キスがストレス解消になる7つの理由とは?

毎日のようにストレスにさらされながら生きていかなければならない現代社会で、あなたのストレス解消方法は何でしょうか。

カラオケやお酒など様々あるストレス解消法ですが、そのなかでもキスはストレス解消の特効薬です。好きな人とのキスは最高に幸せを感じる瞬間ですよね。

おはようのキス、ただいまのキス、求め合ったキス、色んなキスがあります。実はキスは、好きな人とのただのスキンシップにとどまりません。

ストレス解消にも効果があるということが科学的にも証明されています。つまり、キスによる幸福感は恋愛効果だけでなく、心身ともに効くのです。

今回はそんなキスがストレス解消になる7つの理由についてお伝えします。

キスがストレス解消になる7つの理由とは?

全身の力が抜ける

リラックスするカップル

好きな人とのキスはドキドキするのは当たり前ですが、同時に心が温まるものです。特に優しいキスをされると、とても安心しますよね。この安心感もキスの作用の1つです。

全身の力が抜けるのは、リラックスしている証拠です。例えば、お別れのキス。お別れのキスをした後は、穏やかな気持ちにもなった経験を持つ人もいるでしょう。

彼と付き合ってよかった、彼の隣は居心地が良い、というように安心感からあらためて彼への好意を自覚することが出来る瞬間です。

また、付き合って初めてのキスで全身の力が抜けた経験がある人もいるでしょう。キスには、互いの距離を縮める効果もあります。

キスで相手のことが少し分かったような気持ちになり、それまで抱えていた不安が吹き飛んでしまうのです。キスはもどかしい気持ちを瞬時に解消してくれます。

不安を安心感に変える作用もキスの効果なのです。

幸せな気分になる

幸福感を味わるカップル

キスがもたらすリラックス効果と幸福感はどちらもキスによって分泌されるホルモンが影響しています。そのホルモンとは、オキシトシンとセロトニンです。

オキシトシンは血圧の低下や心拍の減少を促す作用があります。そのため、疲れを癒やしてくれる効果があります。

また、人間は愛情を感じることで幸福感に包まれますが、そう感じさせる働きもオキシトシンは持っています。

そして、セロトニンは、ストレスによるネガティブ感情にブレーキをかけ、精神的に安定させる作用があります。マイナス感情をコントロールしてくれるのです。

また、セロトニンはストレスを解消する手段の1つである「睡眠」の質の向上にも効果を発揮します。キスによって分泌されるこの2つのホルモンのおかげで幸せな気分になれるのです。

緊張感がなくなる

緊張がほぐれた状態

人間はストレスを感じるとコルチゾールというホルモンが増殖します。このホルモンが増えると、免疫力が低下して、風邪を引きやすくなったり、食欲を抑えられずにドカ食いをしてしまったり。

ある一定量は無くてはならないホルモンですが、増えすぎると悪影響なホルモンです。そんなストレスホルモンと言われるコルチゾール、実はキスをすることによって減少するんです。

キスをすると、気持ちが落ち着きますよね。キスをすると脳内がアルファ波状態となり、エンドルフィンが分泌されます。

このエンドルフィンは、精神を落ち着かせ、リラックスさせてくれる作用があります。

このエンドルフィンがイライラの原因となるコルチゾールの濃度を急激に抑えてくれる結果、気持ちが落ち着くというわけです。

科学的には、20秒のキスでストレスレベルは大幅に低下するといわれています。

特に部屋でのキスはリラックスした姿勢

部屋で落ち着く2人

家デートでのキスは2人きりの空間なので、イチャイチャし放題です。一緒に映画を観たり、ベッドでゴロゴロしたり、一緒に料理をしたり。

人前では恥ずかしがってイチャイチャできない彼も、家では人目もありません。キスするタイミングもいっぱいです。

細かいことを気にする必要はありませんから、自分が「したい」と思ったタイミングでキスしちゃいましょう。特に家で2人でリラックスしている状態はキスするタイミングにおすすめです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。