男友達とのキスはあり?なし?

男友達とのキスはあり?なし?

男友達とキスする展開が訪れたらあなたはどうしますか?友達だからと拒みますか?嫌われたくないからと受け入れますか?

男友達とのキスをありとして受け入れるか、なしとして拒むかで、その後の関係が大方決まってきてしまいます。かと言って必ずしもありなわけでも、なしなわけでもないのです。

男友達でもキスするのはありか、なしかは自分で判断するしかありません。

そこで今回は男友達とのキスに対する反応に悩んでいる女性のために、男友達とのキスがありの理由と、なしの理由を紹介します。

男友達とのキスがありの理由

好きな奥手男子と関係を進めるのに有効

キスして恋愛関係に進める女性

世の中には女性とお付き合いすることに積極的な男性ばかりではありません。交際に発展させたくても自分から行動することを苦手とする奥手男子も存在するのです。

もし好きな人が奥手男子である場合、受け身で告白してくるのを待っていても希望はあまり持てません。交際につながるように自ら積極的に関係を進める必要があります。

好きな奥手男子と関係を進めるためにはキスが有効的です。自分からキスをして恋愛感情を持っていることを伝え、一気に関係を深めるのです。

もちろん全く相手から好意を感じられないのにキスするのは、不快に思われる可能性もあるためNGです。あと一歩のときにキスして、そのまま交際につなげましょう。

どんなに奥手男子でもキスをされれば、恋愛対象として強く意識するはずです。キスをされたことで今までとは違い、好意を持たれている自信もつくはずなので、告白してくる可能性も大です。

男友達であっても好きな相手が奥手男子の場合、関係を進めるためにはキスするのはありと言えるでしょう。

何となくその場の流れでいいかなと思えるなら

その場の雰囲気でキスする女性

キスしていいかは自分が決めることです。大事なのは結局その人とキスしたいかどうかなのです。何となくその場の流れでいいかなと思えるのなら、男友達でもキスするのはありでしょう。

たとえばお酒を飲んで気分がいいときなど、無性にキスしたくなることはありませんか?

どんなに気分が良くても興味のない相手であれば、キスしようとは思わないはずです。普段は理性や他の感情が邪魔をして行動に移せないだけで、心の底ではキスしたいと思っているのでしょう。

キスには勢いが必要であり、ちゅうちょしていてはいつまで経ってもキスすることはできません。

なかなかキスできないのなら、お酒を飲んでいるときなど心が開放的で勢いがあるときを利用しましょう。

実際に勢いでキスをして上手くいくパターンも多々あります。恋愛にはときに自分の気持ちに忠実に、勢いで行動することが必要はこともあるのです。

相手が男友達であっても何となくその場の流れでいいかなと思ったのなら、キスするのもありです。何もできずに時間だけが過ぎるよりも、よっぽど関係に変化を与えられるはずです。

無反応で真意を探る

キスしてきた男性心理を探る女性

男友達とのキスは自分からでない場合もあるでしょう。男友達からキスをされた場合、交際に発展させるためにも、遊び相手にされないためにも、キスした真意を探る必要があります。

特に何となくいいかなと思う男性からキスされたら、必ず真意を確かめましょう。そのためには、キスされたらあえて無反応で怒ったふりをすると効果的です。

もし男性があなたに好意を持っていてキスしてきたのであれば、無理やりキスされて怒っていれば慌てるはずです。一生懸命謝り、弁解をしてくるでしょう。

男友達とのキスは相手の真意を探ることができるという利点もあります。わざと反応をせず、男性の態度を見て真意を探るという応用テクニックとして使えるのです。

男友達でもなんとなくいいかなと思う男性からのキスの場合、否定的にとらえるのはもったいないです。真意を探るチャンスとして利用できるなら、男友達とのキスもありと言っていいでしょう。

男友達とのキスがなしの理由

遊びで終わる可能性が高い

遊びの恋愛に傷つく女性

交際していないのにキスしてくる男性は、女性慣れしている確率が高いです。キスを受け入れてしまえば遊びで終わってしまい、肉体関係だけになってしまう可能性も否定できません。

相手から好意的な様子であれば、必要以上にこびることやなんでも受け入れる必要はありません。本気で恋愛対象としての好意があるなら、こちらが尻尾を振らなくても告白しくるはずです。

またキスを拒んだからといって嫌うような相手と交際しても幸せにはなれません。衝動的にキスしようとしてしまったとしても、本気ならその後もっと関係を大切にしようとするはずです。

LINEアプリで本格占い!恋の悩みはLINEトーク占い

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。