キスを上手に拒否する7つの方法とは?

デートの別れ際、彼といいムードになった時。彼の部屋でくつろいでいた時にふいに訪れた沈黙の後など、彼の顔が近づいてきて…キスされそう。

そんな時に今日はキスできないっていうことありませんか?

気分が乗らなかったり、あまり体調が良くなかったり。ランチで匂いの強いものを食べてしまった日などもそうですよね。

まれに彼への気持ちが覚めてしまってキスしたくないなんて時もあるかもしれません。でも上手にキスを回避することって簡単なようでなかなか難しいんです。

ここでは彼を傷つけずないキスの上手な拒否の方法を紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

キスを上手に拒否する7つの方法とは?

「初めてで怖いの…」

初キスに不安を覚える女性

これは彼とのキスが初めての場合にのみ使える方法です。

実はキスの経験が全くなくてキスすることが怖いという方もいますよね。でも経験もない分、断り方なんてどうしたらいいのかもわからずその方法によっては彼を傷つけてしまうことも。

まずは正直にまだキスの経験がなく、今はその心の準備ができていないから少し怖いの。と伝えてみるのがいいかもしれません。

せっかくならいい思い出にしたいファーストキスですし、お互いに心の準備ができた時にするのがベストです。

そこで焦って無理やりにしてくるような彼氏はほとんどいません。「とても不安になの」と付け加えれば、心の準備ができるまで待ってくれること間違いなしです。

もしこの方法を使うなら緊張した面持ちで少し申し訳なさそうに言うのが良いでしょう。キスを拒否されても、逆に彼はそんなあなたが可愛いと思うはずです。

「恥ずかしいからキスはまだ嫌」

キスを嫌がる女性

まだお付き合いを始めて日が浅く、まだキスするにはなんとなく早いと思うこともありますよね。

彼のことは大好きだけれどまだ付き合いだして数日だし、こんな早くキスしちゃったら彼に軽い女だと思われないかな。そんな不安もあるかもしれません。

嫌いなわけではないけれど、いつかはキスしたいけどまだあと少しだけ待ってほしい。その気持ちもちゃんと彼に伝えるのがいいですね。

「まだ付き合ってすぐだし、大好きだからこそ恥ずかしいの…もう少しだけ待ってほしいな」。こんな風に言われたら悪い気はしないです。

むしろ貞操観念のしっかりした子なんだな、と好印象を持ってくれると思いますよ。あくまでも高飛車な感じではなく、恥ずかしそうに少し申し訳ない雰囲気で伝えてくださいね。

「昨日、臭いの強いもの食べちゃった」

臭いの強い食べ物

嫌いになったわけではないのに、なんとなく今日はキスしたくないなぁと思う日ありませんか?

疲れていたり、他に心配事があったり、女性特有のホルモンバランスのせいだったり。

理由は様々ですが気乗りしなくてキスを拒否したいけど、とっさに断る理由が見つからない時には使ってみてください。

「昨日、においの強いものを食べちゃって…」とっさの言い訳のようですが大丈夫。男性でも口臭を気にする方も多いので大体の人は分かってくれるでしょう。

ただ毎回使ってしまうと、そんな頻繁ににおいの強いものばかり食べてるの?と疑問を持たれてしまいます。ですので使う頻度は控えめにしてくださいね。

「キスはデートをもっと重ねてから」

複数回のデート

デートらしいデートをしたことがなく、なんだかまだキスするのは早い気がする。もしくはデートの回数が少なすぎて本当に彼に大事にされているのか不安だったり。

でも彼のことは好きだし、これからも付き合ってきたい…。けれども、うまく伝えるにはどうしたらいいのかと悩むときもあるかもしれません。

このような時にはきちんと断りながらも、この先自分もキスしたい意思があることを伝えなければいけません。彼もただキスを拒否されたままだと不安になるでしょうし、誤解されても困ります。

「あなたのことは大好きだけれど、もう少しデートを重ねてからにしたいな。慎重すぎてごめんね」。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。