楽しいキスの7つの特徴とは?

キスをすると幸せな気持ちになれるものですが、付き合っている時間が長いとキスですらマンネリ化してしまうことがあります。

最初はドキドキがあったキスも、心地よい緊張や良い雰囲気もなく行われるようになってしまうことがあるのです。

恋人同士、ずっと仲良くラブラブでいるためにも、いつでも楽しいと思えるキスをしていたいですよね。せっかくの彼とするキスですから、「キスに飽きた」なんて思いたくはないはずです。

では、楽しいキスとはどんな特徴があるのでしょうか?以下では、楽しいキスの7つの特徴についてまとめています。

楽しいキスの7つの特徴とは?

ドキドキ感がある

ドキドキ感のあるキス

キスにはある程度のドキドキ感は必要なものです。いつも普通に向かい合ってキスを交わすだけでは、つまらないですよね。

そう、いつも同じシチュエーションの中でキスを交わすのはいずれ飽きてしまうものなのです。

同じシチュエーションばかりでキスをするのではなく、たまにはキスの仕方を変えてみるのが良いですね。

例えば彼がいつもキスをするのであれば、自分からキスしてみるのも、ドキドキを味わえます。突然あなたからキスをされたら、彼も嬉しいことは間違いないですし、ドキドキしてくれるでしょう。

また、彼からのキスも優しいキスばかりではなく、たまには強引なキスを期待したいところですね。

少し鈍感な彼には、良い雰囲気のときにでも「たまには強引にキスしてほしい」と言ってみると良いかもしれません。いつもでは味わえないドキドキするキスが楽しめるはずです。

キスが丁寧

丁寧なキスをする女性

キスがまるでこなすように行われると、なんだか切ないですよね。彼にとってキスはセックスに繋げるためのもの、ただの前段階のスキンシップでしかないと感じると悲しい気持ちにもなります。

人はそれぞれキスそのものを楽しみたいと思うときがあるものです。ただ当たり前のようにしかキスをしなくなってしまっては、キスに楽しみなんて生まれませんよね。

舌を入れてきたり、ディープキスになるのも、たまにあるからこそメリハリとして良いものなのです。

ソフトキスの頻度が低く、すぐに舌を入れてくるようなキスに優しさや愛はそこまで感じることができませんよね。

丁寧にキス自体を楽しもうとしてくれる気持ちがお互いにあってこそ、楽しいキスはできるのです。

愛情表現できる

豊かな愛情表現

愛情表現が伴うキスも、楽しいキスの一つです。普段は言えないことも、キスしたときなら愛を確かめ合うことができているので言いやすくなります。

例えば「愛してる」「好き」などの言葉は、なかなか付き合っていても普段は面と向かって言えないですよね。

頑張って「愛してる」なんて言っても、相手が恥ずかしがってしまって「どうしたの?」とちゃかしてしまうでしょう。

でも、キスをしたときならどうでしょうか。普段は言えない優しい愛の言葉も、キスをしたときならとても言いやすくなりますよね。

むしろキスをしたときこそ「愛してる」「好き」という言葉は言いたくなるものです。

無言でキスをするだけではなく、たまには愛情表現を入れてみると、とても楽しいキスができるようになります。

それは単なるスキンシップとしてのキスではなく、より彼のことを好きと再確認できる大切な時間になるのです。

「行ってきます」のキスなど幸せ感がある

行ってきますのキス

あなたは彼とどんなときにキスをすることが多いでしょうか。

あなたも彼も少し恥ずかしがりで、愛情表現が苦手な二人だと、なかなか日常の中でキスが習慣化しないものです。「行ってきます」のキスなんて恥ずかしくて…という人も多いかもしれません。

デートの別れ際にするキスも外ですることが多いでしょうから、恥じらいがあるとなかなかできないでしょう。

でも、特に「行ってきます」などのキスは幸せ感があって楽しい気分になれるものです。ポジティブな気持ちになれるキスは、素直にキスが楽しいと感じられることが多いでしょう。

自分たちがキスをすることで幸せを感じやすいシチュエーションはどんなものか考えてみると良いかもしれません。キスには本来、いつも幸せがともなうものなのです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。