど、彼とのキスの回数が浅いうちは、合わせることに難しさを感じる場合もあります。ですが、慣れないうちは仕方のないことです。

回数を重ねていくうちに、次第に動きやタイミングに慣れていくことができます。彼のリードに身を任せることで、彼のキスの仕方やキスの好みも分かるようになりますよ。

彼の動きやタイミングを理解しておくことで、彼がリードしてくれるキスだけでなく今後あなたからキスをするときにも役立ちます。

受け身の自分が気持ちいいなら彼も気持ちいい

気持ちの良いキス

キスをしていて、「彼はちゃんと気持ちいいと思ってくれてるかな?」と心配になったことはありませんか?

キスは恋人同士の大切なスキンシップですから、自分だけではなく、彼にも気持ちいいと思ってほしいですよね。

ですが、あなたが彼とのキスを気持ちいいと思っていれば、それほど心配する必要はありません。受け身の自分が気持ちいいと感じるキスは、彼にとっても気持ちいいものです。

逆に、心配をして変に意識をしてしまうと、キスに集中することができなくなってしまいます。動きが固くなってしまって、彼も違和感を覚えてしまう可能性が高まってしまいます。

自然と気持ちいいキスが出来るのは、彼との相性が良い証拠です。あなたが気持ちいいと思えるキスは、心配せずに自然に受け入れましょう。

声が出てしまうならこらえようとしない

出てしまいそうなら吐息

キスをしているとき、思わず声が出そうになってしまうことがあります。恥ずかしさや嫌われたくないという思いから、ついつい漏れそうな声をこらえてしまっていませんか?

声が出てしまいそうなときは、無理してこらえる必要はありません。我慢せずに思い切って声を出してみましょう。恥ずかしさがある場合は、少しずつでも問題ありません。

声を出すことで、よりムーディーな雰囲気になる可能性が高まります。キスの最中に声が出てしまったことに対してマイナスに捉える男性はほとんどいません。

むしろあなたの声とムーディーな雰囲気に彼の興奮度は高まるはずです。そうすることで、彼はあなたが気持ち良くなってくれている、キスを受け入れてくれている、と感じることが出来ます。

キスからの次のステップにも進みやすくなりますよ。

息は止めず鼻呼吸

鼻で息する女性

キスの最中、彼が気にしていないか心配になるのが鼻息です。キスをしているときは口が塞がっている状態で、どうしても鼻息が荒くなりがちです。

特にディープキスなどの長いキスのときなど、無理に息を止めたりしていませんか?いつもより鼻息が荒くなって、顔も至近距離にあるため心配してしまうのは仕方のないことです。

ですが、キスをしているときは無理して息を止めずに、鼻呼吸をするようにしましょう。

このとき、多少鼻息が荒くても問題ありません。ディープキスのときは、お互いに気分が盛り上がって鼻息は荒くなるものです。自分の鼻息が気になっても、彼はそれほど気にしていません。

むしろ、鼻息が荒いことでお互いの興奮度が伝わって雰囲気が高まります。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。