キスの流れを自然に作る7つのステップとは?

好きな人と付き合うことができて、デートも楽しんだ後は、キスをしたくなることも多いです。今日はキスされるかなと期待していくものの、なかなか手を出さない彼にヤキモキする人もいます。

一般的にキスは男性がリードしてくれるものの、任せっぱなしではいけません。男性も拒否をされないか探りつつリードしています。女性もOKのサインを出すことが進展を早めるのです。

そこで今回は、キスの流れを自然に作る7つのステップについて紹介します。キスのリードは恥ずかしくて出来ないけれど、キスができそうと思わせることなら可能ですよね?

キスをする雰囲気やキスを拒まない態度など、あなたも彼と一緒にキスをする環境を作っていきましょう。きっと、素敵なキスを楽しむことができますよ!

キスの流れを自然に作る7つのステップとは?

デート序盤から中盤にかけてハイテンションで楽しさアピール

ハイテンションでデートする女性

キスをしたくなるためには、気分的に盛り上がるということも大切です。テンションが盛り上がってくると、ついつい「もっと一緒にいたい」という欲求が強くなりますよね。

もっと一緒にいたいけれど、帰れなければならない。別れたくないという気持ちや思いが、ついつい手を握ったり、抱きしめてしまったり、キスをしたりという行動に繋がります。

「まだ離れたくないのに、名残惜しい」という気持ちが、触りたいという行動へ繋がるのです。それを考えると、デート序盤から中盤にかけてお互いに「楽しい!」を満喫する必要があります。

あなたが楽しめば、彼もまた「こんなに楽しんでもらえるなんて!」「相性が良いな!」と楽しめます。デートの終盤にもう帰る時間?と残念に思われるよう、まずは楽しさをアピールしましょう。

デート中盤からスキンシップを増やす

デート中に彼に触れる女性

デート中盤になったら、少しずつスキンシップを増やしていきましょう。手を握るのがベストですが、自分からは手を握れないというシャイな人もいますよね。

もしデートが遊園地ならジェットコースターなど絶叫マシンに乗った時に、「怖いから手を握っても良い?」と聞いてみましょう。自然な流れですし、何となく可愛いなと彼も思うはずです。

それでも言うのが恥ずかしいのなら、絶叫マシンが動き出した時に彼の袖をギュッと握るのも効果的です。可愛いという感情の他に、安心させてあげたいという気持ちが芽生えるかもしれません。

デートの場所が遊園地では無かったとしても大丈夫です。「ねぇ!あのお店寄っても良い?」「あれ見て!」というように、ちょっとした気分転換で彼の腕を引っ張りましょう。

ボディタッチが何もないところからキスをするのは男性だって勇気がいります。男性側がキスをしかけやすいように、スキンシップを増やして触ることへのハードルを下げておいて下さい。

デートが夕暮れになってきたら徐々に口数少なく寂しそう

デート終盤の夕暮れ

デート序盤から中盤にかけては、かなり楽しそうにテンションをあげて楽しむことをアドバイスしました。しかし、デートの終盤は少し寂しそうにテンションを下げるのがおすすめです。

少しずつ口数を減らして、何となく寂しそうにしていて下さい。夕暮れ時にすると効果的です。テンションを下げたことで、怒っていると思われないようにだけ注意をして下さい。

怒っていると思われると、彼氏もキスをするどころではなくなります。楽しそうにするけれど、ときおり下を向いて寂しそうに笑ったり、少し残念な表情をしてみるのがおすすめです。

もしもこの時に、手を繋いでデートをしていたのなら、少しだけ手を強く握るのも良いかもしれません。「離れたくないな」という思いを言動や雰囲気で上手く伝わるように工夫して下さい。

デート終盤で2人きりになれる静かな場所に移動

2人きりの海辺の夕方

デート終盤は、いよいよキスをする雰囲気の直前まで持っていかなければなりません。どんなに2人の雰囲気が良かったとしても、人混みでキスをするのは勇気がいりますよね。

特に、付き合って初めてのキスならば彼氏の方も場所を考えるでしょうし、人込みでは嫌われるだろうとキスをしない可能性も。

彼がキスをしやすくなるように、2人きりで話せる静かな場所へ、移動するのがおすすめです。「もう夕方か…時間早いね!」などと今日は楽しかったと言うことをまずはアピールして下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。