キュンとさせるキスの仕方7選とは?

好きな人と初めてキスをしたときのことを思い出してみてください。きっと心臓が飛び出るほどドキドキして、胸が締め付けられるほどキュンとしたのではないでしょうか。

しかしキスというのは回数を重ねれば慣れが生じてしまうものです。いつも通りのキスばかりではキスしたときにキュンとすることも減ってきてしまうのです。

好きな人をキスのときにキュンとさせるためには、ただしたいようにキスするだけではダメなのです。キュンとさせたいなら、男性がどんなキスでキュンとしやすいかを知っておく必要があるのです。

そこで今回はキュンとさせるキスの仕方を7つ紹介します。せっかくのキスがマンネリ化しないように、好きな男性をキュンとさせるキスを会得しましょう。

キュンとさせるキスの仕方7選とは?

上目遣いから目をつぶる

キス前に目をつぶる女性

男性は女性からの上目遣いにとても弱いです。キスをしたいときに上目遣いから目をつぶる仕草を見せれば、大抵の男性はキュンとすること間違いないでしょう。

上目遣いをすると目が大きく見えて正面で見るよりも可愛く見えます。また幼顔にも見えるため、男性の女性を守りたいという気持ちを駆り立てるのです。

加えて目をつぶれば、男性はあなたが自分に身を委ねているのだと感じるでしょう。独占欲と征服欲を刺激され、自分のものにしたいという気持ちが強まるはずです。

女性らしさを感じさせ本能を刺激されれば、キュンとしない男性はおそらくいません。上目遣いから目をつぶる仕草をしてキスを求めれば、きっと強くあなたを求めてキスをしてくれることでしょう。

「チューして」と甘えた声で言う

キスを乞う女性

女性に甘えられるとキュンとする男性もたくさんいます。そのため「チューして」と甘えた声で言うのも、キュンとさせるキスの仕方の1つと言えるでしょう。

男性は自分に心を開き、頼ってくれる女性を愛おしく感じ、そんな姿にキュンとします。甘えられることで女性を守ってあげたいという気持ちが刺激されるのです。

またキスをしてほしいという意志表示を女性からされることも、男性にとってはこの上なく嬉しいことです。キスを求められることで愛されていると実感することができるからです。

男性も時には女性から求められたいと思っています。相手の女性から求められ、愛されていると実感できれば、今まで以上に愛おしいと思う気持ちが強まることでしょう。

甘えた声でキスをねだられれば愛おしさがこみ上げてみて、いつも以上にあなたが可愛く見えるはずです。きっと優しく愛でるようにキスをしてくれることでしょう。

恥ずかしそうに唇を尖らせ目をつぶる

唇を尖らせて目をつぶる女性

女性が恥じらっている姿が好きな男性は大勢います。恥じらう姿が可愛らしく見え、自分だけに見せている姿にと征服感が満たされるからです。

女性にとって自分からキスをねだることは多少なりとも恥じらいがあるものです。キスをねだる経験の少なさから戸惑ってしまい、なかなかキスしてと言えない女性もたくさんいるでしょう。

しかし言えなくても大丈夫です。恥ずかしいながらも口を尖らせ目をつぶってみてください。

恥じらいや戸惑いが隠せない中、それでもキスをねだる女性の姿は、男性の目には可愛く映ります。そしてそこまでして自分にキスを求めてくる姿に優越感を感じ、キュンとすることでしょう。

恥ずかしそうに唇を尖らせ目をつぶってみるのも、男性をキュンとさせるキスの仕方の1つなのです。

ほっぺにキスする

ほっぺにチューする男性

男性も女性からキスをされたいと思っています。キスを求めるだけでなく、たまには自分からもキスをして男性をもっとキュンとさせちゃいましょう。

自分から唇にキスするのがどうしても恥ずかしい人は、ほっぺにキスして様子を伺ってみてください。恥ずかしくてほっぺにキスをして様子を伺ってくる姿にも、男性はキュンとするはずです。

自分からキスするのが恥ずかしいのは、おそらく相手の反応を気にしているからです。笑われたり引かれたりしたらどうしようという気持ちが、羞恥心を強めているのです。

もし相手の反応が気になってなかなか自分から唇にキスできないのであれば、まずはほっぺにしてみることをおすすめします。

ほっぺにキスする方法は唇よりもしやすく相手の反応もうかがえる利点もありますが、男性をキュンとさせる効果もあります。恐る恐るキスする仕草が男性の心を掴むのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。