キスが上手くなる7つの方法とは?

女性であっても、たまにはキスを男性よりもリードしてみたり、魅力的なキスをしたいですよね。

キスにはたくさんの種類がありますし、キスをするために気を付けたいこともさまざまあるものです。

男性にしかできないキスもあれば、女性だからこそできる可愛らしいキスもあります。大好きな彼に自慢の彼女と思ってもらうためにも、女性でもキスは上手くなりたいと思う人は多いです。

キスが上手くなるためにはどうすれば良いのでしょうか?

今回は、キスが上手くなる7つの方法について以下で紹介します。キスが上手くなりたいと思っている女性の方はぜひ参考にして、キスのテクニックを磨いてみてくださいね。

キスが上手くなる7つの方法とは?

グロスの塗りすぎに注意

グロスを塗りすぎな女性

女性で失敗しがちなのが、キスを意識したときにグロスを塗りすぎてしまうことです。グロスを塗ると、「キスしたくなる」と思われるようなぷるっとした魅力的な唇になります。

だからこそグロスを気合入れて塗る女性がいるのですが、あまりに塗りすぎてしまうと逆に男性には嫌がられることもあります。

グロスは唇に光沢感やボリューム感を出してくれる分、非常にベタベタします。唇を合わせた際、いつもベタベタしてしまうのでは男性も嫌がりますよね。

自分の唇にグロスがついて滑稽な姿になる嫌で、すぐ唇を拭ける場所でなければキスをしなくなってしまうこともあります。

また、グロスの塗りすぎは唇が荒れてしまう原因にもなりますので、日頃からリップクリームでのケアは忘れないようにしましょう。

グロスを塗りすぎるあまり唇がガサガサになってしまったのでは、本末転倒です。

男性の好みでもナチュラルな唇が一番だとされているため、不自然なほどグロスを塗るのは避けるようにしましょう。

キスする2日前くらいから臭いが強い食べ物は控える

ニンニクの入ったギョーザ

キスする日はある程度予想はつくものです。

当然恋人と会う予定がない日はキスはしないでしょうし、デートの日は何度もキスすることがあらかじめわかるでしょう。

そのため、ある程度キスする予定を見越し、キスする2日前くらいからは臭いの強い食べ物は控えるようにすることが一番です。

臭いの強い食べ物の代表格としては、にんにく、カレー、ネギ、納豆などです。

これらは、デート前は絶対に食べるべきではない食べ物として有名ですね。自身の胃腸の状態などにもよって、何日か前に食べた食べ物も口臭として残っている可能性があります。

彼に自分の口臭を感じてほしくないのであれば、最低2日前から臭いの強い食べ物は食べないことが鉄則です。

日頃から口内ケア

日頃から口内ケアする女性

女性であれば普段から口内ケアに気を遣っている人は多いでしょう。キスをするうえでも、まめな口内ケアは絶対に欠かせないものです。

特に口臭などは自分ではひどさを感じないことも多くあり、口内ケアに対して意識が低い人はおろそかにしがちな部分でしょう。

直近で食べた物、体調、虫歯の有無などで口臭は大きく変化します。食べた物による口臭は自分のコントロールで対策できても、虫歯のケアは放置せず歯医者に行くことが非常に大切です。

キスしたとき、「口が臭い…」と彼に密かに思われていたら悲しいですよね。

普段の歯磨きも大事ですし、歯医者に通って歯のケアをしたり、口臭防止のガムやサプリメントなどは常に携帯するようにしましょう。

キスのバリエーションを持っておく

豊富なキスのバリエーション

キスをするとき、キスの仕方がいつも単調で同じでは、男性にも飽きられてしまうことが多くあります。

男性は、女性をリードしたいという気持ちが強いですが、女性にも自分に何かしてもらいたいという気持ちは持っているものです。

そのため、キスもただ男性に合わせているのではなく、女性自身もキスのバリエーションを持っていると魅力的に思われるのです。

ソフトキスはもちろんのこと、女性でも相手の男性を興奮させられるようなディープキスができると素敵ですね。

キスに慣れてきたら、ソフトキスからディープキスまで、自分でもキスのバリエーションを持てるようにしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。