キス上手になる7つの方法とは?

初めてキスをする時って、とても緊張しますよね。ファーストキスはもちろんですが、2人目以降の彼氏でも初めて彼とするということはやはり緊張するものです。

良いなと思って仲良くなり、デートを重ねて付き合って、今日あたりキスをするかもなんてときに、何を考えるでしょうか?「キスが下手だと思われたくない」と感じることはありませんか?

キスがあまりに上手いと遊んでいると思われるので、嫌だと言う人も多いですよね。でもあまりに下手すぎてガッカリされたくないというのも難しい乙女心です。

キス上手と言えば、キスのテクニックを追いかけることになってしまいがちですが、必ずしもテクニックは必要ありません。それよりも「彼に気持ちよくキスしてもらう」ことが大切です。

今回は、「キス上手になる7つの方法」についてまとめました。どれもリードする技術は必要なく、少し勇気を出せばできることなので、是非試してみて下さいね!

キス上手になる7つの方法とは?

臭い・かさつきケア

口臭を気にする女性

まず、お互いにキスを楽しむためには、キスの技術以前に口元のケアをすることも大切です。具体的には口臭ケアをしたり、唇のかさつきケアをすることが求められます。

男性も女性も、同じ人間ではあるものの、「女性は臭わない」「女性の唇は柔らかいもの」という偏見は多いです。プルンと柔らかく、良い香りがすると思っている男性は意外に少なくありません。

歯磨きはもちろん、外食後にはガムを噛んで口臭をケアしたり、冬場はリップクリームをつけてかさつきをケアしましょう。どんなにキスのテクニックがあったとしても、これがなければ台無しです。

逆の立場でもそうですよね。「キスは上手かったけれど、唇はガサガサで、口も臭かった」なんて友達に愚痴られるかもしれません。キス上手を目指すなら、その前のケアも忘れないで下さい。

キス前の雰囲気づくり

キス前の良い感じの雰囲気

キス上手になるには、キスだけ上手くても意味がありません。勝負はもう、キスをする前の雰囲気作りから始まっています。

一般的に男性は自分がリードするのが好きなので、そこも重要視してあげましょう。具体的には、上目づかいでキスをしたくさせたり、ちょっと恥ずかしそうにするなど「可愛い」と思わせて下さい。

「キスをしたい」「キスをしても良いかな」と思わせた後、キスをすると満足感が高まりやすいです。少々のテクニック不足は補えるので、まずは彼をその気にさせることが大切です。

女性からキスをしてリードする必要はありません。あくまでも最初は彼からしてもらい、キスの濃度によって自分も積極的になればOKです。まずは雰囲気作りに力をいれて下さいね!

頬や首筋にキス

頬へのキス

ご存知の通り、キスは唇にするものだけとは限りません。頬やおでこ、首筋など日常のスキンシップやムード作りに色々な部位にすることが一般的です。

唇でキスをするのも良いですが、「ありがとう!」と感謝と一緒に頬にチュッとするのも可愛らしいですよね。いきなり唇は緊張する場合、頬や首筋などからキスするのも良いでしょう。

色々な場所に優しくキスをすることで、幸福感に満たされますし、どんどん興奮してくる人も多いです。気分もガードも緩くなり、ついセックスまで持ち込まれる人も少なくありません。

そのくらいキスには大きな力があります。キス上手になるには、唇のキスだけに執着せず、頬や首筋など色々な部位にもやってみるのがおすすめです。

唇に軽くキス

唇に軽くキスする女性

キス上手というと、セックス前の激しいキスや、濃厚なディープキスがとても上手い人と感じる人が多いです。自分はそんなことできないと、キス上手を諦めてしまう人も少なくありません。

しかし、キス上手だからといって必ずしもリード上手である必要はありません。軽くチュッと唇に触れるかどうかのキスをするだけでも良いのです。むしろその方が男性は喜ぶかもしれません。

唇に軽くキスをして、甘えるきっかけさえ作れれば、あとは男性がリードしてくれます。男性の気分が乗ってきて、キスの激しさを増したら、あとは身を任せて下さいね。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。