ご褒美キスに男性がキュンとする理由とねだり方とは?

大好きな彼と会えるのは嬉しいのに「毎回なかなか甘えられない……」と悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。

ただ、心の中では「うう、彼に甘えたいよぉ〜」とは思いつつ、なかなか一歩が踏み出せないんですよね。そんな方におすすめするのが、ご褒美キスです。

ちょっとハードルが高いように聞こえるかもしれませんが、実はほとんどの男性がご褒美キスにキュンっとしてしまうそう! 

なぜ彼がご褒美キスでキュンっとしてしまうのかの理由と、甘えベタな方でも出来る”ご褒美キスのねだり方”をご紹介します。

ご褒美キスに男性がキュンとする理由とねだり方とは?

女性に甘えられると純粋に嬉しい

女性に甘えられて喜ぶ男性

「付き合っている女性に、甘えられるのは好きですか?」。ある調査機関がおこなったこの質問に対して、参加した90%以上の男性が「はい」と回答したそう。

つまり、甘えてほしいと考えている男性は多いということ。ですから、「彼に変に思われたりしたらどうしよう」と不安にならなくても大丈夫なんです。

ですが、甘えていいからといって、ちょっとだけ気をつけるべきことがあります。

例えば自分のしてほしいことややりたいことを伝えずに分かってもらおうとしたり、都合の良い時だけ甘えたり連絡すること。これらの行動は男性から敬遠されてしまうので、気をつけましょう。

他にも、本当は出来るのにわざと出来ないふりをしたり、強引にわがままを通そうとしたりするのは甘えるではありません。

それは、相手のことを考えておらず、自分だけが気持ちよくなろうとする行為です。男性もその空気を察知します。

「こいつ、俺のこと都合のいいように考えてるな」と思い、嫌われたり距離を置かれたりしますので、気をつけてください。

といっても、そんなに考えすぎず、あなたが「甘えたいな」というタイミングで彼にそのままの気持ちを素直に伝えてみましょう。純粋に喜んでくれますよ。

「しょうがないな〜」という優越感が男性に生まれる

優越感に浸る男性

あなたが甘えることで「この子は自分だけにこんな姿を見せてくれてるんだ」と、男性側に優越感を感じさせることができます。

特に、外にいるときや仕事の時はしっかりものの顔をしている女性に当てはまります。逆にプライベートで甘えてきたりと、外と内でのギャップが大きくなればなるほど、男性はキュンとするのです。

より優越感を感じ「もうしょうがないなぁ〜」とあなたのことを愛おしく感じてしまいます。

女性側も、誰にでも「甘えたい」と思うわけではないですよね? 好きな男性だからこそ、ちょっと気を緩めて、甘えたいと思うもの。そんな女性の見せる”自分だけの顔”に男性はとっても弱いです。

甘えることで、「しょうがないなぁ〜」とよりあなたのことを好きになってくれること間違いなしですよ!

愛情が伝わる

キスで愛情を伝える女性

甘えるのが苦手な人は、愛情表現も苦手だったりしませんか? 好きだという想いはあるけれども、なかなか言葉にして伝えるのは難しいですよね。

それだけでなく、お付き合いの期間がどんどん長くなってくると、いろんなことをお互いにおこたりがちになります。

たとえば、わざわざ「好き」「愛してる」と言葉や文字にして伝えたり、ハグやキスなどのスキンシップをして愛情を表したり……。そんなときはあなたからちょっと甘えてみましょう。

彼に甘えることでストレートに愛情を伝えることができます。男性に「こいつ、俺のことやっぱりめっちゃ好きなんだな」と再認識させることができるのです。

ですが「大好きだよ」と想いを言葉にして伝えて甘えるのは恥ずかしいでしょうし、ちょっとハードルが高いかもしれません。そこでおすすめなのが、具体的な行動を伝えたり表したりすること。

「ねえねえ、キスしてほしいなぁ」と言ってみるとか、手をつないでみたり、ハグしてみたりしましょう。それだけで彼はキュンとしてくれます。

くわえて、甘えてくれたことであなたが自分のことを好きだと再認識し、これまで以上に好きという想いを高めてくれるはずです。

キスに特別感が生まれる

特別感のあるキス

甘えることでマンネリになりがちなスキンシップを、特別なものに変えてくれます。特にキスは、毎回同じでマンネリ化しがちです。

「行ってらっしゃい」のキス、「おはよう」のキス、「おかえりなさい」のキス、「おやすみ」のキス……。

気づけば、キスするのが当たり前や習慣になってしまっていたりと、いつも何気なくしてしまっている方は多いはずです。

だからこそ、上目遣いでちょっと甘えながらおねだりしてみたり、照れながらお願いしてみたりしてみましょう。

男性側はいつもと違ったシチュエーションにキュンっとしてくれます。甘えてみた女性側も普段しないことをすることでドキドキ感が増し、なんだかちょっとメモリアルなキスになるはずです。

そんなちょっと特別感のあるキスを積み重ねていくことで、お互いの感じていた”マンネリ感”も減っていくでしょう。

それだけでなく、「やっぱりこの人は、自分にとって特別なんだ」と感じられ、より一層お互いの愛情も深まりますよ。

また、キスする前に甘えてみるだけでなく、しっかりと相手と見つめ合ったり、鼻と鼻を少しすりあわせるのも手。これらは、男性が「甘えてくれている」と捉えてくれるアクションです。

一言で「甘える」といっても、様々なやり方があります。あえて、彼のことをじーっと見つめてみるのもいいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、今回の記事を担当しているSYMPLY編集部です。 SYMPLYは、主に10代後半~20代後半の女性向けに恋愛記事を提供しています。 編集部は主婦や恋愛経験豊富な女子大生、恋愛心理カウンセラーの方々などで構成されています。 みなさんの恋愛の手助けができるサイト作りを目指しているので、よろしくお願いします。