キス音に隠された男性心理とは?

チュッと挨拶のように軽くするフレンチキスや、淫らな音が響くようなディープキスなど、キスには様々な種類があります。日本人は特に、挨拶代わりにする習慣がないので音に敏感かもしれません。

キス音は、出ても仕方のないことだと分かってはいるものの、何だかエッチな感じで、苦手という女性も少なくありません。恥ずかしいという理由から音が出ないようにする人も多いようです。

しかし男性はその逆で、キス音を聞くとますますキスがしたくなり、もっと激しく興奮をする効果があるようです。キスが激しくなることでセックスに繋がることもあるでしょう。

そこで今回は、キス音に隠された男性心理について紹介します。恥ずかしいからとキス音をなくすのは、もったいないかもしれません。是非参考にして、今後のキスに役立てて下さいね!

キス音に隠された男性心理とは?

雰囲気づくり

キスの雰囲気づくりをするカップル

キスをしている最中に出る音は、「キスをしている」と自覚させる力があります。もちろん、自分がキスをしているので頭では分かっているのですが、音を出すことでキスに集中することができます。

キスをしている時って、甘い雰囲気になり色々喋る雰囲気ではなくなりますよね。そんな時にチュッチュッという音が響くと、だんだんムードに流されて興奮するという人も珍しくありません。

キス音には雰囲気作りの力があります。最初は恥ずかしかったとしても、しているうちに慣れてきます。途中からでも良いのでキス音を出すことでキスの世界に没頭することが可能です。

キス音を出して興奮することで、情熱的なセックスの入り口になります。セックスをしなくても頭をなでてもらったり、他の部位へキスをされたりラブラブな雰囲気作りに欠かせません。

夢中になっている

キスに夢中になるカップル

キス音がチュッと響く時、女性は恥ずかしくて冷めてしまったり、集中できない人が多いですが、男性はその逆が多いです。基本的に受け入れる側の女性と違って、男性は自分がキスをしています。

キス音が気にならないくらい、あなたとのキスに夢中になっている可能性が高いです。自分で出したキス音で興奮し、さらに気分を高めている場合が男性の場合多いのです。

キスもセックスもそうですが、男性は女性のように「音が気になる」ということはありません。ただ、気持ち良いか、興奮できるかにフォーカスして本能に忠実だと言えるでしょう。

あれこれ頭で考えるよりも、自分もキス音を聞きながら気持ちよさや興奮を感じて楽しむのもおすすめです。自分の気持ちを認めたら、いつものキスがもっと気持ちよくなるかもしれません。

キスしている感覚を音でも楽しんでいる

キスを音でも楽しむカップル

キスをする時は、キス以外にも五感で楽しむことができますよね。例えば、キスをしている感触はもちろんですが、キスの最中に頭や頬をなでられるのが好きな女性は多いです。

ハグをしながらキスをされたり、頬を両手で挟まれてキスをされるのが好きな人も多いです。彼の体が近づくことで、匂いが充満し幸せを感じる人もいるようです。

感触や嗅覚、彼の真剣な熱っぽい顔を視覚でも楽しむのに、どうして聴覚は恥ずかしいのでしょうか?せっかく大好きな人とキスをしているのなら、キス音も楽しまなければもったいないです。

チュッチュッという音を楽しむことで、「こんなに激しいキスをしている」と脳が再認識します。恥ずかしさや気持ち良さで、もっと素直にキスを楽しむことができると男性は考えているのです。

好きで好きで仕方がない

彼が好きで好きで仕方ない女性

キス音をたくさん立てる男性は、あなたのことが好きで好きで仕方がないという心理が働いています。彼女は自分のものだというマーキングも兼ねているかもしれません。

好きで好きで仕方が無い場合、男性はやっとできたキスに夢中なことが多いです。ずっと自分のものにしたかった女性が、特別に自分にだけキスを許すのですから、夢中になるのは当然です。

好きな女性がやっと自分の彼女になった。やっと手を出せる。彼女が自分のキスを受け入れてくれる。どれも男性にとっては幸せや優越感を持つことばかりです。

キス音が激しい場合は、「やだ変な音を立てないで」なんて思わずに、彼の夢中さを可愛いなと思いましょう。好きで仕方がなく、つい音を立ててしまうなんてとても素敵なことですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。