キスの理想的な頻度とは?

皆さんはパートナーとのキスの頻度は決まっていますか?

毎日するという人もいれば、特別な日にだけするという人もいますよね。

キスはお互いの愛を確かめ合うことができるスキンシップの一つ。唇を合わせるだけで幸せや切なさ、さまざまな気持ちをお互いに感じることができます。

では、キスには理想的な頻度というのはあるのでしょうか?

本当はもっとしてほしいのにパートナーに言えない…。みんなはどのぐらいの頻度でしているの?そんなお悩みをもつ女性も多いですよね。

そこで今回は理想的なキスの頻度をテーマとして、それぞれの良さについて紹介します。

キスの理想的な頻度とは?

毎日

毎日キスしたがる女性

好きな彼となら毎日キスしたい!と思う女性も多いですよね。常に彼からの愛を確かめることができるので安心感にもつながります。

基本的にキスの頻度は多ければ多いほど良いもの。それだけスキンシップが増えるからです。1日1回であっても毎日キスをすることで、彼との関係を長続きさせることができます。

毎日キスをするということはそれだけ会わないといけません。なかなか難しいかもしれませんが、毎日キスしようと決めているだけでお互いの気持ちは全然違ってきます。

毎日会うことが可能な環境であるなら少しの時間でも二人になったらキスしましょう。彼にとってあなたとのキスが生活の一部になれば、よりいっそう強い絆につながります。

しかし男性によってはキスは特別なものと認識している人も少なくありません。毎日すると価値が下がってしまうという考えの人も。彼がどのタイプなのか見極めることがポイントです。

2人が嫌がらなければ1日何回でもOK

1日複数回キスするカップル

キスの回数は多ければ多いほど良いです。1日何回でも、極端にいえば四六時中していても構いません。それでお互いの愛が深まるならキスの頻度は多すぎて悪いことはないです。

目が合う度にキス、おしゃべりしながらキス、単純に気が向いたからキス。気楽なスキンシップとしてキスができる関係がベストですね。

付き合いたてのカップルには特におすすめ。キスすればするほど絆が深まっていきます。何よりイチャイチャできるのは楽しいですよね。

ただし1日何回もキスする行為は苦手な人もいます。そんなにしょっちゅうキスしたくないという男性も多いですし、あなた自身が苦手ならキスが苦痛になってしまいます。

1日何回もキスするのは2人が嫌ではないことが大前提。お互いにOKであるならスキンシップとしてキスをたくさんしましょう!

「行ってきます」のキスは幸福度が高い

行ってきますのキス

キスにはいろいろなシチュエーションがありますよね。その時の状況によってキスの意味合いも変わってきます。

特に「行ってきます」のキスは幸福度が高いです。仕事へ行く時、ちょっと用事で出かけなければならない時、少しでも離れるのは寂しいですよね。

「行ってきます」のキスは、その寂しさを埋めてくれる役割があります。帰ってくる場所がある、また会えるといった安心感も得られるので気持ちの面でつながりを感じるんです。

キスをしておくだけで離れていてもお互いのことを意識し合えます。「行ってきます」の瞬間を思い出すだけで幸福感につつまれ、早く会いたいと強く思うようになるんです。

別れ際のキスにも同じような作用がありますが、違いは「戻ってくる」という安心感。同じ別れのキスでも「行ってきます」の方が断然プラスの感情につながりやすいです。

寝る前はディープキスなどで愛を確認

ディープキスで愛情の確認

眠りに入る前、人間はとてもリラックスして落ち着いた状態になります。好きな彼と一緒に寝ることができるなら、なおさら幸せな気持ちでいっぱいでしょう。それは男性も同じです。

だからこそ寝る前はディープキスなどでゆっくりと愛を確認し合うことがおすすめ。お互いに抱きしめ合いながらキスして眠ることができたら最高ですよね。

寝る前は彼もリラックスした状態なので心地良いキスを心がけましょう。けっして激しいものではなく、あえて触れるか触れないかのキスから始めてみるのも一つの手。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。