キスをもう一回したいときの可愛いおねだりの仕方7選とは?

大好きな彼とのキスをもう一回したいと思ったことはありますか?もう一回キスをしたいと思っても、彼にそんな雰囲気がないとき、可愛いおねだりは出来ていますか?

可愛くおねだりしようとしても、どうすれば良いのかわからない、恥ずかしくてできない、なんてこともあるのではないでしょうか。

だからといって、キスをしたいのに我慢するのは少し寂しいですよね。できれば、可愛くおねだりをして大好きな彼ともう一度キスをしたいものです。

今回は、キスをもう一回したいときの可愛いおねだりの仕方7選をご紹介します。今後、もう一回キスをしたいと思ったとき、可愛くおねだりをする参考になるはずです。

キスをもう一回したいときのおねだりの仕方7選とは?

「もう一回だけお願い♪」とハニカミながら言う

ハニカミ微笑みながらおねだりする女性

もう一回キスをしたいと思ったら、言葉で伝えるのが一番分かりやすく効果的です。キスのあと、「もう一回だけお願い♪」とハニカミながら伝えてみましょう。

彼からしても、可愛い彼女からのお願いに答えないわけにはいきません。それもキスのアンコールとなると、間違いなくあなたを可愛いと思ってしまうでしょう。

万一、彼が嫌々だったり、困っているように見えても照れ隠しの可能性が高いので、あまり気にする必要はありません。

普段からフランクで、愛情表現豊かな彼ではれば、まずあなたのお願いを受け入れてくれるはず。

むしろ、素直な言葉に喜んでくれるでしょう。恥ずかしいと思わず、ハニカミながらもう一回キスをしたいと伝えてみましょう。

目をつむって「もっとチューして」と言う

チューしてと言う女性

もう一回キスをしたいときに素直に言葉で伝える方法として、目をつむって「もっとチューして」と言うのも効果的です。

目をつむってチューをねだる彼女を嫌がる男性はそうそういません。また、キスを「チュー」と表現することが幼さや甘えを感じさせます。そんな彼女を、ほとんどの男性は可愛いと思うでしょう。

彼氏に甘えるのが好きな女性にピッタリの方法です。また、彼が年上などの場合も効果的といえます。

もっと彼に甘えたい、可愛いと思ってもらいたいと思っている女性も多いはずです。そんな方は、是非もう一回キスをしたいと思ったときのおねだりに取り入れてみてください。

黙って唇を突き出す

唇を突き出してキスを求める女性

実際にもう一回キスをしたいときに言葉でおねだりをするのは難しいものですよね。恥ずかしさから、なかなか言葉に出来ないこともあります。

そんな時は、彼に黙って唇を突き出してみましょう。察しの良い彼であれば、それだけでも、もう一回キスがしたいんだとあなたが思っていることに気づいてくれるはずです。

ちょっぴり鈍感な彼の場合は、軽く首元に手をまわしたり、顔を近づけてみましょう。そうすることで、気づいてもらう可能性を上げることができます。

どうしたの?と聞かれても答えずに首を傾げてみるのも効果的です。

キスをしたいのに言葉に出来ない恥ずかしがり屋な彼女に彼はキュンとしてしまうでしょう。もう一回キスをしたいという思いを伝えつつ、シャイで可愛い彼女だと思ってもらうことが出来ますよ。

「キス上手いね!もう一回」と褒める

彼のキスのうまさを褒める女性

「キス上手いね!もう一回」と言うのも、可愛いおねだりの方法の一つです。男性にとって、キスを褒められるのは一番嬉しいものです。

キスを褒められることで、彼ももっとあなたとキスをしたい、してあげたいと思うものです。さらに、「あなたとのキスが好き」と加えるとより効果的といえます。

自分のキスに自信がつくのと同時に、あなただけと限定されるのは男性にとってこの上ない褒め言葉です。その場だけでなく、今後彼からのキスが増える可能性も高まります。

言葉で伝える方法の中でも、相手を褒めるという方法は比較的恥ずかしがらずに伝えることができます。年上彼氏や同年代の彼にはもちろん、年下彼氏にも使える可愛いおねだりです。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。