キスが上手いと思われる女性になる7つの方法とは?

彼ともっと親密になりたいけど、どうしても奥手でキスが苦手…。もっとキスが上手い女性になりたい…。彼ともっと上手にキスをしたい…。

キスに対してお悩みの女性は、結構多いようですね。

キスに自信がないと悩む女性必見です。キスが上手いと思われる女性になる7つのポイントを解説していきます。

キス上手な女性は、男性から見ても魅力的な女性です。ぜひキス上手な女性を目指してみてください。

キスが上手いと思われる女性になる7つの方法とは?

口臭・唇のかさつきケア

唇をケアする女性

まずはキスをする前に、最低限のエチケット・マナーとして、口臭や唇のかさつきケアをしましょう。

キスをする距離で唇を寄せ合うことになるので、まずは口臭チェックが重要です。せっかくのムードのある雰囲気も、口臭を感じた瞬間に壊れてしまいます。

自分の口を両手の平で覆い、「はあー」と息を吐いてみましょう。また、親や親友など気兼ねなく質問できる相手に、自分の口臭について質問してみても良いかも知れません。

もちろんキスをする前日や当日には、ニンニクやネギなど口臭の元になる食材を食べるのは控えましょう。

意外と大事なのが、唇のかさつきケアです。せっかくキスするなら、プルプルでしっとりしている唇のほうが良いですよね。

唇をケアするために、唇パックがあります。「明日キスしそう」というときは、寝る前に唇パックをして万全の準備を整えましょう。そして会う前にはもう一度リップを塗りなおしましょう。

最後にグロスを付けて、男性がキスしたくなる唇を心掛けてください。

キス前に焦らす

キス前に寸止めして焦らす女性

キスされそうになったときに、一瞬の間を置き、焦らすことができれば、キスが上手いと感じさせることができます。

NGな行動は、彼の顔が近づいてきたときに棒立ち状態でそのまま受け入れることです。棒立ち状態だと、彼に「慣れてないのかな」「嫌なのかな」と思わせてしまいます。

そうではなく、ふたりの顔の距離が近づいたときに、「ふっ」と下を向いてみましょう。微笑みながら少し困った顔をするのがポイントです。

そのあと少し彼の反応を伺ってみましょう。焦らしてしまうと自信を無くしてしまうタイプの彼ならば、焦らしすぎず受け入れてあげたほうが親切です。

虚を突かれた彼が戸惑っている様子だったなら、「キスしたいの?」などという言葉でもう少し攻めてみるのもおすすめです。

小悪魔的なちょっとした意地悪な台詞で、彼のハートにさらに火をつけることができます。彼に強く「キスしたい!」という想いを植え付けさせてみましょう。

キスのテンポに合わせる

キスのテンポに合わせる女性

彼とのキスのテンポに合わせることも、キスが上手い女性だと思われる重要なポイントです。

軽く唇を重ねたあと、深いキスになるにしたがって、顔の動きが加わります。できるだけ彼のテンポに委ねて、彼の顔の動きに合わせるようにすることが大切です。

テンポに合わせるというと難しいイメージがしますよね。でも、彼のリードに合わせて、体の力を抜き、なすがままにされていれば問題ありません。

「ちゅっ」という軽いキスには同じように「ちゅっ」と返します。彼が口を開けて深いキスを求めている様子ならば、あなたも少し口を開いて受け入れてみてください。

もし舌を絡めるようなディープキスを彼がしてきたら、舌を出すタイミングも彼に合わせましょう。彼が舌を入れてきたら、あなたもそれに合わせて舌を絡める…という風にしてみてください。

リラックスする

キス前にリラックスする女性

緊張して体が固まっていると、キスに慣れていなくて緊張していると思われてしまいます。なるべくリラックスした状態で、体の力を抜くことが大切です。

キスすることに対して意識しすぎてしまうと、自然体で彼と接することができなくなってしまいます。いざキスをするときまでは、考えないようにして、リラックスして彼と向き合いましょう。

そしてキスの瞬間にも、体の力を抜くことを意識してください。

キスする距離まで彼が近づき、実際に唇を重ねるときには、彼はあなたの肩に触れているはずです。体が硬くなってしまったり変に力が入っていたりすると、気付かれてしまうかも知れません。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。